" />

ピンタレスト

【ピンタレスト】「ボード」の運用でPV数激増【一日1万PV余裕】

2021年7月20日

 

突然ピンタレストのインプレッション数が下がったり、伸び率が悪くなったりしてるけど、これってどうしちゃったんだろう?

 

あーそれ?ピンタレストでやっちゃいけない運用したっぽいね

 

こんにちは、センチネルです。

 

今回は上記にもある「ピンタレストでやってはいけない運用方法」について紹介していきます。

 

本記事で分かること

  • ピンタレストの「ボード管理」の重要性がわかる!
  • ボード管理をミスすると、悲惨なことになる

 

管理人は現在、ピンタレスト運用がうまくいっていて、約「1ヶ月半」で月間閲覧者が40万人を超えるようになりました。

 

 

上の表の赤丸で囲ったところが合計インプレッション(閲覧者数)。

 

7月16日までいい伸びはしているものの「ある変化を加えてしまった」ことによって、17日からインプレッション数低下!

 

一番右の数字はまだ「朝のデータ」だから全く当てにならないけど、それまで順調に伸びていた数字が一気に30%ほどダウンしたのはショックだった・・・

 

まあ冷静に。何をやってこんなに数字が下がったのか見ていこう!

 

ボード管理をミスすると、一気にデータが下がる

 

管理人がやってしまったミスはこれだ!

 

管理人がやらかしたミス

伸びているボードの「サブボード」の中身を、新しく作った「ボード」なのかに引っ越ししてしまった

 

これだけ!

 

これの何がいけなかったのかを解説します。

 

誰にでも見やすく「整理整頓されたボード」を作ろうとした。

 

そもそも伸びていたボードとは、1日で1万〜2万インプレッションを叩き出していた、いわば管理人の「ピンタレストアカウント」の基幹とも言える重要なボード。

 

なぜそんなにも重要なボードを、新しく「違うボードに移行」してしまったのか。それは「ジャンルをもっと細かく」するため。

 

 

伸びていたボードは「動物系」のボードだったのですが、このボードには「サブボード」が3つ。ボード内の合計のピンが、約「500ピン」ほど入っていました。

 

3つのサブボードそれぞれに「150前後」のピンが入っていて、少し「雑多気味で」管理がしにくくなってきたと感じていました。

 

そしてサブボードを、新しく作った一つのボードに切り替えて、切り替え先のボードで「より細分化したサブボード」を作り、今までよりもっと”ユーザーフレンドリーなボード”を作ろうと考えました。

 

つまり今まで目立っていた「ピン」を、さらに目立たせたいから「新しいボード」に引っ越しして、その中でユーザーに分かりやすいように「サブボード」を作ったってことか

 

そう。それで「引っ越し前のボード」からは完全消滅させたんだ。これによって、引っ越し以前のボードが持っていた「インプレッションパワー」が全部なくなったことに気がつかなかった

 

ボードから「大黒柱」のピンが消えたため、一気に閲覧数減少へ

 

元からあったボードの「インプレッションパワー」が無くなったことと、新しく作ったボードが全く育っていないので「インプレッションパワー」もない状態。

 

その二つが「最悪の重なり方」をしたので、これまで順調に増え続けていた「数万のインプレッション数」が全て消滅!

 

正直言って”初めからボードを作り直す”レベルの「大打撃」を受けました。

 

「大黒柱」のピンの作り方はこちら!

>【ピンタレスト】アイデアピンで「月10万PV」を達成する方法紹介

 

順調に伸びているボードを無理に変更しない方がいい!

 

今回のマイナス要因は、以下の行動が引き起こしたものでした。

 

今回のミスの要約

  • さらなるユーザーフレンドリーを求めたため
  • さらなるインプレッション数を「既存の手札で」稼ごうとしたため

 

インプレッション数確保はアレとして「ユーザーフレンドリー」のためにやったことが「マイナス」になったのは切ないね

 

ユーザー向けにボードを作るにしても、一気にガラリと変えるんじゃなく、少しずつやるべきだったわ

 

一気に総入れ替えするのではなく、徐々に「ボード」を作っていこう。

 

結局はこれにつきます。失敗したとはいえ、今回の動機自体は重要なものだし、色々試行錯誤するのはグッド!

 

とはいえボードの持っている「パワー」や「ボードやピンの関係性」をしっかり把握してからやるべきでした。

 

今回の場合の解決方法。

 

見出し(全角15文字)

  1. 新しいボードを作る
  2. 目立たせたい「ピン」に関係したピンを「少しずつリピン」する
  3. 大黒柱の中のピンを、新しく作ったボードに「リピン」する
  4. リピン元となった大黒柱のピンは「そのまま」残しておく

 

以上が今回の場合の「管理人なり」の解決方法です。

 

この方法ならば、大黒柱のボードは「パワーを保ったまま」でいられるし、優秀なピンを目立たせるために新しく作ったボードは、大黒柱を「援護」する形で一緒に伸びて行けたと思います。

 

現在はボードを元の形に戻しましたが、すでに大移動してしまった後なので、形自体は一緒でも「パワー」はこれまでより”超弱い”です。

 

まあ、次回同じ失敗しなきゃいいだけの話さ〜

 

まとめ。ピンタレストのボード管理は「慎重に」

 

以上が、今回管理人が”ピンタレスト”でやらかした「失敗」と「解決方法」です。

 

無理にボードで「博打」は打たず、慎重にボードの管理をし、整理整頓していきましょう!

 

ポイント

インプレッション数が大きく減ったと言っても、他のボードの優秀なピンはちゃんと機能しているので、今日も一日3万インプレッション前後はキープしてくれる計算。

 

誰かが「同じ失敗」をしないように、この記事が役に立てたら嬉しいです。

 

-ピンタレスト