" />

ターミネーター

ターミネーター(1984)の T-800 が怖すぎる理由を解説!

2021年9月19日

 

1作目のターミネーター(1984)を見返したんだけど、T-800が怖すぎ。ある意味では他のどんなターミネーターよりも怖い

 

あのT-800は確かに怖すぎるな。味方に「強力な戦力」がいないっていうだけじゃない。色々と不気味な部分もある

 

こんにちは、センチネルです。

本記事では「ターミネーター(1984)」に登場するT-800がなぜ”異常なほど怖い”のか、管理人視点で解説していきます。

 

ターミネーター(1984)のT-800の怖さは「殺人マシーンだから」では片付かない。

演技・演出・編集全部が合わさってあの怖さが成立していると感じます。

 

本記事の内容

  • 1作目のターミネーターが、なぜあれほど怖いのかがわかる

 

近年の作品こそ、他のターミネーターたちの「チート戦闘力」が目立ってきていますが、正直「強さ」は伝わっても「恐怖感」はあまりありませんよね。

※ T-1000は別ですよ

 

1作目のあの恐怖感があるのは「T-800が敵だから」だけではありません。

 

T-1000も恐怖感凄かったけど、T-800とは「根本的な」恐怖感が違う。無敵で不死身のT-1000と、死にかけても追ってくるT-800。。。恐怖の「内容」が違う

 

映画の雰囲気自体がこっちの真理(恐怖)を煽ってくる部分もあると思うよ。T1はホラーでT2はヒーローって感じ

 

ターミネーター(1984)の T-800 が怖すぎる理由1・シュワちゃんの不気味な演技

 

1作目に登場するT-800は、近年の作品に登場するものに比べると、ほとんど無表情。

 

近年のものは、人間を学習して人間的な表情を行ったり、たまに「ジョーク」を発揮することもあるので、親しみやすいキャラクターになってます。

 

ところが、1作目に登場するT-800はまるで別物。

 

無慈悲な殺人マシーンの部分が「これでもか!」とクローズアップされていて、演じる「アーノルド・シュワルツェネッガー」氏の不気味な演技(褒めている)と相まって、ことごとく感情移入を拒んできます。

 

管理人が感じた「不気味なポイント」は下記の通り。

  • 索敵中は目を細めていて、目標を見つけると目を見開く
  • 完全な無表情。走っていても車に突っ込んでも無表情
  • ダメージを負っても無表情。自分で自分を「手術」しても、無表情
  • 警察署内を無言で見渡し「I'll be back」を無表情で言う

 

とにかく全てにおいて無表情が徹底されています。

ダメージを受けても、走っていても、自分を手術していても表情は変わりません。

 

そして、標的を見つけた時は目を見開いて銃を連射。

しかもその目は、標的を視界から外さず、常に「凝視」している。

 

映画の後半に行くにつれて、T-800の顔が崩れていきます。その状態でも無表情なのがさらに不気味

 

「I'll be back」のシーンは超有名ですが、有名になったのはその直前、無言で「警察署内の構造を見渡すシーン」を含めてのものだと感じます。

 

そのシーンで「何を考えて見渡してるんだこいつは?」となったのは管理人だけでは無いはず。

 

痛みなど感じない。相手を抹殺するまで追い続ける。シュワルツェネッガー氏の演技もあって、T-800に追われる恐怖が半端ないことになってる

 

1作目では、トレードマークの「黒ずくめの服装」では無いんだよ。非常に雑な服装で、「抹殺のため」に人間社会に溶け込めればなんでもいい。というのが感じ取れる

 

ターミネーター(1984)の T-800 が怖すぎる理由2・T-800のダメージ表現

 

T-800が「ダメージを負っても追い続ける殺人マシン」というのも、非常に気味が悪い。

 

考えてもみてください。

顔や腕がえぐれているのに、そんなことはお構いなしに無表情で追ってくる!

 

蝋人形のように崩れた顔。

内側の金属骨格がむき出しで、それでも痛みやダメージなど感じずに全力で殺しにくる!

 

そんなの見たら普通に「失神」してしまいますよ。

 

さらに、T-800は自分自身を手術(治療)します。腕を自分で切り開き、目を「メス」で抉り取る。(本体のレンズの邪魔だったため)

 

ズタボロになりながらも標的抹殺の手は緩めない。

倒せそうなのに全く倒せない・・・これほど精神的に堪える追手はそうはいません。

 

1作目の「ターミネーター」はこの微妙な塩梅が実にうまく、「強力な攻撃!うまくいった、、か?え!無理だった!?」の揺さぶりがとても効いてます。

 

ターミネーター(1984)の T-800 が怖すぎる理由3・映画全編の暗い演出・BGM

 

1作目ですが、恐らく「意図的」に映画本編の画面を暗く編集していますよね。

この暗い演出は、心理的に「不安感」を煽るのに効果抜群!

 

当時の技術的なものもあるんでしょうが、無表情・無機質な殺人マシーンが追ってくるという恐怖を上乗せしてきます。

 

また、他の作品ではT-800が味方だったということもあって、比較的「盛り上がるBGM」が多い。が、1作目は違います。

 

ひたすら「焦燥感」を煽ってくるBGMが多い!あと少しで追いつかれる!殺される!という「空気」を音楽でも表現している

 

また、T-800が映っているシーンと連動する形で流れる「ドンドンドンドン・・・」というBGM?が非常に不気味で恐ろしい。

 

画面の暗さや無表情っぷりに拍車をかけています。

 

後の作品ではCGの「進化した映像」が目立っているけど、1作目は今ほど映像は発達していない。「テクニック」を駆使して恐怖の「雰囲気」を作ってる

 

ターミネーター(1984)の T-800 が怖すぎる理由4・心強い味方が不在

 

1作目では味方のターミネーターや強化人間がいません。

シリーズの他の作品であれば、T-800(T-850)が味方なので安心して観れます。

 

また、お馴染みの台詞や「ジョーク」で笑えるシーンもあります。

 

しかし、1作目にはそれがない!

 

カイル・リースが「未来から来た兵士」だといっても、普通の人間。

T-800と戦うのに絶望的な戦力差があるわけです。

 

カイル・リースは「未来の兵器(プラズマ砲など)」があればT-800とも戦えそうではありますが、1作目の舞台は1984年5月12日。。。そんな武器はありません

 

生身の人間だけで「当時最強の殺人マシーン」と戦わなくてはいけない!

こんな絶望的な状況は、シリーズの他の作品にはありません。

 

いや、1作目怖すぎる。希望を持たせる要素がほとんどない。。。リアルにありそうなレベルの「最強マシン」だから、尚更怖いんだろうな

 

以降の作品は、追われながらも「違う目的(スカイネットを壊す)」があったけど、本作は「逃げる!」のみというのもキツい。これを達成すれば、未来変わる!というのが無い

 

ターミネーター(1984)の T-800 が怖すぎる理由 まとめ

 

ターミネーターの新作が公開されるたびに、1作目のT-800の恐ろしさが「逆に」際立ってきますね。

 

管理人は「T4」のT-800も近い性質を持っていると思っています。

1作目のT-800を彷彿とさせる演出は見事でした。

 

壊せそうなのに「全く壊れない恐怖」を再現していましたね。

 

「T2」以降のT-800が、最強の味方だったので、後から1作目を見た人は「特に」衝撃や恐怖を覚えたのではないでしょうか(管理人は「T2」から見たので、尚更恐怖を覚えました)。

 

 

ちなみに、映画ストリーミングサービス(VOD)を利用すれば、シリーズのさまざまな作品を「月額料金」だけでみれます。中でも、24万本もの作品をポイント利用で「実質無料」で見れる「U-NEXT」は最高におすすめ!

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

 

ではでは、充実したターミネーターライフを〜

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

senntineru2000

当ブログを通して開業しています。 当ブログのメイン記事1:自宅筋トレ。メイン記事2:お手頃ホームシアター。あまりお金をかけずに「理想の体」と「理想のホームシアター」を作るのを手伝います。

メイン記事

1

モージョンズの「可変式ダンベル」が欲しいんだけど、アレってどこで売ってるんだろう?一般のスポーツショップには置いてないよね?やっぱりネットからが正解かな?←こういった疑問に答えます

2

ホームシアターの初心者向けに、普段使っているホームシアタールームの全容と、必要になった機材・金額を公開。また、基本的なホームシアターを構築するための機材と、その理由も徹底解説します

3

Amazonの買い物は定価よりも安い商品が多いし、「プライム会員」でいろんな商品をもっとやすく買えるけど、それよりもさらに安く、お得に買える方法あるかな?←こういった疑問に答えます

-ターミネーター