" />

U-NEXT ターミネーター ネット回線

U-NEXTのステレオ音声を「ドルビーサラウンド」で視聴!

2021年9月30日

 

U-NEXTは「2.0chステレオ」で収録されている作品が多いけど、元の音質がいいから「ドルビーサラウンドモード」で再生するとド迫力になる作品もある

 

「ターミネーター:ニュー・フェイト」の音質が凄かったよね。2.0chステレオで収録されているのに、他の作品とは音響のレベルが違いすぎた。5.1ch並みの迫力だったわ

 

こんにちは、センチネルです。

 

「U-NEXT」のステレオ音声を「ドルビーサラウンド」モードで視聴した結果、5.1ch並みの音響になる作品が多く存在したので感想をシェアしていきます。

 

U-NEXTの「2.0chステレオ」音声はかなりの出来の良さ。そう感じた代表的な作品は「ターミネーター:ニュー・フェイト」

 

管理人が使っているAVアンプに搭載されている「ドルビーサラウンド」というモードで鑑賞したのですが、2.0chステレオだったものが「5.1ch」といい勝負する音響になりました。

 

ポイント

ドルビーサラウンドとは、ドルビーアトモスを再生できるシステムがあれば、2.0chステレオや5.1chサラウンドを「ドルビーアトモス」のような立体音響に変換してくれる音声技術。

 

5.1chはともかく、2.0chステレオでさえも「ドルビーアトモスのような立体音響」になるのは素晴らしい!個人的に「化け物」のような技術だと思っています。

 

ステレオが5.1ch以上になるって頭おかしい技術。つまりU-NEXTのすべての作品が「5.1ch以上の臨場感」になる可能性があるってことだよね

 

ドルビーアトモスが再生できるホームシアターを持っていないと、ドルビーサラウンドの効果は得られないけどね。ドルビーアトモスを再生できる環境なら「U-NEXTの全ての作品」がアトモスのような立体音響に拡張可能!

 

 

 

管理人はホームシアターに「fire TV stick」を接続してVODを楽しんでいます↓

 

ちなみに、スマートスピーカーの「echo studio」は、ドルビーサラウンドとはまた違った凄まじい音響を作り出してくれます。

 

また、VODを100%楽しむには「回線」が重要。その回線に関する「お得情報」はこちら。↓

>>VODを鑑賞するなら、Wi-Fiや回線は「最強」にしておくべき!

VODを鑑賞するなら、Wi-Fiや回線は「最強」にしておくべき!

VODを鑑賞するなら、Wi-Fiや回線は「最強」にしておくべきでしょう。回線が弱いと「画質・音質」共に低下してしまい、折角の素晴らしいVODサービスの恩恵を受けられなくなるからです

続きを見る

 

U-NEXTのステレオ音声「ターミネーター:ニュー・フェイト」を「ドルビーサラウンド」で視聴!

 

管理人がU-NEXTで視聴した「ターミネーター:ニュー・フェイト」は、ステレオ収録だよね?それをドルビーサラウンドで立体音響にした場合、どんなレベルの音響になる?

 

作品によっては「5.1ch」や「ドルビーアトモス」よりも自然な音の繋がり方の立体音響になるよ。臨場感はステレオのレベルではない!

 

※ドルビーサラウンドは5.1chの拡張なども余裕で対応しますが、本記事ではあくまでドルビーサラウンドで「2.0chステレオ」を再生した話で進めていきます。

 

ポイント

ドルビーサラウンドの立体音響で「ステレオ」を拡張した場合の臨場感は、基本的には5.1chの音響に比べると「音が薄い」傾向があります

 

ただ、今回視聴した「ニュー・フェイト」は、ステレオ音声を立体音響に「拡張した」音声にもかかわらず、下手な5.1ch収録作品に迫るほどの臨場感を生み出していました。

 

ドルビーサラウンドの拡張機能によって音の「空間が広く」なっているだけではなく、重々しい「重低音」も十分。

 

銃弾は左前のスピーカーから右後ろのスピーカーに流れていき、爆発音や水中での「上方向」の空間をしっかりと音で表現してくれていました。

 

「UHD Blu-ray」などで収録されているドルビーアトモス版の音響を知らずにいて、ドルビーサラウンドモードを大音量で流されれば、ドルビーアトモス版の音響だと信じそうなほど。

 

U-NEXTの音質や、ドルビーサラウンドの拡張技術。そして「ターミネーター:ニュー・フェイト」自体の音響が優れているという前提があって、この音響体験ができたのは事実

 

2.0chステレオ収録作品の拡張音声で、こんな感動的な音響を体験したのは初めてよ。ドルビーアトモスの環境があれば、作品自体は「ステレオ音声収録」で十分だと思えてくる

 

”緻密に作られたステレオは、下手な5.1chよりも遥かに感動的な音響体験ができる”というオーディオ界の格言があります。今回の試聴によって管理人にもその意味がわかりました。

 

U-NEXTのステレオ音声のすべての作品が「同じレベルの迫力」になるわけではない

 

「ターミネーター:ニュー・フェイト」の2.0chステレオ音声とドルビーサラウンドによって、5.1chに迫る音響体験ができたわけですが、すべての作品がこのレベルの音響になるわけではありません。

 

「ニュー・フェイト」の音響体験によって期待値が高まった管理人は、ターミネーターシリーズの他の作品も同じ「2.0chステレオ+ドルビーサラウンド」の条件で視聴しました。

 

 

結果は、どの作品もかなり迫力あるものの、「ニュー・フェイト」ほどの化け物サウンドにはならなかったというイメージ。

 

シリーズの4と5は最近の作品なので迫力があります。ただ、映像的にド派手な3が音響的にはイマイチ

 

盲点だったのが2!音重い!映像に頼りすぎない分、音響を分厚くしたようなイメージでした。

 

U-NEXTには「21万本以上」の見放題作品があって、流石に全部見るには不可能!多くの人の「ドルビーサラウンド」で視聴した感想をシェアしたいくらいだよ

 

ステレオだろうと「ダークナイト」は完全な化け物音響だったわ。イメージは「収録方法が違う、違うパターンの5.1ch」って感じ。あの作品はどんな音声仕様だろうと怪物だな

 

U-NEXTのステレオ音声を「ドルビーサラウンド」で視聴! まとめ

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

 

ステレオ+ドルビーサラウンド=最強

  • U-NEXTの「ターミネーター:ニュー・フェイト」はステレオ収録の作品
  • すべての作品が「ニュー・フェイト」級のド迫力になるわけではない

 

本記事の内容は、特に「ドルビーアトモス」の視聴環境がある人にとって、朗報になったと思います。

 

U-NEXTはステレオで収録されてる作品が多いから「ホームシアター」で楽しむには微妙。。。

 

そんなイメージを持っていても、本記事の「ステレオ+ドルビーサラウンド」で視聴する方法があるので、視聴してみる意義は大きいです。

 

たとえステレオ収録でも、無料で見れる「21万本もの作品」がドルビーアトモス風のサラウンドになる。これは毎日U-NEXTにへばりつくしかない!

 

管理人が使っているリーズナブルなAVアンプ!・・・の後継機です↓

>デノン Denon AVR-X1600H AVサラウンドレシーバー 7.2ch

管理人は下記のfireTV stickをホームシアターに繋いでU-NEXTを視聴しています↓

>Fire TV Stick (第3世代)

 

 

 

U-NEXTの登録方法と退会方法はこちらで解説しています

 

VODを存分に楽しむための「回線情報」紹介!

VODを100%楽しむには「回線」が重要。その回線に関する「お得情報」はこちら。↓

>>VODを鑑賞するなら、Wi-Fiや回線は「最強」にしておくべき!

VODを鑑賞するなら、Wi-Fiや回線は「最強」にしておくべき!

VODを鑑賞するなら、Wi-Fiや回線は「最強」にしておくべきでしょう。回線が弱いと「画質・音質」共に低下してしまい、折角の素晴らしいVODサービスの恩恵を受けられなくなるからです

続きを見る

 

ではでは〜

 

スポンサーリンク

-U-NEXT, ターミネーター, ネット回線