" />

トランスフォーマー

オプティマスプライム:トランスフォーマー実写映画名シーン5選紹介

2021年9月23日

 

オプティマスの性格や戦闘力は今までの記事で結構わかったけど、名シーンやカッコいいシーンを教えて欲しい。それを知れば、より映画が楽しめそうだし

 

OK!オプティマスのカッコいいシーンはありすぎて紹介しきれないから、まずは1作目の名シーンやカッコイイシーンを5つ紹介していく

 

こんにちは、センチネルです。本記事では映画「トランスフォーマー(2007)」におけるオプティマス・プライムの名シーンやカッコイイシーンを5つに絞って紹介していきます。

 

本記事の内容

  • 実写版「トランスフォーマー(2007)」における、オプティマスの名シーンやカッコイイシーンを5つ紹介!

 

過去記事でも書いている通り、オプティマスはオートボットの司令官であり、正義に熱いリーダー。(戦闘時の口の汚さは凄まじい!)

実写版オプティマスの性格や戦闘能力は以下の記事で詳しく解説。

オプティマスプライム:映画実写版の形態変化を解説!【最強司令官】

【オプティマスプライム】実写映画での性格や劇中での設定を紹介!

 

戦闘能力も非常に高く、本気を出した時は一部ファンから「安心と信頼のオプ無双」と言われるほどの強さ!

 

実写映画版ではシリーズ皆勤賞(6作品全てに出ている)で、いいシーンをあげたらキリがない!そこで、今回は1作目のいいシーン(

好きなシーン)に絞って紹介していくよ

 

その1作目でも、5つのシーンに絞った。中には「面白い」シーンもある!まあファンなら「ああ、あのシーンか」となること間違いなしよ

 

オプティマスプライム:トランスフォーマー(2007)名シーン1

『オートボット、偵察せよ』〜オプティマス〜(サムの家の周囲を見回るだけ)

 

巨大なオートボットのメンバー(平均身長6m以上)が、主人公「サム」の両親から身を隠すシーン。1作目の名シーンと言ったらこのシーンを思い浮かべる人が多いいと思います。

 

とりわけオプティマスは「8.4m」という巨体を誇るので、他のメンバー以上に身を隠すのに苦労していた。

 

それぞれのメンバーが「試行錯誤」して家にへばりついたり、サム家の庭を「盛大に破壊」しながら必死に隠れる。こんなコメディチックなオートボットやオプティマスは、シリーズ全体でもなかなか見れません。

 

巨大トラックに変形してやり過ごそうとしたり(庭はパーキングエリアじゃないぞ!)、ちょっと体勢を変えるだけで家全体を揺らしてしまったり。

 

 

日本語字幕だと「変圧器(トランスフォーマー)」から火花が出ている!という「字幕遊び」まで飛び出ていました。この遊び、管理人はとても好きです。タイトルと掛けていてうまいですね〜

 

サムの家のシーンは「身体がデカすぎるコント」だったね。他にもアイアンハイドの「潤滑油ひっかけやがった!」なんかも好きだわ

 

オプティマスの噴水踏み壊しからの「ああ、すまない( ^ω^ )」もなかなか威力あるぞ。1作目はこういうお遊びもあってバランスがいいよな

 

オプティマスプライム:トランスフォーマー(2007)名シーン2

『私は、オプティマス・プライム。我々は「惑星サイバトロン」からやってきた金属生命体だ』〜オプティマス〜

 

多くの人が「トランスフォーマーの映像凄いわ!」となったシーンだと思います。ガチャガチャとやかましい音を立てながらトラックが「巨大ロボット」に変形する!

 

そのロボット=トランスフォーマー=オートボット司令官のオプティマスが、穏やかで正義感溢れ、礼儀正しく主人公の「サム」に自己紹介をしていくシーン。

 

作品の前半に登場していた、凶暴で粗暴な「ディセプティコン」達や和ませキャラの「バンブルビー」とは違って、明らかに雰囲気の違うやつが出てきた!となること必死です。

 

オプティマスの落ち着き払った丁寧な自己紹介シーンもいいシーンですが、何よりも変形シーンが素晴らしい!

 

オプティマスの変形は、明らかに他のトランスフォーマーと比べて「動く部品」が多い。一説によれば、その部品点数は「約2万パーツ」にも及ぶそうです。

 

ポイント

当然制作時間は膨大で、製作者達の努力の結晶とも言えるシーンです。(周りのオートボットメンバーも一緒に変形しているので、それも合わせて大変なシーン)

 

オプティマスやオートボットのメンバーの神秘的」とも言える、初の変形シーンだったこと、地球人『サム』と初めての会話が印象的だったので、名シーンに選びました。

 

なんか、あの変形シーンは「凄え!」というより「うおおぉぉ」という感覚で見ていたよ。じっくりと変形を見せていくのが堪らんわ

 

テーマ曲がバックで流れているのも大きいね。あとカメラアングルも!いろんな要素が合わさって名シーンになってるよ

 

オプティマスプライム:トランスフォーマー(2007)名シーン3

『だが人間にはいい面がある。自由は全ての生き物が持つべき権利だ』〜オプティマス〜

 

オプティマスと「オートボット」のメンバーが、バンブルビーの救出と「キューブ」を入手するための作戦会議をしている時に、オプティマスが自分の思想を語ったシーン。

 

※「キューブ」は、あらゆる機械を「金属生命体」に変えてしまうもの。作中でキューブのエネルギーによって、様々な機械が「凶暴な金属生命体」になっています

 

この一連のシーンは、全てがいいセリフなのですが、特に気に入ってる部分を抜粋して載せます。

 

オプティマスが司令官たる名台詞・名シーン

  • アイアンハイド:なぜ人間なんかのために戦う?原始的で、暴力的な種族のために。
  • オプティマス :我らもかつてそうだった。人間は幼い種族だ。まだ学ぶべきことは多い。だが人間にはいい面がある。自由は全ての生き物が持つべき権利だ。いざとなったら私が胸にキューブを受け止め、融合する。
  • ラチェット  :自殺行為だ!キューブの持つ力は大きい。双方とも破滅してしまう!
  • オプティマス :この星を救うためだ。覚悟はできている。人間を我々の過ちの犠牲にはできない。。。共に戦えたことを誇りに思う!・・・オートボット、出動!

 

・・・素晴らしい!オプティマスの信念や哲学が伝わってくるセリフの数々です。なんとなく「キャプテン・アメリカ」も言いそうなセリフでもあるところが面白い。

 

自分が始めた戦争ではないのに、全ての責任を請け負って自分もろとも「キューブ」を破壊しようと考えることができる高潔な精神の持ち主!さすがはオプティマス!

オプティマスの性格をまとめています→【オプティマスプライム】実写映画での性格や劇中での設定を紹介!

 

こりゃ一生ついていくわ〜。オプティマスの覚悟が伝わってくる最高のシーンよな!

 

「自由は全ての生き物が持つべき権利」というセリフは、師匠であり、先代の司令官だった「センチネル・プライム」の教えなんだよね。※三作目に登場します

 

オプティマスプライム:トランスフォーマー(2007)名シーン4

本作で唯一「エナジーソード」をオプティマスが使用したシーン。

 

後の作品では使用頻度の高いメインウェポンですが、本作の戦場は「市街地」で人間を巻きこむ可能性があったので、このシーンでしか使えなかったという裏話もあります。

 

オプティマスの圧倒的な強さを観客に見せつけたシーン。相手の「ボーンクラッシャー」は大柄なディセプティコンで、体格的にはオプティマスとほとんど変わらない。

 

にもかかわらず、そのボーンクラッシャーをほとんど「瞬殺」!二発のパンチで顔面を破壊、エナジーソードで顔面を真っ二つに切り裂く。。。強すぎ司令官でした。

オプティマスの強さをまとめてあります→オプティマスプライム:映画実写版の形態変化を解説!【最強司令官】

 

これほど強いのに、後に戦う「メガトロン」には大苦戦する。その演出も含めて、ボーンクラッシャーは犠牲になったわけです

 

パンチの威力が桁違いで、一発目に腹を殴った時には「ボーンクラッシャー」の眼球が飛び出していた。二発目で顔面陥没って感じよ

 

オプティマスは戦闘になると容赦ないからね。まあオートボット全員に言えることだけど。ディセプティコンのように「苦しませる」のではなく、速攻で片付けてしまう!

 

オプティマスプライム:トランスフォーマー(2007)名シーン5

ガチャガチャ、ウィーンギガゴゴ、ジャキン!・・・『メガトロン!』〜オプティマス〜

 

味方が劣勢の時に颯爽と現れるオプティマス。そしてトラックから変形し、メガトロンとの戦いが始まる!・・・

 

本作で最も時間をかけて作った変形シーンだと思われますが、変形のアングル・部品点数などの細かさが尋常ではありません。むしろ部品が細かすぎて目で追いきれない!

 

オプティマスは2万ものパーツが動いて変形していると言いましたが、この変形シーンではほぼ全部のパーツの移動が「カメラ内」に収められています!

 

度肝を抜く映像とは、まさにこのこと!圧巻の出来栄えで、とにかく格好良すぎる!盛り上がるテーマ曲とともにこんなシーン見せられたらたまったもんじゃないですよ。

 

何回見直したかわからないシーン。シリーズが進むにつれて「トランスフォーム(変形)」シーンは滑らかになっていきますが、いまだにこの変形シーンはシリーズでも「トップクラスの出来」だと思っています。

 

その変形シーンからの「メガトロン」戦に突入する流れ。拍手喝采!

 

メガトロン戦でも自分の考えを吐き出すシーンがあるし、その後もサムへの気遣いがあるシーンも多いけど、インパクトは断然こちらが上。何より「トランスフォーマー」に相応しい映像!

 

メガトロン戦以降のオプティマスは全部が「名シーン」になっちゃうから、紹介できなくても仕方ない。とにかくこの変形シーンは「一生に一度」は見て欲しい。そのレベルよ

 

オプティマスプライム:トランスフォーマー実写映画名シーン5選紹介 まとめ

 

以上、トランスフォーマー(2007)における「オプティマス・プライム」の名シーン5選でした。

 

管理人は、これまで何回かオプティマスの「性格」や「戦闘能力」を語ってきましたが、それだけではオプティマスを紹介しきれないと感じていたので、本記事のように「さらに細かい深掘り」ができてよかったです。

 

たった1作品の、しかもオプティマス一人に絞っても、これだけ好きなシーン(名シーン)を記事にできるわけですね。映画の力というものは凄い。

 

敵方のメガトロンなども結構喋るキャラであり「特大破壊」と頻繁な変形を行うので、彼もいずれ扱ってみようと思います。

 

それでは、良いトランスフォーマーライフを〜

 

メガトロンも解説中〜

【メガトロン】実写版トランスフォーマー最大の敵!シリーズでの変化は?

 

下記の記事を読めば「映画実写版トランスフォーマー」シリーズを理解できます↓

【トランスフォーマー】映画実写シリーズの全て【全ての設定を解説】

トランスフォーマーの映画実写版シリーズって、いろんな要素がぎっちり詰め込まれているので初見だとわかりにくい。本記事では、実写映画版シリーズの全ての要素を解説。目次として活用できます

続きを見る

 

-トランスフォーマー