" />

自宅筋トレ

腹筋を割るならプランクではなく器具を使おう!4つの最強器具を紹介

2022年8月17日

 

腹筋トレーニングで「プランク」や「クランチ」をやってるんだけど、、、なんか効果が薄い気がする。腹筋を強烈に鍛えるなら「器具」とか使った方がいいのかな?

 

こんにちは、センチネルです。本記事では、上記の疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • 腹筋トレを頑張る前に、食事や有酸素運動を取り入れた方がいい
  • 腹筋を割るなら「プランク」や「クランチ」ではなく、トレーニング器具を使った方がいい
  • 腹筋を強烈に鍛える「最強腹筋トレーニング器具」を4つ紹介

 

本記事を書いている管理人は、自宅筋トレ歴7年ほど。いろんなパターンの腹筋トレーニングを試してきました。

 

結論から言うと、プランクやクランチなどで腹筋を割ることができない場合は、「トレーニング器具」の導入を検討しましょう。

 

プランクやクランチは有名な腹筋トレーニングですが、正直言って腹筋を割る効果としては微妙

 

効果が微妙なトレーニングを長く続けて時間を溶かすより、圧倒的な効果をもたらしてくれる「器具」を使ってトレーニングした方が、精神衛生的にもいいですよ。

 

本記事では、腹筋を割るための「最強トレーニング器具」を4つ紹介しますが、その前に「腹筋を割るならば理解しておくべきこと」も解説。

 

読めば、なぜプランクやクランチでは腹筋が割れなかったのか、効果が薄いと感じるのかを理解できますよ。

 

ちなみに、管理人は以下のものを摂取して筋肉作りをしています。※プロテインは気分によって味やメーカーを変えている

 

腹筋を割るなら覚えておきたいこと

 

大前提として、有酸素運動や食事制限と併用してやらないと、どの腹筋トレーニングをしても「腹筋が割れる効果」は出ません。

 

そもそも、腹筋は最初から割れているものなのですが、それを「脂肪」で覆い隠されているせいで、腹筋が割れていないように見えるだけ

 

ということは、「腹筋を割る」には脂肪を落とす必要があるということ。

 

そして、脂肪を落として割れた腹筋を「浮き上がらせる」のにやる必要があるのが

  • 食事の改善
  • 有酸素運動
  • 筋トレ

というわけです。

 

このうち、腹筋を割るための食事内容に関しては、以下のサイト様を参考にしてください。

>>https://ep.uha-mikakuto.co.jp/article/p-shape-abdominal-muscles-meal/

 

ちなみに腹筋を割るための食事を実践すると、上記の記事でも触れている「たんぱく質」が不足しがちになるので「プロテイン」などで補いましょう。

 

ただ、食事の改善だけだと結果が出るまでに時間がかかります。

 

なので、食事に加えて「有酸素運動」をすることで、結果を出すスピードを上げられますよ。

 

管理人は、有酸素運動を以下のマシンを使って行なっています。

 

このマシンを使っている理由は、無音で有酸素運動トレーニングができるから。

 

有酸素運動は基本的に「どかどかうるさい内容が多い」ので、上記のような静かに運動できるマシンがあると便利。

 

上記の製品レビュー記事はこちら>>「FITBOX LITE」の特徴や効果を10個レビュー

 

その他の有酸素運動器具は、以下の記事でまとめています。

>>【室内】有酸素運動を静かに行う「最強のおすすめマシン」はこれだ!

 

食事内容を改善し、有酸素運動を行うだけでも腹筋を浮き上がらせる効果は抜群ですが、筋トレをすることで「筋肉を大きく」できるので、より腹筋を目立たせることができる

 

なので本記事で紹介する、腹筋を割るための「最強トレーニング器具」は単体でも効果はありますが、食事と有酸素を組み合わせることで、キレッキレの腹筋を作ることができますよ。

 

むしろ食事+有酸素運動をしないで腹筋トレーニングをしても、いつまで経っても脂肪が落ちないから、なかなか腹筋が割れなく(浮き上がらなく)なるのよ

 

腹筋を割れる、最強トレーニング器具を4つ紹介

 

腹筋を強烈に鍛えることができる、最強トレーニング器具は以下の4つ。

  • チンニングスタンド
  • トレーニングベンチ
  • ディップススタンド
  • アブローラー

 

いずれの製品も、プランクやクランチなどの腹筋トレーニングを「鼻で笑う負荷」を与えてくれるものになります。

 

それぞれの器具の特徴、メリット・デメリットを解説します。

 

この全てが必要というわけではなく、どれか1つを持っているだけでも「腹筋への圧倒的な効果」をもたらしてくれるよ

 

時間がかかってもいいので、腹筋を「一才の苦労無く割りたい!」という場合は、以下の記事を参考にしてください

>>腹筋を「簡単に割れる器具」はこの3つ【運動や筋トレが面倒な人へ】

 

腹筋を割れる最強トレーニング器具1:チンニングスタンド

 

チンニングスタンドを使うことによって、以下の動画の腹筋トレーニングを行うことができます。

 

チンニングスタンドを使った腹筋トレーニングのメリット

  • 超高難易度な腹筋トレーニングを行える
  • 強烈な腹筋トレーニングを「ほぼ全種類」トライできる
  • 腹筋だけでなく、全身に効くトレーニングも同時に行える

 

チンニングスタンドを使えば、「高負荷」とされる腹筋トレーニングをほぼ全て行えます。

 

チンニングスタンドを使った腹筋トレーニングのデメリット

  • チンニングスタンド自体が大きいので、置き場を確保する必要がある
  • 一般的なチンニングスタンドでは地面に固定できないので、勢いをつけた腹筋トレーニングが難しい
  • 勢いをつけたトレーニングを行うと、スタンドごと倒れる可能性がある

 

動画内では備え付けの鉄棒を使っているので、勢いある腹筋トレーニングもできていますが、多くのチンニングスタンドは地面に固定できないのがネック。

 

そのため、勢いをつけたトレーニングを行いにくい。

 

ただし、以下のような「固定できるチンニングスタンド」もあるので、勢いをつけたトレーニングをする場合はこちらを導入しましょう。

このチンニングスタンドの公式サイト=『KENSUI-kaku-』

 

チンニングスタンドを使った腹筋トレーニングをまとめると

  • 超高負荷な腹筋トレーニングをほぼ全て行える
  • 一般的な製品では「地面に固定できない」ので、勢いをつけたトレーニングをしにくい
  • 場所を取る
  • 製品によって、勢いをつけても平気なものがある

 

腹筋に高負荷を求めるなら、まちがいなくおすすめのトレーニング器具。

 

デメリットをカバーできる製品もあるので、本気で腹筋をバキバキにしたいなら導入を検討しましょう!

 

こちらも、ある程度勢いをつけても平気な製品です。

>>【チンニングスタンド】ランキング「トップ4」紹介!【超おすすめ】

 

腹筋を割れる最強トレーニング器具2:トレーニングベンチ

 

トレーニングベンチを使うことによって、以下の動画の腹筋トレーニングを行うことができます。

 

トレーニングベンチを使った腹筋トレーニングのメリット。

  • トレーニング器具で唯一、「安全に」ドラゴンフラッグができる
  • 腹筋トレーニングではないものの、さまざまなダンベルトレーニングができる
  • 椅子になる
  • ベンチプレスなどのウエイトトレーニングに向いている

 

ドラゴンフラッグは上の動画でも登場していますが、超高負荷な腹筋トレーニングです。これさえできれば、他の高負荷腹筋トレーニングに挑まなくてもいいほど。

 

トレーニングベンチを使った腹筋トレーニングのデメリット。

  • 腹筋に関しては、チンニングスタンドを不要にしてしまう
  • 若干場所を取る
  • 自重トレーニングでの出番は少ない

 

トレーニングベンチは、自重トレーニングではそこまで活躍できません。

 

唯一、最強の腹筋トレーニングである「ドラゴンフラッグ」ができるので紹介していますが、本来はベンチプレスやダンベルなどの「ウエイトトレーニング」で大活躍する器具です。

 

トレーニングベンチを使った腹筋トレーニングをまとめると

  • 安全に、最強腹筋トレーニングの「ドラゴンフラッグ」を行える器具
  • その他の腹筋トレーニングや、自重トレーニングへの応用は効かせにくい
  • ベントプレスやダンベルなどの「ウエイトトレーニング」を行う際には大活躍する

 

腹筋への応用性は低いですが、ドラゴンフラッグを安全にできるということで紹介。

>>ドラゴンフラッグを自宅で行う方法を紹介【トレーニングベンチ必須】

 

ジムトレーニングの内容を、自宅でも行いたい場合にも重宝するでしょう!

 

>>「FLYBIRDトレーニングベンチ」を徹底レビュー【主な使い方も紹介】

 

腹筋を割れる最強トレーニング器具3:ディップススタンド

 

ディップススタンドを使った腹筋トレーニングは、チンニングスタンドの「下位互換」となるものが多く、ディップススタンドでできる腹筋トレーニングはチンニングスタンドでもほぼできます。

 

ただ、腹筋の力を相当使う「プランシェ」というトレーニングができるのが最大の強み。これは、チンニングスタンドではトライしにくいもの。

 

プランシェとは、以下の動画で解説している技。

 

ディップススタンドを使った腹筋トレーニングのメリット

  • チンニングスタンドで行う腹筋トレーニングと「同レベル」のものができる
  • 腹筋を強烈に使う「プランシェ」の練習をとても行いやすい
  • 全身のトレーニングも行える。汎用性は抜群
  • 価格も安く、スペースも取らない

 

ディップススタンドは、腹筋以外もさまざまな高負荷トレーニングを行える、超万能トレーニング器具。

>>ディップススタンドでできる筋トレを「9つ」紹介【万能筋トレ器具】

 

ディップススタンド自体の背が低いので、チンニングスタンドではやりにくい、「勢いをつけたトレーニング(振り子のような)」も手軽にできる強みもあります。

 

ディップススタンドを使った腹筋トレーニングのデメリットは以下の通り。

  • トレーニング時の可動域はチンニングスタンドには及ばないので、全体的な負荷はやや甘くなる

 

くらいですね。デメリットはほぼありません。

 

ディップススタンドを使った腹筋トレーニングをまとめると

  • チンニングスタンドと同じく、高負荷腹筋トレーニングができる
  • 中でも、腹筋も強烈に使う「プランシェ」をできるのは大きなメリット
  • その他、全身の高負荷トレーニングも可能
  • 安い上に省スペース

 

ディップススタンドはシンプルな構造ですが、そのシンプルさでこれだけ多くのメリットがあるトレーニング器具は、、、他には知りません。

 

その証拠に、デメリットはほぼ見つかりませんでした。

 

ぶら下がった状態での腹筋トレーニングでは、チンニングスタンドに及びませんが、プランシェなどをできるという面を踏まえた総合力では、こちらも負けていませんよ。

 

>>【ディップススタンド】ランキング「トップ3」紹介!【超おすすめ】

 

腹筋を割れる最強トレーニング器具4:アブローラー

 

アブローラーを使うことによって、以下の腹筋トレーニングを行うことができます。

 

アブローラーを使った腹筋トレーニングのメリット。

  • 非常に高負荷な腹筋トレーニングを、短時間で終わらせることができる
  • 本体が非常に小さいので、他の機器のようにスペースを取らない
  • 意外と全身を鍛えることもできる
  • 本体がとても安い

 

そもそもが腹筋トレーニング専用に設計されているだけあって、とても簡単に、腹筋に高負荷を与えることができるようになっています。

 

何よりも、「価格が安い」というのは最高ですよ。

 

アブローラーを使った腹筋トレーニングのデメリット。

  • 無茶をすると腰を故障する
  • 筋トレのバリエーションが少ない
  • しっかり鍛えるためには、それなりにスペースを確保する必要がある

 

アブローラーを使った腹筋トレーニングは、無茶をすると簡単に腰を悪くしてしまいます。

 

「体を鍛えていたら、体を壊していた」となりかねないのが、アブローラーの最大のデメリット。事実、管理人も何度か怪しい目に遭っています。

 

アブローラーを使った腹筋トレーニングをまとめると

  • 高負荷な腹筋トレーニングを行え、トレーニングを短時間で済ませられる
  • 本体が安く、とても小さい。置くスペースを考えなくて良い。トレーニングスペースは必要
  • 無茶をすると腰を痛める可能性がある

 

アブローラーは、言ってみれば「車輪を転がすだけ」というシンプルなトレーニング器具ですが、本記事で紹介した他のトレーニング器具にも劣らない負荷を腹筋に与えられます。

 

ただし、無茶をすると腰にダメージが入るので、トレーニング中は決して気を抜かないように。

 

>>「アブローラー」おすすめランキングトップ3【最強腹筋マシーン!】

 

腹筋を割るならプランクではなく器具を使おう!4つの最強器具を紹介:まとめ

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

  • 腹筋を割るなら覚えておきたい、食事や有酸素運動の関係性を紹介
  • 腹筋を割れる最強トレーニング器具1:チンニングスタンド
  • 腹筋を割れる最強トレーニング器具2:トレーニングベンチ
  • 腹筋を割れる最強トレーニング器具3:ディップススタンド
  • 腹筋を割れる最強トレーニング器具4:アブローラー

 

本記事で紹介した「最強腹筋トレーニング器具」は、実際にはどれもが腹筋だけでなく、全身も鍛えられる優れものです。

 

本記事を読み返し、各トレーニング器具のさまざまな特徴を考慮し、「自分の欲しい機能を持った腹筋トレーニング器具」を入手しましょう。

 

時間がかかってもいいので、腹筋を「一才の苦労無く割りたい!」という場合は、以下の記事を参考にしてください

>>腹筋を「簡単に割れる器具」はこの3つ【運動や筋トレが面倒な人へ】

 

腹筋を割るためには「食事制限」と「有酸素運動」も欠かせません。

>>「FITBOX LITE」の特徴や効果を10個レビュー

 

本記事で紹介した、最強腹筋トレーニング器具です。

>>【チンニングスタンド】ランキング「トップ4」紹介!【超おすすめ】

 

このチンニングスタンドの公式サイト=『KENSUI-kaku-』

 

>>「FLYBIRDトレーニングベンチ」を徹底レビュー【主な使い方も紹介】

 

 

管理人は以下のものを摂取して筋肉作りをしています。※プロテインは気分によって変えている

 

ではでは〜

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

senntineru2000

当ブログを通して開業しています。 当ブログのメイン記事1:自宅筋トレ。メイン記事2:お手頃ホームシアター。あまりお金をかけずに「理想の体」と「理想のホームシアター」を作るのを手伝います。

メイン記事

1

モージョンズの「可変式ダンベル」が欲しいんだけど、アレってどこで売ってるんだろう?一般のスポーツショップには置いてないよね?やっぱりネットからが正解かな?←こういった疑問に答えます

2

ホームシアターの初心者向けに、普段使っているホームシアタールームの全容と、必要になった機材・金額を公開。また、基本的なホームシアターを構築するための機材と、その理由も徹底解説します

3

Amazonの買い物は定価よりも安い商品が多いし、「プライム会員」でいろんな商品をもっとやすく買えるけど、それよりもさらに安く、お得に買える方法あるかな?←こういった疑問に答えます

-自宅筋トレ