" />

加圧シャツ

加圧シャツ「マッスルプレス」のサイズ感を紹介【サイズの目あすに】

2022年7月14日

 

人気の加圧シャツ「マッスルプレス」が欲しいんだけど、ちょうどMサイズとLサイズの中間の体型で、自分の身長に対してどのサイズがちょうど良いのかわからない!

 

こんにちは、センチネルです。本記事では、上記の疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • 加圧シャツ「マッスルプレス」のサイズ感の疑問を解消する

 

本記事を書いている管理人は、起きているときは加圧シャツ「マッスルプレス」をほぼ常時装着して過ごしています

 

管理人は、マッスルプレスで展開されている製品の「ちょうど中間の大きさ」の体型のため、サイズ選びに苦労しました。本記事を読んでいるあなたも、おそらく管理人に近い状況なのでしょう。

 

結論から言うと、身長や胸囲の関係でマッスルプレスのサイズで悩んでいる場合は、1段階大きいサイズのものを選ぶようにしましょう。

 

ここからは、「1段階大きいサイズを選ぶべき理由」を解説。小さいサイズを無理に使った場合の「体への影響」も紹介します!

 

※「ぽっこりお腹」の人は、シャツが捲り上がる可能性があるので、問答無用でLサイズを選んだほうがいいです

加圧シャツ「マッスルプレス」の加圧力を紹介【お腹がへっこむ圧力】

 

「マッスルプレス」は、加圧シャツの中でも最も有名な製品で、筋肉系YouTuberの「ぷろたん」も愛用しているもの

 

加圧シャツ「マッスルプレス」の公式サイトは以下から。

24時間無意識引き締め!着ながら目指すモテボディ!

 

加圧シャツ「マッスルプレス」の展開されているシャツの大きさ・サイズを紹介

 

マッスルプレスでは、MサイズとLサイズの2種類の大きさの製品が販売されています。

 

それぞれ、対応する身長や胸囲は以下の通り。

 

見ての通り、Mサイズの最大対応サイズと、Lサイズの最大対応サイズが「被って」います。身長175cm前後の人は、体重や「胸囲」とも相談することになるので、結構選ぶのが大変。

 

しかも、プラスで「体重」の要素も入ってくるので、余計に選ぶのがしんどくなります。

 

管理人の場合、体は以下のサイズなので、結論として「Mサイズ」を購入しました。

  • 身長:174cm=ギリギリMサイズの範囲内
  • 胸囲:94cm=ギリギリMサイズの範囲内
  • 体重:64kg=余裕でMサイズの範囲内

 

これだけ「Mサイズの範囲内」に収まっているのに、何を考えて「MかLか」で悩んでいたかというと、単純に「対応サイズギリギリの身長と胸囲」だったからです。

 

元々「加圧シャツ」とは、体に圧力をかけてダイエットやトレーニング効果を待たせるための製品ですが、これだけギリギリサイズだと「体に圧力がかかりすぎる」心配がありました。

 

体に圧力がかかりすぎると、血流が悪くなる恐れもあって体調によくない

 

なので、効果を出しつつも「快適に着る・装着する」には、体の大きさとギリギリなMサイズを買うというのは「賭け」でした。・・・でしたが、最終的にはMサイズを買いましたし、毎日着ていても問題なく過ごしています。※管理人はそこそこ筋トレを継続していて、体がある程度出来上がっている

 

サイズがぴったりなほど、ダイエットやトレーニング効果は高まるけど、血流への懸念も出てくる。まあ結果的にはMサイズで問題なかったけど、最初は不安だよね

 

「マッスルプレス」の小さいサイズを買ってしまうと起こること

 

明らかにLサイズしか入らない人間が、「ダイエットやトレーニング効果」を高めたいからといって気合いでMサイズを使用すると、体調を崩します。

 

マッスプルレスは、「適正サイズ」を着ていても軽いトレーニング効果を得られる代物なのに、想定よりも小さいサイズを着ていたら・・・体調不良待ったなし。※締め付けられすぎるので、血流がとても悪くなる

 

昔、管理人は筋肉を目立たせたくて、Mサイズのボディなのに「Sサイズ」を気合いで着ていたら体調を壊しました。※マッスルプレスではありませんでしたが

 

マッスルプレスは「伸縮性抜群」で、非常によく伸びてくれますが、そうは言っても「製品の限界」以上に伸びてくれるわけではありません

 

マッスルプレスは体調を壊すための製品ではないので、適正の大きさの製品を買うようにしましょう。

 

自分のボディサイズと向き合って、正しく着用して結果を出していこう!

 

身長174c、胸囲94cm、体重64kgが「Mサイズ」を着るとどうなるかを紹介

 

上の画像は、一般的なシャツとのサイズ比較。下にあるシャツが、普通の下着のMサイズ。上にある小さいシャツがマッスルプレスで、これでもMサイズ。伸ばすことで、普通のシャツと同じ大きさになって着ることができます。

 

管理人のボディスペックは、身長174cm:胸囲94cm:体重64kgです。まあ至って標準ですね。

 

この体型の人間が、マッスルプレスの「Mサイズ」を着ると、以下の画像のようになります。サイズ感の参考にしてください。

 

こんな感じですね。

 

マッスルプレスは上半身全体をみっちり抑えてくれるので、「ぽっこりお腹解消効果(着ているとき限定)」もかなりあります。※上の写真は食後でお腹が膨らんでいる状態に撮ったもの

 

管理人は筋トレしていますが、食べすぎてぽっこりお腹になることはあります。しかし、マッスルプレスを着るとぽっこりお腹も見事に凹ますことができていますね。

 

また、腹回りを抑えてくれることで「昔は履けたけど今は履けないズボン」なども普通に入る効果もあり。体感3〜6cmほど、お腹が凹む!

 

一般的に、加圧シャツのダイエット効果は薄いと言われがちですが、こういう形で体型が整うのも悪くない選択肢と言えるでしょう。

 

公式サイトでも、見事にぽっこりお腹が「収納」されている画像がある。適正サイズならキツすぎないし、着るだけで即座に体型も整ってしまう!

 

実際には痩せてなくても、着るだけで「昔の服を着れるようになる」という、間違いようのない痩せ効果も獲得できる

 



 

加圧シャツ「マッスルプレス」のサイズ感を紹介【サイズの目あすに】:まとめ

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

  • 加圧シャツ「マッスルプレス」で販売されているシャツの大きさ・サイズを紹介
  • 「マッスルプレス」の小さいサイズを買ってしまうと起こること
  • 身長174c、胸囲94cm、体重64kgが「Mサイズ」を着るとどうなるかを紹介

 

本記事の冒頭でも紹介しましたが、血行不良による体調不良のリスクを考えると、ちょうど良すぎるサイズか大きいサイズかで選んでいるのであれば「大きいサイズ」を選ぶようにしましょう。

 

管理人はそこそこ筋トレが習慣になっていて体ができているからこそ、「ちょうど良いサイズ」のMサイズを選んだだけです。

 

マッスルプレスは強力な伸縮性を持っているので、大きいサイズでも「ぽっこりお腹」を押さえつけてくれますし、痩せて見える効果も十分にありますよ。

加圧シャツ「マッスルプレス」の加圧力を紹介【お腹がへっこむ圧力】

 

ではでは、望みのサイズのマッスルプレスをゲットしましょう〜

24時間無意識引き締め!着ながら目指すモテボディ!

 

この記事を読んでも、9割の人はページを閉じます。当たり前ですが、実現したい未来があるのに行動できないと、何をやっても臨みのものをゲットできません。望みを叶えるには行動あるのみですよ!

 

管理人が筋肉作りのために摂取しているものを紹介

 

管理人は以下のものを摂取して筋肉作りをしています。

>>【マイプロテイン】アイスラテ味のレビュー!【美味くて溶けやすい】

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

senntineru2000

当ブログを通して開業しています。 当ブログのメイン記事1:自宅筋トレ。メイン記事2:お手頃ホームシアター。あまりお金をかけずに「理想の体」と「理想のホームシアター」を作るのを手伝います。

メイン記事

1

自宅でできる筋トレ器具はたくさんありますが、本当に必要な器具はごくわずかなものです。本記事では「これさえあれば全身を鍛えられる」自宅筋トレ器具を3つの厳選し、その理由と効果を解説!

2

ホームシアターの初心者向けに、普段使っているホームシアタールームの全容と、必要になった機材・金額を公開。また、基本的なホームシアターを構築するための機材と、その理由も徹底解説します

3

Amazonの買い物は定価よりも安い商品が多いし、「プライム会員」でいろんな商品をもっとやすく買えるけど、それよりもさらに安く、お得に買える方法あるかな?←こういった疑問に答えます

-加圧シャツ