" />

ダンベル 自宅筋トレ・有酸素運動 自宅筋トレ器具

「ダンベル」おすすめランキングトップ3【最強の自宅ウェイト器具】

 

こんにちは、センチネルです。

 

本記事では、万能筋トレ器具の1つである「ダンベル」のおすすめランキングトップ3を紹介していきます。

 

ダンベルは自宅トレーニング器具の中でも数少ない「ウェイトトレーニング器具」。正直言って「自宅ウェイトトレーニング器具」はダンベルがあれば事足ります。

※ジムもダンベルを多く導入している。その有用性がよくわかる良い例です

 

ちなみに、以下の「motions:NÜOBell(フレックスベル)」は「殿堂入り」なので、本記事では紹介しません。これ一つあれば、他のウェイト系の器具は不要なほど。

>>「フレックスベル」はどこで買える?安く買う方法を紹介!【損しません】

 

ダンベルとセットで、トレーニングベンチがあれば「筋トレビッグ3」も可能。

>>筋トレビッグ3は自宅でできる!「必要な器具」と鍛えれる筋肉を紹介

筋トレビッグ3は自宅でできる!「必要な器具」と鍛えれる筋肉を紹介

ベンチプレス、スクワット、デッドリフトの「筋トレビッグ3」って自宅でできる?もしできるのであれば、どんな「筋トレ器具」が必要になる?最低限必要なものを知りたい!←この疑問に答えます

続きを見る

 

ダンベルとトレーニングベンチがあれば、以下の動画のトレーニングができます。

 

「ダンベル」おすすめランキングトップ3

第1位:「PROIRON ダンベルセット」

 

  • Amazon評価で4.5点!オーソドックスなダンベルで、1〜10kgのダンベルが2個セットで売られている

 

  • 丸っこいデザインのダンベルで、ダンベルを落としてしまった時の衝撃を抑えてくれる。また、表面の柔らかい素材でできているので、怪我をしにくい

 

  • 1kgのダンベルは1,000円前半、最も重い10kgのダンベルでも5,000円台で買える。コスパが非常に高い!

 

以下メーカーの説明の総額

  • 材質:スチール/ネオプレンコーティング
  • 明るいロゴと重量の表記は簡単に見えます
  • 両側のボトムはストレートで転がりにくい。(アンチ・ローリング(Anti-Rolling)なデザインは置きやすい)
  • 握りやすくて汗をかいても滑られません
  • 鉛とフタル酸(フタル酸エステル)がありません
  • 胸、肩から二頭筋、三頭筋まで、様々な部位の筋トレニングに使用できる

 

カラフルで柔らかいデザイン。とてもかわいい見た目なので、女性に人気。重量も細かく用意されていて、自分の筋力にあったダンベルを選択できる

 

第2位:「FED【7in1】可変式ダンベル」

 

  • Amazon評価で4.5点!1台で「7役もの機能」を持った凄まじいダンベル!

 

  • 「ダンベル・バーベル・ケトルベル」の全ての機能を併せ持った逸品。それらの商品にできて本製品にできないことはありません

 

 

以下メーカーの説明の要約

  • この一品でよく使われるダンベル類器具が全部含め、トレーニングの幅を一気に広げられる。工場直売店、中間業者を通さず、圧倒的なコストパフォーマンスも実現
  • 1台7役、この一つだけで十分。ダンベルだけでなく、バーベル・ケトルベルにも変形可能。拡張アタッチメントを利用したら、プッシュアップバーにもなる。空間とお金も節約できる、まさに最強の自宅トレーニング器具

 

ありそうでなかった、一台何役もできるウェイトトレーニング器具(ダンベル)。総合的に、コスパの高さは本記事で紹介した3つの中でもトップ!

 

第3位:「Taimonik ダンベル 可変式」

 

  •  Amazon評価で4.5点!強烈な重量をかけられる「可変式ダンベル」の中でも、安価な製品

 

  • 5kg-40kg (17段階)の調整が可能。 アジャスターを回転させるだけで好きな重りに調整できるため、素早く重さを変えられる。また、使わないときは「専用の台座」にコンパクトに収納できる

 

以下メーカーの説明の要約

  • 可変式 ウエイト 5kg-40kg (17段階) アジャスタブルダンベルはウエイトセレクターを抜いて差し替えるだけの簡単操作でコンパクトにまとまった ダンベルセット
  • 基本的にはアジャスターを回転させるだけで好きな重りに調整できるため、手間と時間がかからないのが特徴
  • また、不要なプレートは専用の台座に収納されるため、コンパクトさもメリットのひとつです
  • 金属製であるため、長期間の使用でも劣化の心配が少なく、本格的なトレーニングに取り組む中〜上級者にはとくにおすすめ
  • 10回の可変平均秒数が1.096秒と、ほぼ1秒以内で重量を可変できるという結果に
  • ダンベルのグリップを回すだけで好みの重量に変えられるため、時間や手間がかからず非常にスムーズ

 

1つ40kgにもなる「可変ダンベルセット」だけど、値段は30,000円ほど。圧倒的にコスパがいい!デザインも非常に格好良く、持ってるだけで悦に浸れる

 

重量がある「可変式ダンベル」のおすすめランキングは以下の記事で紹介中。

>>【可変式ダンベル】おすすめランキングトップ3紹介【30キロ前後】

 

「ダンベル」おすすめランキングトップ3【最強の自宅ウェイト器具】:まとめ

 

家ではなかなか「ウェイトトレーニング器具」を置きにくいですが、ダンベル(一番のおすすめはNÜOBellはコンパクトでありながら筋トレの効果が高い。

 

実際、多くのジムでダンベルを導入していることからも、ダンベルの有効性が分かりますね。

※使わなくなったら「重石」にでもすれば良いんです

 

 

1推しは、1位のPROIRON ダンベルセット」。女性にもやさしい、怪我をしない安全設計になっているのはありがたい。コスパも最高!

 

2位は、1台で「7役」もの機能を持ったFED【7in1】可変式ダンベル」。これがあれば他の器具を買わずに済む

 

3位は、一瞬で重量を変化できる「Taimonik ダンベル 可変式」。見た目も非常に格好良く、所有感も最高。この手の製品の中ではコスパも高い

 

以下の「motions:NÜOBell(フレックスベル)」は「殿堂入り」なので、本記事では紹介しませんでした。これ一つあれば、他のウェイト系の器具は不要なほど。

>>「フレックスベル」はどこで買える?安く買う方法を紹介!【損しません】

 

ダンベルとセットで、トレーニングベンチがあれば「筋トレビッグ3」も可能。

>>筋トレビッグ3は自宅でできる!「必要な器具」と鍛えれる筋肉を紹介

 

個人的に、ダントツで最強の筋トレ本。現代の筋トレの「新常識の全て」が詰まっているので、全トレーニー必読の一冊です。

 

管理人は以下のものを摂取して筋肉作りをしています。※プロテインは気分によって変えている

 

ではでは〜

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

senntineru2000

当ブログを通して開業しています。 当ブログのメイン記事1:自宅筋トレ。メイン記事2:お手頃ホームシアター。あまりお金をかけずに「理想の体」と「理想のホームシアター」を作るのを手伝います。

メイン記事

1

ベンチプレス、スクワット、デッドリフトの「筋トレビッグ3」って自宅でできる?もしできるのであれば、どんな「筋トレ器具」が必要になる?最低限必要なものを知りたい!←この疑問に答えます

2

ホームシアター欲しいんだけど、何から手をつけたらいいのかわからない。簡単に作る方法を教えてほしい!←こういった疑問に答えつつ、安く、簡単にホームシアターを構築する方法をシェアします

3

YouTubeでゲーム実況が流行っているね。自分も好きなゲームの実況やりたいけど、PS4しか持ってないからパソコンで編集ができない。これでもゲーム実況はできる?←この疑問に答えます

-ダンベル, 自宅筋トレ・有酸素運動, 自宅筋トレ器具