" />

おすすめ筋トレ器具

室内有酸素運動マシンの「おすすめ製品トップ3」紹介【体力作りに】

2022年6月23日

 

コロナ禍のせいで、外で有酸素運動をしにくい。家の中でできる有酸素運動マシンが欲しいけど、種類が豊富でどれを買ったらいいかわかんない!

 

こんにちは、センチネル(@senntineru20001)です。

本記事では上記の疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • 「室内で有酸素運動」をするためのおすすめマシンを3種類紹介
  • 有酸素運動中に「あったほうが便利」なものも紹介

 

本記事を書いている管理人は、自宅筋トレ歴7年ほど。最近は有酸素運動も積極的に取り入れています。

※ちなみに、身長174・体重64・体脂肪12%という体型

 

コロナ禍ということもあって、なかなか外で「ウォーキング」や「ジョギング」などの有酸素運動ができない日々が続いていますね。

 

なので最近は、室内で有酸素運動をする人が増えていて、ほとんどの人は有酸素運動マシンや器具を活用して結果を出しています。

 

本記事では、室内の有酸素運動で「結果が出やすくて最高におすすめできるマシン」を3つ紹介!読めば、求める有酸素運動マシンが見つかりますよ。

※また、有酸素運動をする際に「あったほうが便利なもの」も紹介します

 

有酸素運動マシンは数多いけど、「これはあったほうがいい」と言える製品は3つに絞れる。本記事で紹介するのはその3つだよ

 

トレーニング後は体が疲労しているので、疲労回復も兼ねて「プロテイン」を摂取しましょう。

>>おすすめ「プロテイン」ランキングトップ3!【体作りに欠かせない】

 

室内有酸素運動マシンの「おすすめ製品トップ3」紹介

 

有酸素運動マシンは、本当にいろんなものがあります。走るもの・漕ぐもの・自動で動くマシンに任せるもの・特定の部位に絞って効果を発揮するものなど。

 

Amazonで「有酸素運動マシン」と検索すれば、以下のように「6,000件以上もの製品」がヒットします

Amazon有酸素運動マシン

 

いろんな視点からマシンを開発していってるんだろうなというのが、そのラインナップの豊富さから見て取れますね。

 

ただ、逆に6,000件もヒットしたら、選ぶに選べません。

 

そこで管理人が考える、おすすめの自宅有酸素運動マシンは以下の3つ。

  • エアロバイク・スピンバイク
  • ルームランナー
  • ぶるぶるマシン

 

この3つがあれば、基本的に「全身に効く有酸素運動」が可能。

 

ここからは、この3つをさらに「導入するべき優先度(ランキング)順」で紹介していきます。

 

「自分の意志」で運動や筋トレをすることの重要性

 

有酸素運動や筋トレには、精神面でも多くの「プラスになる効果」があります。

 

しかしその効果を得るために重要なのは、「基本は自分で自分の体を動かす」こと!

 

「全自動マシン」でも確かに高い有酸素運動効果を得られますが、「自分の意志を使って運動した」というのがとても重要で、そうすることで以下の記事のような効果も得られます。

>>「筋トレ」はメンタルを強くする「5つ」の理由を解説【経験談より】

 

体への効果を考えると自動マシンを使っても問題ないけど、自分で「運動という面倒なこと」をする意志を使うのが重要

 

自分で体を動かすのは「面倒なことを実行する意志力」も鍛えられるってことよ

 

おすすめの室内有酸素運動マシン1:エアロバイク・スピンバイク

 

最もおすすめな有酸素運動マシンは「室内で漕ぐ自転車」のエアロバイクと、その発展系のスピンバイクです。

 

自転車型のマシンをその場で漕ぐだけなので、集合住宅や賃貸暮らしでも「周りに音が響く心配」がありません。

 

他の有酸素運動マシンはどうしても音が周りに響いてしまうので、集合住宅暮らしであれば「騒音の心配」をしながらのトレーニングになりますが、エアロバイク・スピンバイクにその心配は無用

 

両者の違ですが、エアロバイクは負荷が小さく「ながら運動」が得意。

 

他にも、エアロバイクには以下のようなメリットがあります。

  • テレビ・パソコン・ゲームなどをしながら「ながら」で有酸素運動ができる
  • トレーニング中の音が小さく、近隣の迷惑にならない
  • しっかりと汗をかく事ができる
  • 負荷が小さいので、リハビリにも向いている
  • 本体が小さく軽量なので、移動も簡単

 

などなど。

 

反対にエアロバイクのデメリットは、スピンバイクほどの「負荷」をかけられないので、トレーニング経験者には物足りないところです。

 

とはいっても、今まで有酸素運動をあまりしてこなかった場合、エアロバイクで十分いい汗かけますよ。

 

そしてスピンバイクは、より本格的な有酸素運動マシン。マシンの形が「ロードバイク」のようになっていて、競技用自転車さながらの姿勢でトレーニングができます。

 

スピンバイクには以下のようなメリットがあります。

  • 高い負荷での有酸素運動ができる
  • エアロバイク以上に「静音性」が高い。とても静か
  • 大量に汗をかける。痩せ効果・筋トレ効果はエアロバイクより上
  • 負荷を緩めれば、テレビ・ゲーム・パソコンなどをしつつトレーニング可能

 

などなど。

 

反対にスピンバイクのデメリットは、本体が重くて金額が高めなこと。そしてかなり前傾姿勢になるので、ながら運動は若干不得意なところですね。

 

スピンバイクの「静音性」と「運動負荷の高さ」は、あらゆる有酸素運動マシンの中でも最強ランク!集合住宅でも静かに「ガチの有酸素トレーニング」を行えますよ。

 

管理人所有のスピンバイク。最大負荷では「山登り」を思うレベルの負荷になります。

>>「スピンバイク」おすすめ製品トップ3を紹介!【迷ったらこれです】

「スピンバイク」おすすめ製品トップ3を紹介!【迷ったらこれです】

室内有酸素運動マシンの「スピンバイク」を買おうと考えてるんだけど、いろんな種類があってどれを買えばいいかわからない。おすすめを3つくらいに絞って教えてくれ←こういった疑問に答えます

続きを見る

 

有酸素運動マシンは「静かさ」が一番重要。近隣トラブルになるのは避けたいからね

 

その点、エアロバイク・スピンバイクは素晴らしい。トレーニング中にもほとんど音がしない。ダントツでおすすめの有酸素運動マシンだよ

 

おすすめの室内有酸素運動マシン2:ルームランナー

 

有酸素運動マシンの代表格である「ルームランナー」も、おすすめ有酸素運動マシンにランクインしますが、静音性は明らかにエアロバイク等に劣るので「2位」としました。

 

ルームランナーは、その名の通り「低〜高速で回る床の上を走る」というシンプルなトレーニング器具

 

ただ、「走る」という動作は基本的に「騒音」が発生しやすい!

 

1軒家だったら迷う事なく導入したいマシンですが、賃貸やマンションでの使用を考慮すると、、、汎用性はエアロバイク等に劣ります。

 

ルームランナーのメリットは以下の通り。

  • ながらトレーニングがしやすい
  • 「走る」ことによるストレス解消効果も高い
  • 運動後の「爽快感」は、全マシン中でもトップクラス
  • 意外とコンパクトに折り畳めるマシンが多い

 

などなど。

 

反対にルームランナーのデメリットは、走ることによる騒音問題と、スピンバイクよりもずっと高額なモデルが多いということです。

 

ルームランナーは「多機能」なので、値段が高くなりがちです。そこそこの機能が欲しいと思ったら「4万円」ほどしますよ。

※スピンバイクが3万円前後、エアロバイクが2万円前後

 

ただ、金銭的に余裕があって、機能満載モデルを変えるのであれば、ルームランナーは最高の有酸素運動トレーニングの「相棒」となってくれるでしょう。

 

以下の二つは、コスパと性能が最高ランクのルームランナー。迷ったらこれですよ。

 

「走る」というのは人間が本能的に喜ぶことだし、爽快感を得られてストレス発散にもつながる

 

ペースを下げて、家の中で「ジョギング」してもいいしね。それなら歩きつつ「ながら映画」もできるよ

 

おすすめの室内有酸素運動マシン3:ぶるぶるマシン

 

室内のおすすめ有酸素運動マシン第3位は、「ぶるぶるマシン(振動マシン)」です。

 

ぶるぶるマシン最大の特徴は、振動するマシンの上に立っているだけで「有酸素運動・脂肪燃焼効果」があるということ。

 

とても優秀なマシンですが、自力で運動しているわけではないことと、振動=騒音発生のリスクがあるので、優秀なマシンですが3位としました。

※自力での運動の方が、精神的にもプラスになる事が多い

 

とはいえ、マシンを置く場所での「騒音リスク」がなかったり、運動はしたくないけど有酸素運動の効果が欲しい場合は、導入しても一切損しないマシンになります

 

そんな「ぶるぶるマシン」のメリットは以下の通り。

  • マシンの上に乗るだけなので、自分は何もしなくていい
  • 下半身はもちろん、上半身も有酸素運動の効果が得られる
  • 比較的安価
  • 比較的コンパクト
  • 振動のパターンが豊富

 

などなど。

 

「上半身も効果を得られる」とありますが、これは腕立て伏せやプランクの姿勢でマシンの上に乗った場合の話。そういう応用も効くって事ですね。

 

逆にぶるぶるマシンのデメリットは、自分で体を動かすわけではないから「鍛える部位」を意識できないことと、振動による騒音が他の部屋に伝わる事が挙げられます。

 

とはいえ、騒音問題をクリアできれば「面倒くさがりな人」でも、簡単に有酸素運動効果が得られるのは強い!

 

しかも、多くの製品が15,000円未満で購入できる「コスパの良さ」も魅力的!

 

「有酸素運動の時間がない・1位や2位の製品は高い・運動が面倒」などに当てはまる場合は、ぶるぶるマシンを導入しても損はしないでしょう!

 

Amazonのベストセラー品。迷ったらこれ!

 

ごく短時間、マシンに乗っただけでも全身が火照ってくる。筋肉に効いている証拠よ

 

自動マシンに頼るつもりはなかったけど、ぶるぶるマシンの良さを知りながら紹介しないっていうのは愚かだと思ったから、今回の選抜に選んだ

 

室内有酸素運動マシンと併用して「あると便利なもの」を紹介

 

長く有酸素運動をしていると、今までにできなかったとこを「乗り越える」事がよくあるので、それを実感するだけでもモチベーションが向上します。

 

プラスで「スマートウォッチ」などを導入することによって、運動しているだけでは得られない「数字面での体の進化」を実感できるようになりますよ。

 

スマートウォッチを使えば「心拍数・体重・体脂肪率・運動強度」など、多くの情報を知る事ができる。とても便利!

 

むしろスマートウォッチ抜きの運動は、自分の体力の限界を超える可能性があるので、運動しすぎてしまう可能性もあります。つまり運動しすぎの「ストッパー」としても活躍するわけです。

 

※運動しすぎると、筋トレ後は「風邪」をひきやすくなる?3つの対策を紹介!【超単純】のような症状に襲われやすい。

 

ちなみにスマートウォッチは、iphoneユーザーであれば「Apple Watch」一択。

 

Apple Watchのバンドはこれが最強!

 

Androidユーザーであれば以下の3つがおすすめ。お好みで選びましょう!

※下のものほど「お手頃価格」のものになります

 

また、以下の充電台があると「3つのデバイス」をスマートに充電できます。

 

スマートウォッチは、いろんな機能盛りだくさん。必要だと思った機能を備えたモデルがおすすめ!(iphoneユーザーはApple Watch一択)

 

室内有酸素運動マシンの「おすすめ製品トップ3」紹介【体力作りに】:まとめ

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

  • 「自分の意思」で運動することの重要さを紹介
  • おすすめの室内有酸素運動マシンを、3種類紹介
  • 有酸素運動をする際に「あると便利なもの」としてスマートウォットも紹介

 

本記事で紹介したマシンがない場合「腿上げ」などの有酸素運動をすると思いますが、、、筋トレならまだしも、有酸素運動は「強力な意志」が必要になってきます。

 

筋トレが7年続いている管理人でも、器具なしで有酸素運動は全く続きませんでした。

※YouTube等の参考動画を見ても続かない

 

しかし、スピンバイクをはじめとした器具を導入したことで、「無理なく」毎日有酸素運動ができています

 

人間は環境に左右される生き物です。

 

なので有酸素運動が続かないのであれば、続けられる環境を作るしかない=器具の導入をするしかない!と思って導入したら、、、見事に続けられるようになりました。

 

さあ、あなたも自分や「周りの環境」に合った器具を導入し、有酸素運動生活を継続していきましょう!

>>「スピンバイク」おすすめ製品トップ3を紹介!【迷ったらこれです】

 

 

トレーニング後は体が疲労しているので、疲労回復も兼ねて「プロテイン」を摂取しましょう。

>>おすすめ「プロテイン」ランキングトップ3!【体作りに欠かせない】

 

ではでは〜

 

あると便利な「運動の効果向上グッズ・製品」を紹介

 

以下の記事で、自宅で体を鍛えるときに「あると便利」なグッズ・製品を10個紹介。誰にでも起こり得る「筋トレ停滞期」の打破にどうぞ!

自宅で体を鍛えるときに「あると便利」なグッズ・製品を10個紹介!

自宅で筋トレやってるんだけど、より筋トレの密度を濃くしたいから「器具」以外の「あると便利な筋トレグッズ」ってなにがあるか教えてくれ←あると便利な筋トレグッズを10個紹介していきます

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

senntineru2000

当ブログを通して「開業」しています。 当ブログのメイン記事1:自宅筋トレ。メイン記事2:お手頃ホームシアター。あまりお金をかけずに「理想の体」と「理想のホームシアター」を作るのを手伝います。

メイン記事

1

自宅でできる筋トレ器具はたくさんありますが、本当に必要な器具はごくわずかなものです。本記事では「これさえあれば全身を鍛えられる」自宅筋トレ器具を3つの厳選し、その理由と効果を解説!

2

ホームシアターの初心者向けに、普段使っているホームシアタールームの全容と、必要になった機材・金額を公開。また、基本的なホームシアターを構築するための機材と、その理由も徹底解説します

3

U-NEXTの登録方法と解約方法を解説していきます。U-NEXTには31日間の「無料トライアル」がありますが、解約方法が不明だと気軽に登録しづらいですよね。なので解約も含めて解説!

-おすすめ筋トレ器具