" />

ホームシアター関係

PS3はブルーレイ再生機として現在でも通用する!【歴史も紹介】

2021年8月22日

 

ps3って未だに「Blu-rayプレーヤー」としてかなり優れた製品なんだよね。PS4やPS5にすらない機能がある!

 

こんにちは、センチネルです。本記事では管理人も現在現役でBlu-rayプレイヤーとして使っている「PS3」の、Blu-rayプレイヤーとしての高い実力を紹介します。

 

本記事で分かること

  • PS3のBlu-rayプレイヤーとしての実力がわかる
  • 最新機種(PS4やPS5)だから優秀。。。という概念がなくなる

 

2021年現在でも、PS3は「Blu-ray再生機器」としての能力が高いことが知られています。管理人もホームシアターの再生機としては「PS4」ではなく「PS3」を使っていますし。

 

管理人はPS4が出た時、PS4のBlu-rayプレイヤーとしての「物足りなさ」にガッカリしました。ゲーム機としての完成度は凄まじいのに、Blu-rayで映画を観るとなると「PS3に劣る」部分がちらほらあったからです。

 

PS4はPS3にとって変わるかと思っていたけど、Blu-rayプレイヤーとしては劣っていたからまだまだPS3は現役で稼働中。

 

まあ実際はPS3が「当時から」凄すぎたんだよね。PS4が物足りなくなるくらいに。ただ、なんでPS3がそんなに優れたBlu-rayプレイヤーとして登場したのか。まずはその背景を見ていこう!

 

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

 

PS3のブルーレイ再生機能が凄かった原因:次世代ディスク戦争中だったから

 

そもそもだけど、どうしてPS3は「ゲーム機」なのに、そんなにレベルの高いBlu-ray再生機能が搭載されていたんだ?PS4はそれほどでもないじゃん?

 

それは、PS3が発売された当時は「次世代光学メディア戦争」真っ只中だったってことが大きいんだ

 

PS3が発売された2006年は、丁度「次世代光学メディア戦争」の真っ只中の時期。うろ覚えの人も多いかもしれませんが「Blu-ray Disc」との次世代争いの相手として「HD DVD」というものがありました。

 

次世代光学メディア=DVDの後継となる光ディスク

 

PS3を開発した「SONY」はBlu-ray Discを普及させたかったので、普及するのが当然なレベルの最新ゲーム機であるPS3に、Blu-rayプレイヤーとしては最高レベルの技術を盛り込みました。

 

 

結果としてSONYの戦略は大成功!

 

PS3のBlu-ray再生能力は当時の雑誌で「下手なBlu-rayプレイヤーよりも遥かに凄い性能」と絶賛され、ゲームもBlu-rayも最高のものを楽しめる!と、瞬く間に普及していきました。

 

DVDを「爆発的に普及」させたPS2。そして高額なBlu-ray diskを「一気に身近な物」にしたPS3。

 

次世代戦争に勝つために、破格のBlu-ray再生機能を与えられたPS3。結果は見事に勝利し、優れたBlu-rayプレイヤーとして現在も活躍できているというわけです。

 

一気に勝負が決まったのは、消費者としてはありがたかったんだわ。決着まで長引いていたら、それこそBlu-rayも「HD DVD」も両方買う必要が出てくるしね

 

PS4は争う「次世代光学メディア」がない時期だったから、PS3ほどBlu-ray再生に特化しなかったんだね。まあ現在は「ストリーミングサービス」がしのぎを削っているけどね(^◇^;)

 

PS3のブルーレイ再生機能はPS4を超える

 

当時盛り込まれた「PS3のBlu-ray再生機能」は、2021年現在でも十分に通用するスグレモノ。それどころか、PS4やPS5が持っていない機能すらあります。

 

ここから面倒くさい専門用語が増えるので「ふ〜んそうなんだ」くらいで読んでもらってOKです。

 

PS3にしかついていない機能

  • ビットレート(映像や音声の情報量)が画面上に表示できる
  • 3D Blu-rayソフトが見れる
  • DVDのアップコンバートが超優秀
  • CDが聴ける

 

これらの機能は現状「PS3のみ」に搭載されている機能。PS4達が、今後のアップデートでできるようになる「かも」しれませんが。

 

ここからはPS4達と「同等の性能」を発揮する項目です。

 

PS4やPS5と同じ機能

  • さまざまな音声フォーマットに対応(後期型のみ
  • PS4やPS5と同様「ストリーミングサービス」に対応(アマゾンプライムやU-NEXTなど)

 

さまざまな音声フォーマットとありますが、最新の音声フォーマットである「ドルビーアトモス」にも対応しているとの報告もあり!(管理人の個体は型番の問題で確認できず。。。残念!

 

最新の音声フォーマットであるドルビーアトモスのロゴ!↓

 

音声フォーマットの部分は「型番によってかなり左右される」ので、各自調べてもらったほうがいいです。しかし「ドルビーアトモス」に対応していた場合、PS5すら超えてしまうことになります。。。ここは「大人の何か」がありそう。

 

とはいえ、2021年現在でも十分に最高の音声フォーマットである「ドルビーTrueHD」と「DTS-HDマスターオーディオ」に完全対応しているのは強い!

 

さらにストリーミング再生にも余裕で対応。。。管理人としては、逆に「ゲームする以外にPS4をを選ぶメリット」が薄いんですが。。。

 

最新光ディスクである「UHD Blu-ray」は流石に無理だけど、ホームシアター推進者の管理人が「満足する機能」は盛り沢山よ。そもそも管理人がドルビーアトモスに対応できるまでには時間かかる

 

ビットレート(画面の情報量を数字で表すもの)が見れるのは超面白かったんだがなあ。PS4でもその機能残して欲しかったわ。あの機能で「いろんな発見」をしたのもよ

 

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

 

PS3はブルーレイ再生機として現在でも通用する!【歴史も紹介】 まとめ

 

繰り返しますが「PS3」が便利すぎて、管理人は現在でも「ホームシアターの再生機器」として活躍してもらっています。

 

最新音声フォーマットであるドルビーアトモスの再生に必要な「天井からのスピーカー」が整っていない現在の管理人の部屋では、必然的に従来の5.1chや7.1chの音声出力を楽しむことになるので、PS3でも全く不足していないわけです。

 

それにしても15年も前に誕生したPS3が、ここまで現在でも第一線で活躍できることに驚いていますし、感動しています。

 

身の回りにも、もしかしたら同じように「今でも使える製品」があるかもしれませんね!ではでは〜

 

PS5を買えるのはまだですかね?

 

基本的なホームシアターの金額などはこちらで紹介中!(この記事内では「PS4」と紹介しています。役割はPS3と同じ)↓

ホームシアター費用を全て公開!必要な機材リスト付き【初心者向け】

ホームシアターの初心者向けに、普段使っているホームシアタールームの全容と、必要になった機材・金額を公開。また、基本的なホームシアターを構築するための機材と、その理由も徹底解説します

続きを見る

 

-ホームシアター関係