" />

ゴジラシリーズ

GODZILLA(2014):ゴジラを神にした演出を徹底解説!

2021年9月26日

 

GODZILLA(2014)では、ゴジラやムートーは「神」のようなポジションだった。今にして思うと珍しい扱い

 

あの作品ではまさしく「神」だったね。その後の作品とは怪獣の演出が違う。本記事ではゴジラを「神」にした数々の演出を紐解く

 

こんにちは、センチネルです。

本記事では、GODZILLA(2014)に登場したゴジラやムートーが、なぜあれほどまでに「神」のように感じられるのかを紐解いていきます。

 

本記事の内容

  • GODZILLA(2014)に登場するゴジラやムートーを「神」のように表現できた演出を紐解く

 

今でこそ「ゴジラ」はモンスターバースで普通に存在していますが、このシリーズで最初の作品の「GODZILLA(2014)」ではまさしく「神」の扱いを受けていました。

 

モンスターバースのその他の作品に登場する怪獣達も、確かに大きい。

 

続編の「キング・オブ・モンスターズ」に登場するキングギドラなどは、ゴジラの以上の体積を持っています。

 

しかし「GODZILLA(2014)」に登場したゴジラやムートーは「その作品内」では、続編の怪獣達以上の大きさや「強大さ」を持っているように感じられるシーンが多々ありますよね。

 

本作のゴジラは「神」そのもの。続編のゴジラよりも若干小さいのにそう感じるのは、演出の力としか言いようがないね

 

その演出は、世間の人にはちょっと不評だった部分もある。でも今にして思えば、あの演出が良かったんだ!って思えてくる

 

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング

 

GODZILLA(2014):ゴジラを神にした演出。「あえて見せない」という焦らし

 

本作「GODZILLA」は、タイトルの割にはあまりゴジラ出てこなかったよね?せっかく出てきてもすぐカット切り替わったし。。。

 

まさにそれよ。簡単にはゴジラを見せないことで、触れることが叶わない「神=ゴジラ」を演出している。焦らしとも言う

 

「ゴジラ」を見に来ているのに、そのゴジラがなかなか出てこない。

。。出てきても、すぐにカットが切り替わる。

 

普通に考えれば、こんなにふざけた作品はありません。

 

この部分が不評だったのか、続編では「ゴジラ全然出てこない問題」を払拭するかのように、さまざまな怪獣達が「縦横無尽」に暴れまわってくれています。

 

ただ、その続編に登場する怪獣達は、本作「GODZILLA(2014)」よりも、怪獣達の神っぽさが「薄まっている」と感じる人も多い

 

その理由は簡単で、単純に「見せ過ぎた」のです。

巨大怪獣が暴れまわっているのが「当たり前」の状態になっているのですね。

 

1作目を見ていると、なかなかゴジラを見せない「焦らし」が存分に効いています。

神を簡単には見せませんよ!とでも言いたげな演出。

 

管理人は、この焦らしの演出を「あり」だと思っていて、ようやくゴジラが現れた時の「盛り上がり」を最大限に引き立ててくれていると感じます。

 

神たるもの、なかなか姿を見せない。。。それが本作のゴジラ。それを最大限表現するため、あえて焦らしてゴジラを見せなかった。ようやく出てきた時は鳥肌ものだよ

 

怪獣バトルを見たい人からは「超不評」だった部分。暴れ回るゴジラを観たい気持ちはわかるけど、本作はバトルより「神=自然の調停者」を描いた作品だよ

 

GODZILLA(2014):ゴジラを神にした演出。徹底した「人間=民間人目線」の映像

 

続編も人間目線の演出ですが、本作とその他の続編では、人間の関わり方が全く違います。

 

続編では「モナーク」や「Apex」などの、怪獣のことをよく知っているor知り尽くした人物達が、「怪獣とはこういうものだ」といった感じでストーリーを進めていきます。

 

言ってみれば、普通の人より「一段上がったポジション」の目線でストーリーが進んでいるんですね。

 

それに対して、本作でゴジラに関わってくる人間(特にフォード)は、怪獣=タイタンを何も知らない人間。軍人とはいえ「民間人」が怪獣に巻き込まれていくストーリー

 

つまり、視点が「観客側」の人が主人公なわけです。

 

なので本作は人間ドラマを重視した内容になっていて、ゴジラの出番は控えめになっていたわけです。

 

神にも匹敵するゴジラやムートーに挑まなければならない悲壮感は、他の続編にはありません。

 

民間人が怪獣に巻き込まれている構図を、ストーリーでも映像(カメラワーク)でも「見事に」表現していると思う。徹底して観客と同じ目線

 

神=怪獣相手にはどうすることもできない。それをここまで全面に出しているのは本作だけ

 

GODZILLA(2014):ゴジラを神にした演出。凄まじい音響効果

 

本作GODZILLA(2014)は、モンスターバースの中でもとびっきり「音響効果」が凄まじい!

 

ゴジラの咆哮ももちろんですが、ムートーが叩き出す音も素晴らしい。

怪獣どころか人智を遥かに超えた「神」のみが出せる圧倒的なパワーの音。

 

とりわけムートーの「さなぎ」が出す、断続的なパルス音は「中毒」になるほど素晴らしい効果音。

ホームシアター」を持っていたら是非とも聴いてみよう。

>ホームシアター費用を全て公開!必要な機材リスト付き【初心者向け】

 

特に素晴らしいと感じた音響のシーンを以下に紹介します。

  • ゴジラの咆哮
  • ムートーの咆哮
  • ムートーの電磁パルス
  • ムートーの「さなぎ」のパルス音

 

とにかくデカイ、デカすぎる生物が音を出している感覚が、音からも伝わってきます。

※1シーンごとの音のパワーが異次元なので、十分に音響を堪能したくて「部屋のリフォーム」を行う人もいるそうですよ

 

怪獣が登場しているシーンが少ないからこそ、このとんでもない迫力の音響が目立つ。

 

モンスターバースの他の作品も音響のレベルは高いですが、他の作品は本作ほどの迫力はありません。

 

本作レベルの音が「続編と同じ頻度」で叩き出されたら、視聴者は間違いなく疲労困憊になります。怪獣ではなく「神」がいるシーンのみに限定して叩き出す「思い切った音響」と言えます

 

音響・迫力を評価するなら、本作はあらゆる作品でも最強ランク。管理人も模様替えしたら必ず本作で「音響調整」するしね。ゴジラもムートーも吐き出す音響がとにかく異次元

 

この迫力はまさに「神」。ゴジラの咆哮、ムートーの電磁パルス!いずれも人間ではどうにもならない相手だというのが「音響」できっちり表現してる

 

GODZILLA(2014)は続編を作る予定ではなかった

 

ちょっと話はそれますが、もともと本作を担当した「ギャレス・エドワーズ監督」は、本作をシリーズ化する予定はなかったそうです。

 

「モンスターバース」という単語自体、後から勝手に作られたもの。(髑髏島の巨神以降から呼ばれ始めたシリーズ名)

 

本作に登場したゴジラとムートーのみが「神」のような扱いを受けているのは、本作のみで完結する予定だったから。

 

人間なんか及ぶものじゃない。それを表現したかったのでしょう。

 

本作のギャレス監督は、続編を作ってほしくなかったので、わざわざ怪獣を隠す演出にした。そんな話があります。本来、本作のゴジラは「続編並み」の登場時間があったのかも

 

GODZILLA(2014):ゴジラを神にした演出を徹底解説! まとめ

 

管理人はモンスターバース大好きですが、中でもこの「GODZILLA(2014)」が特に好み

 

民間人視点の雰囲気もたまらない!

 

加えて、とてつもないレベルの音響!

以降の続編では若干大人しくなってしまった要素です。

 

続編では怪獣を「タイタン」と呼んで「神」っぽくしていますが、本編では「地球を闊歩する巨大生物」の扱いを受けているのが少し悲しい。

 

もう一度「神」のゴジラを製作してくれることを妄想しつつ、本記事を閉めます。

 

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング

 

ではでは、より充実したゴジラライフを〜

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

senntineru2000

当ブログを通して開業しています。 当ブログのメイン記事1:自宅筋トレ。メイン記事2:お手頃ホームシアター。あまりお金をかけずに「理想の体」と「理想のホームシアター」を作るのを手伝います。

メイン記事

1

ベンチプレス、スクワット、デッドリフトの「筋トレビッグ3」って自宅でできる?もしできるのであれば、どんな「筋トレ器具」が必要になる?最低限必要なものを知りたい!←この疑問に答えます

2

ホームシアターの初心者向けに、普段使っているホームシアタールームの全容と、必要になった機材・金額を公開。また、基本的なホームシアターを構築するための機材と、その理由も徹底解説します

3

Amazonの買い物は定価よりも安い商品が多いし、「プライム会員」でいろんな商品をもっとやすく買えるけど、それよりもさらに安く、お得に買える方法あるかな?←こういった疑問に答えます

-ゴジラシリーズ