" />

ターミネーター

【ターミネーター】シリーズのあらすじ・時系列のパターンを解説!

2021年10月25日

 

ターミネーターシリーズって意外と多くの作品(6作品)が出てるけど、新作が出るたびに時系列がわかんなくなる。ストーリーは6作品全部繋がってるの?

 

全部「2の続編」として繋がっている設定だけど「2」までが本編で、あとは「パラレルワールド」として作品を楽しんだ方がいい。その理由と各作品のあらすじ、時系列を解説するよ

 

こんにちは、センチネルです。本記事では主に映画「ターミネーター」シリーズの時系列と、シリーズの各作品のあらすじを解説します。

 

本記事の内容

  • ターミネーターシリーズの各作品のあらすじを解説
  • シリーズの各作品の時系列とパターンを解説
  • 「2」以降の作品は全てパラレルワールドだと考える理由を解説

 

ターミネーターシリーズといえば「アーノルド・シュワルツェネッガー」氏が無敵の殺人マシーン「T-800」を演じ、毎度大暴れすることで有名な作品・シリーズ。

 

特に「2」は名作中の名作で、「アイルビーバック」をはじめとした数々の名台詞、名シーンを生み出しました。その完成度の高さは映画史に残るもので、今尚熱狂的なファンが大勢います。

 

ただ、3以降の作品に対する評価は微妙なものが多いです。2があまりにも偉大すぎたのか。。。タイムトラベルの設定のせいでストーリーが複雑化しすぎたのか。。。

 

作品単体で見れば、どの作品も迫力あるし、ストーリーは考えられている。個人的に嫌いな作品はない。ただ、続編ものとして考えると、あまりうまくいってないのが現状。。。

 

偉大な「2」を意識しすぎだと思う。2以降の全ての作品が独立しているのに、全てが2の続編の設定。全部2以外をリセットしている作品だから、追いかける方も大変なんだよ

 

【ターミネーター】シリーズ6作品を紹介

 

2021年現在、ターミネーターシリーズは全部で「6作品」公開されています。

 

公開されているターミネーター作品

  • ターミネーター(1984)
  • ターミネーター2(1991)
  • ターミネーター3(2003)
  • ターミネーター4(2009)
  • ターミネーター:新起動/ジェニシス(2015)
  • ターミネーター:ニュー・フェイト

 

あまりシリーズに触れていない人にとっては、意外と多くの作品が公開されていると感じるでしょう。

 

このシリーズのうち「4」だけは現代が舞台ではない「未来戦争」の話なので、少し特殊。ちなみに「ジェニシス」が5で、「ニュー・フェイト」が6です。

 

「2」と同じことはしない!という気合の現れか、3以降の全ての作品が思いっきり「ひねった」ストーリーを展開してきます。一つとして似たようなストーリー展開はないので、バリエーション豊か!

 

いい意味で、これだけストーリーの構成が「被らない」シリーズも珍しい。5作目と6作目なんか特に凄いストーリーのひねりっぷりを見せるよ

 

よくここまで思い切ったストーリーを考えられるなって感心するよ。良くも悪くもだけどね

 

【ターミネーター】シリーズの各作品のあらすじを解説

 

ここからはシリーズの1〜6作品の「あらすじ」を紹介。

※ストーリーの詳細は別記事で載せるので、ここでは非常に簡単なあらすじだけを紹介します

 

注意

シリーズの5作品目「ターミネーター/新起動:ジェニシス」は、あらすじを殺すレベルの厄介なストーリーなので、この作品だけは要約しきれませんがご了承ください

 

「ジェニシス」は様々な謎を残したままシリーズが打ち切られたから、劇中で説明されていない要素がたくさんある。続編で説明するつもりだったんだろうけどね

 

6作品目の「ニュー・フェイト」が、ジェニシスさえも「なかったこと」にして再出発してしまったからね。ジェニシスの数々の謎は永遠に闇の中よ。。。

 

ターミネーター(1984)のあらすじを解説

 

ターミネーター(1984)のあらすじを超簡単に紹介します。

 

 

ターミネーター(1984)

  • サラ・コナー抹殺のために、人口知能「スカイネット」が2029年からターミネーターT-800」を1984年に送りこむ
  • サラ・コナーの守護のために、2029年から人類抵抗軍の兵士である「カイル・リース」が1984年に送られてくる
  • 死闘の末にサラ・コナーはカイルの子を身篭り、T-800を破壊する。カイル・リースも死亡

 

1作目のT-800は怖すぎましたね↓

ターミネーター(1984)の T-800 が怖すぎる理由を解説!

 

非常にシンプルな逃走劇。サラ・コナーがスカイネットに命を狙われる理由は、人類抵抗軍のリーダーである「ジョン・コナー」の生みの親だから

 

サラを抹殺すればジョンは生まれなくなり、スカイネットの脅威はなくなる。スカイネットが未来から送り込んだT-800はサラを狙い、人類抵抗軍のカイルはサラを守る。ほぼそれだけ!

 

ターミネーター2(1991)のあらすじを解説

 

ターミネーター2(1991)のあらすじを超簡単に紹介します。

 

 

ターミネーター2(1991)

  • 少年のジョン・コナー抹殺のために、「スカイネット」が2029年からターミネーターT-1000」を1994年に送り込む
  • ジョン・コナー守護のため、人類抵抗軍は捕獲した「T-800」を2029年から1994年に送り込む
  • ジョン、サラ、T-800は未来のために、まだ誕生していないスカイネットの技術を持つ「サイバーダイン社」を破壊する
  • 死闘の末、ジョン、サラ、T-800はT-1000を破壊する
  • 生き残ったT-800は未来のために、自らを溶鉱炉に沈める。これによってスカイネットが誕生する可能性が全て潰れる

 

T-1000は完璧な悪役でしたね↓

T-1000は完璧な悪役ターミネーター!その絶望感を徹底解説!

 

敵のT-1000はシリーズ最恐のターミネーター。この「2」では、後の人類抵抗軍のリーダーとなる「ジョン」本人を狙ってくる。

 

1作目と違い、T-1000から逃げながらも「スカネットそのものを潰す」という目標があるのが特徴。1作目で猛威を振るったT-800が味方という頼もしさ!後の作品はこのスタイルが基本になるんだ

 

ターミネーター3(2003)のあらすじを解説

 

ターミネーター3(2003)のあらすじを超簡単に紹介します。

 

 

ターミネーター3(2003)

  • 青年のジョン・コナーと抵抗軍幹部の抹殺のために、潰したはずの「スカイネット」が2032年からターミネーター「T-X」を2003年に送り込む
  • 青年のジョン・コナーとケイト・ブリュースターを守護するために、抵抗軍は捕獲した「T-850」を2003年に送り込む
  • スカイネットが自我に目覚め、核ミサイル攻撃と人類抹殺を開始する
  • 死闘の末「T-850」は自分もろとも「T-X」を破壊する
  • ジョンとケイトは生き残り、人類とスカイネットの戦いが廃まる

 

「2」で滅したはずのスカイネットは「審判の日」を先延ばしにしただけで、実は生きていたという設定。戦争に突入する前にT-Xはジョンと幹部たちを抹殺しようとしていたんだ

 

ケイトはジョンの未来の奥さん。T-Xは破壊したけど、そのまま戦争に突入したから、ある意味バッドエンドと言える。生き残ったのにバッドエンドって衝撃的だよね

 

ターミネーター4(2009)のあらすじを解説

 

ターミネーター4(2009)のあらすじを超簡単に紹介します。

 

 

ターミネーター4(2009)

  • 人類抵抗軍はスカイネットと戦争しており、スカイネットの弱点となるシグナルと新型ターミネーター「T-800」の設計図を入手。スカイネットの破壊を目論む
  • 抵抗軍司令部はシグナルを使用し、スカイネットを破壊しようとするが、シグナルは逆探知されて抵抗軍司令部は破壊される
  • サイボーグの「マーカス」はジョンとともにスカイネットの中枢に侵入し、大勢の捕虜と、まだ少年のカイル・リースを救出する
  • T-800が起動し、ジョンとカイルを襲うが、マーカスがT-800を破壊。ジョンは心臓にダメージを負うも、マーカスの心臓を移植して生き延びる
  • スカイネットの中枢を破壊するが、世界中にスカイネットの拠点があるため、ジョンと抵抗軍はこれからもスカイネットと戦っていく

 

シリーズ初の「未来戦争」が舞台で、「3」の続編と考えて大丈夫。追われるストーリーではなく、逆に抵抗軍がスカイネットを攻撃するストーリーなのも初めてのこと

 

マーカスはT-800の実験作。臓器などがある設定だから、ジョンに心臓を移植できた。様々なマシーンも本編に登場するのが「4」の魅力でもあるよ

 

ターミネーター:新起動/ジェニシス(2015)のあらすじを解説

 

ターミネーター:新起動/ジェニシス(2015)のあらすじを超簡単に紹介します。

 

 

ターミネーター:新起動/ジェニシス(2009)

  • 2029年、人類抵抗軍はスカイネットとの戦争に勝ったものの、すでにスカイネットはT-800を1984年に送り込んでいたため、抵抗軍のリーダーであるジョンはカイルを同じ1984年に送る
  • 1984年にきたT-800は同じ年代になぜか存在していた「T-1000」共々、サラと同型のT-800(守護者)と、カイルに破壊される
  • カイルは守る対象のサラと、なぜかその時代にいたサラの「守護者・T-800」と合流し、スカイネットを破壊するためにサラとカイルはタイムマシンで「2014年」に飛ぶ
  • スカイネットにT-3000」に改造されたジョンと遭遇。サラとカイルを30年待っていた「守護者・T-800」も追いつき、ジョンが守ろうとしている未来のスカイネット=ジェニシスを破壊しようと考える
  • 死闘の末、カイル・サラ・守護者はジェニシスとT-3000=ジョンの破壊に成功する。しかし、ジェニシスの本体は地下に存在していた。。。

 

最大の謎が、守護者と「T-1000」が1984年にいたという設定。本来の時間軸では両方いないはず。ジョン=T-3000が2014年にいたのは、その時代でジェニシスを守るためだから、これはわかる

 

時間軸の全てを知っていて、ジョンをT-3000に改造し、2014年に送り込んだ「T-5000」なら何か知っていたのかも。そしてその裏をかいた何者かがいたかもしれないね

※新起動/ジェニシスに関しては、劇中でこれらの疑問点の答えが語られないので、永遠に謎のまま

 

ターミネーター:ニュー・フェイト(2019)のあらすじを解説

 

ターミネーター:ニュー・フェイト(2019)のあらすじを超簡単に紹介します。

 

 

ターミネーター:ニュー・フェイト(2019)

  • 「2」の死闘から4年後、現代に送り込まれていた1体のT-800が、サラの目の前で少年のジョンの抹殺に成功し、姿を消す
  • 2040年から、リージョン製のターミネーター「REV-9」と、レジスタンスの強化兵士の女性「グレース」が現代に送り込まれる。今回の標的はダニーという女性
  • ダニーはのちに「リージョン」に対抗するレジスタンスのリーダーとなる人物なので、REV−9はダニーを抹殺しようとしている
  • サラ・コナーは送られてくる謎のメールに従い、ターミネーターを抹殺するべく動き出す。REV-9はサラ・グレース・ダニーを圧倒し、彼女らはサラのメールの送り主を尋ねる
  • 謎のメールの送り主はジョンを抹殺したT-800本人で、彼はREV-9の破壊に協力する
  • 死闘の末、グレース・T-800・REV-9は破壊され、サラとダニーは生き残り、未来のためにやるべきことを始めた

 

「2」の正統続編ということもあって、時系列は2の数年後。2でスカイネットを滅ぼしたから、ジョンもサラもスカイネットとは無関係で、代わりに「リージョン」という人工知能が誕生した

 

スカイネットがリージョンになり、ジョンがダニーになっただけ。シンプルでわかりやすい逃走劇。T-800がサラたちを助ける経緯も含めて、まとまりが良い!

 

【ターミネーター】シリーズ各作品の時系列をパターン別に紹介・解説

 

ここで、各作品の時系列を「何個かのパターン別」に紹介し、その理由も解説します。

 

また、1と2は完璧につながっているストーリーなので、この2作品を省くことはしません。

 

パターン1

  1. ターミネーター
  2. ターミネーター2
  3. ターミネーター3
  4. ターミネーター4

 

ターミネーター2でスカイネットを破壊し、審判の日を回避したものの、3では審判の日を「伸ばした」だけと説明しているので、このパターンは結構ありだと考えています。

 

4は「未来戦争」の話で、3の続きとして考えてもストーリーに違和感がないので、4もパターン1の仲間入り。

 

パターン2

  1. ターミネーター
  2. ターミネーター2
  3. ターミネーター:ニュー・フェイト

 

一番まとまりがいいパターン。この3作品はサラ・コナーが主役とも言えます。「ニュー・フェイト」の監督はサラを掘り下げるためにジョンを退場させたとも言っていますしね。

 

「ターミネーター」を観ている!と一番感じるのはこの3作品を通しで見るパターン。制作に「ジェームズ・キャメロン」が関わっているのが大きい。

 

パターン3

  1. ターミネーター
  2. ターミネーター2
  3. ターミネーター;新起動/ジェニシス

 

ジェニシスは前半部分が1と2をなぞった作品。1と2を見ていれば懐かしさが込み上げる演出多数。ただ、タイムトラベルの内容が意味不明になっている。

 

そのためジェニシスは「正史」作品として見ずに、パラレルワールドとして観るのがオススメ。

 

パターン4

  1. ターミネーター
  2. ターミネーター2

 

結局これが王道で最強!

 

「2」は、スカイネットを倒したサラが「老婆」になって公園を見つめるシーンが含まれている「スペシャル版」も存在するので、それを見てしまえば他の作品は観る必要が無くなる

 

あえてそのシーンをカットして、シリーズを続けられるようにしたんだよね。まさかこんなにグチャグチャな時系列になるとは思っていなかっただろうけど(^◇^;)

 

【ターミネーター】シリーズの1と2以外の作品を「パラレルワールド」だと考える理由

 

時系列グチャグチャ問題を抱えているターミネーターシリーズ。主に戦犯はジェニシスですが。

 

一応シリーズものとして扱われている以上、時系列の整合性をとって欲しい気持ちもありますが、あえて言います。1と2以外は全部「パラレルワールド」だと!

 

映画の楽しみ方は人それぞれですが、この「ターミネーター」シリーズに関しては、パラレルワールドだと考えた方がスッキリする部分も多くあります。(特にジェニシス)

※つまり物語の整合性は無視して、そういうものだと割り切りましょうってことです

 

1と2は鉄板のものと考えて、それ以降の作品は「ああ、こういう続編・展開もありなのか」という軽い気持ちで見るのがスッキリすると思う。逆に視聴者が1と2を求めすぎているのかも

 

確かにその2作品は偉大すぎるしね。「ああ、こんな角度から続編を作れるんだな〜」って思いながらそれ以降の作品を見るのが丁度いい。どの作品も映像と音響は最高だしね

 

【ターミネーター】シリーズのあらすじ・時系列のパターンを解説! まとめ

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

 

ターミネーターのあらすじと時系列のパターン

  • ターミネーターシリーズの各作品のあらすじを解説
  • シリーズの各作品の時系列とパターンを解説
  • 「2」以降の作品は全てパラレルワールドだと考える理由を解説

 

これから本シリーズを「初めて」通しで観ようと考えている場合は、本記事の「パターン別」の項目を見てください。

 

作品ごとの完成度は高いので、純粋な「アクション映画」として観れば、どの作品を見ても満足できると思います。シリーズものとして観ると「いろいろ」疲れると思うので、そこはご注意願います。

 

ではでは〜

 

 

どのターミネーターが一番強いかは、ここで解説しています↓

【ターミネーター】強さランキング「トップ5」発表!理由も解説!

【ターミネーター】強さランキング「トップ5」発表と、その理由も解説。特殊な条件でしか発生しない「設備」の力は考慮しません。マシン本体と「調達可能武器」の組み合わせでの戦闘力考察です

続きを見る

 

-ターミネーター