" />

Amazon

Amazonの配送料を「無料」にする方法3つ紹介【おまけもあり】

2022年1月1日

 

Amazonでよく商品を買うんだけどさ、あれって配送料結構高いよね。配送料が無料になる「裏技」みたいなものってないかな?

 

こんにちは、センチネルです。本記事では上記の疑問を解決します。

 

本記事の内容

  • Amazonの「配送料」を無料にする方法を3つ紹介
  • 学生専用の「おまけの方法」も紹介

 

本記事を書いている管理人はAmazonを15年以上利用しています。以前は「配送料が高い」ことに悩まされてきました

 

結論から言うと、Amazonの配送料を無料にする方法は以下の3つ。

 

配送料は払うべからず

  • 複数の品物を「まとめて」購入し、2,000円を超えるようにする
  • 書籍と一緒に商品を購入する
  • Amazonプライム会員になる

 

それぞれ解説していきます。

 

Amazonといえばネットショッピングの「帝王」。ほとんどの商品はAmazonで買うことができる。それこそ「宝石」から「備品」まで何でも揃ってる

 

管理人は昔からAmazonをよく利用しているけど、配送料が高い問題は無視できない。本記事では配送料を「無料」にできる方法をきっちり伝えるよ

 

無料にする方法の前に、Amazonの「各種配送料」を紹介

 

Amazonの配送料を無料にする方法の前に、Amazonの各種配送料を伝えます。

 

まず、基本料金↓

  • 「本州・四国」では410円
  • 「北海道・九州・沖縄・離島」では450円

 

この時点で結構利用料金が高く感じると思います。この「基本配送料」だけで、今までの買い物の総額「数万円」いく人もいるでしょう。

 

そして、基本料金での配送の場合、注文から配送まで3〜7日くらいかかることがほとんどです。

 

続いて「お急ぎ便」を使った場合の料金↓(お急ぎ便は、早ければ翌日には商品が手元に届くサービス)

  • 「本州・四国」では510円
  • 「北海道・九州・沖縄・離島」では550円

 

お急ぎ便の料金は、基本料金より100円ほどアップしていますね。

 

お急ぎ便での配送の場合、注文から配送まで1〜3日くらいで済むことがほとんど。

 

また、お届け日時指定便というサービスもありますが、これはお急ぎ便と同じ金額で利用することができます。

 

さらに「本州」限定ですが、お急ぎ便よりもさらに高速で商品が届く「当日お届け日時指定便」というサービスもあり、こちらはお急ぎ便より配送料が100円上乗せの「610円」で利用可能。

※本州限定なので、日本全国に対応しているわけではない

 

以上がAmazonの各種配送料の金額でした。

 

・・・管理人は一時期、特に何も考えずに「お急ぎ便(510円)」を結構使っていたので、計算するのも恐ろしい「配送料の合計金額」になっていたと思います。

 

配送料がかかるのは仕方ないにしても「お急ぎ便」などの利用は慎重に考えよう。通常便と「100円」の差だけど、チリも積もれば何とやら・・・だよ

 

配送日を1週間短縮したいだけで100円払うなんて馬鹿らしいぞ

 

Amazonの配送料を「無料」にする方法1:注文商品は「2,000円」を超えるようにする

 

Amazonの配送料を無料にする方法ですが、基本的には購入商品の金額が「2,000円」を超えるように買い物をしましょう。

 

というのも、Amazonは「商品の金額」が2,000円を超えると配送料が「無料になる」仕組みになっているからです。

 

下の画像を見てください↓

 

この画像はAmazon公式のもので、商品の「注文金額」が2,000円以上だと「どこであろうと」配送料が無料になるとありますね。

※本州・四国・北海道・九州・沖縄・離島すべて配送料無料になっている

 

ちなみに「合計金額」と書いてありますが、1つの商品単体でも2,000円を超えていれば配送料はかかりません。

 

ただ、商品によっては2,000円に届かないものもあると思います。

 

その場合は、商品を一度に「複数購入」して2,000円を超えるようにコントロールすればOK!

 

注意すべき点として「配送料込み」での合計金額が2,000円以上になったとしても、はみ出た分の配送料分の料金が無料になることはありません

 

例を挙げると、注文商品が1,800円。配送料を合わせると2210円だったとします。

 

この場合は配送料込みの金額は2,000円を超えていますが、「注文商品自体」が2,000円未満なので、配送料が無料にはなりません。

 

あくまで、「注文商品自体」の合計金額が2,000円を超えている必要があるということですね。

 

ということで、Amazonの配送料を無料にする1つ目の方法は「注文商品」の合計金額が2,000円を超えるようにすることです。

 

以前は、注文商品の合計金額2,000円以上で「配送料無料」のシステムはなかったんだけどね

 

ユーザーは2,000円を超えるために色々追加注文をする必要があるから、Amazon側にも結構メリットがある

 

Amazonの配送料を「無料」にする方法2:書籍と一緒に商品を購入する

 

実は、Amazonは「書籍」を買うと配送料が無料になるという特徴があります。

 

これも以前にはなかったシステムですが、電子書籍が流行っているから作られたシステムなのでしょう。

 

ただでさえ電子書籍よりも高額になる「紙の本」で「送料」まで取ったら、誰も紙の本なんか買わなくなってしまいますからね。

 

ちょっと脱線しますが「Amazonデバイス」で電子書籍を読める端末(電子書籍リーダー)は下記のものがあります↓

 

Kindle」はほとんど電子書籍専門のデバイスで、「FIRE タブレット」は性能の良い安価なタブレット端末。

 

面白いのが「echo」シリーズ。これは、内蔵されたAIの「アレクサ」が本の内容を読み上げてくれるのです

※ただし、読み上げ機能をフル活用するにはAmazonプライム会員に加入している必要がある

 

話を戻しますが、Amazonの配送料は「書籍」を購入することで無料にすることができます。

 

まあ書籍と他の製品を同時に購入すれば、商品の合計金額が「2,000円」は確実に超えると思うので、その時点で「送料無料の金額」になっていますが(^◇^;)

 

Amazonの配送料を「無料」にする方法3:Amazonプライム会員になる

 

Amazonの配送料を無料にするには、結局「Amazonプライム会員になる」のが一番手っ取り早くて簡単。

 

会員になると「配送料」は完全無料になり、追加料金なしで「翌日配送」や「お届け日時の指定」ができるようになります。

 

そしてAmazonプライム会員になると、配送料以外にもさまざまなメリットやAmazonのサービスが受けられるようになるので、はっきり言ってプライム会員でいないのは「損」することも多い!

 

多くのミニマリスト・家計管理にうるさい人・YouTuberが口を揃えて「プライム会員になっておかないと逆に損する」と言っています。それだけ入会するメリットが大きいサービス

 

下記の記事で管理人がプライム会員になって「特に得した3つのこと」を細かく解説しています↓

 

上記の記事でも「しつこいほど」触れていますが、プライム会員は月額たったの「500円」で済みます。

 

ということは・・・Amazonの「お急ぎ便」を一回使うよりも、プライム会員で払う月額費用の方が安いわけですね。

※月額費用「500円」。お急ぎ便「510円」でしたね

 

Amazonの通常便の配送料が410円なので、通常便を月に2回でも使うと、もうプライム会員の月額費用500円を超えてしまう

 

なので月に2回前後Amazonショッピングを利用する人は、プライム会員にならないと逆にデメリットが大きくなります。

 

Amazonプライム会員になるのも非常に簡単です。「配送料無料」を含めた多くのメリットを受け取って生活を充実させましょう。

>>Amazonプライム無料体験に登録 

 

以上の理由から、Amazonの配送料を無料にするには「Amazonプライム会員になる」のが手っ取り早くて簡単なのです。

 

実は管理人も「配送料を無料にする」ためにプライム会員になったんだけど、配送料無料以外の恩恵も大きく、今や日常で利用しまくってる

 

映画見放題本・漫画読み放題音楽聴き放題サービスもあるしね。Amazonでショッピングをしない場合でも入っていて損はないサービスだよ

 

Amazonの配送料を「無料」にする方法おまけ:Prime Studentを使う

 

Amazonの配送料を「無料にする」方法のおまけとして、「prime student」を使う方法があります。

 

このprime studentとは、「学生割引」のこと。

 

学生割引と言っても、プライム会員の「劣化版」などではなく、受けれるサービスはプライム会員とほとんど同じ。当然プライム会員と同じように「配送料は無料」にできます。

 

当然学生しか使うことができませんが、このprime studentはただの学生割引ではなく、プライム会員と同じサービスを受けつつもプライム会員よりもはるかに低価格で利用できます。

 

そしてprime studentの月額料金は、たったの250円!

 

さらに、通常のプライム会員では「お試し期間」が1ヶ月(30日間)まででしたが、prime studentではお試し期間が6ヶ月(180日間)になっています。

 

その6ヶ月のお試し期間中は、どんな特典・サービスを使っても料金は無料!

 

配送料無料・映画見放題・音楽聴き放題などのサービス「全部」6ヶ月間は無料なんですよ?凄すぎて意味がわからない。

 

 

しかも、6ヶ月間であればいつでも簡単に「退会」できるので、使い倒すほど使って、期限が近づいたら退会しちゃうのも全然あり。

 

Amazon公式サイトの方ではもっと詳しく内容が記載されているので、この機会に読んでみましょう!

月額250円でプライム会員になれるのであれば、お父さんお母さんも子供さんのprime studentに乗っかってしまえば良いのでは。。。?自分が会員でなくてもお子さんに注文してもらえば良いわけですし・・・

ああ。管理人のただのぼやきですよ( ^ω^ )

 

以上、おまけ的な紹介でしたが、Amazonの配送料を「無料にする」方法として、「prime student」を使う方法があるという話でした。

おまけで紹介したprime studentが一番コスパ良かったですが・・・

>今すぐ6ヶ月間のprime student無料体験をする!

 

ただでさえ月額500円という「破格のコスパの良さ」だったプライム会員の、さらに半額(250円)で利用できる。。家計に優しすぎ!

 

注意点として「卒業」した場合は、通常の「プライム会員」になるってことかな。まあ、それでも月額500円しかかからんのだが。。。

 

Amazonの配送料を「無料」にする方法3つ紹介【おまけもあり】:まとめ

 

最後に、本記事の内容「Amazonの配送料を「無料」にする方法3つ」をまとめます。

 

本記事の内容

  • Amazonの配送料を「無料」にする方法を3つと、おまけの方法を紹介
  • 無料にする方法その1:注文商品は2,000円を超えるようにする
  • 無料にする方法その2:書籍と一緒に商品を購入する
  • 無料にする方法その3:Amazonプライムに加入する
  • おまけ:学生であればprime studentを利用する

 

でした。

 

むしろAmazonプライムには入らないと損することが多いので、気になる場合、まずはお試しを。

 

「Amazonプライム会員」は、今なら30日間の無料体験ができます。

>>Amazonプライム無料体験に登録 

※30日間の無料トライアル中で解約しても料金はかかりません。

 

無駄な出費を抑えて豊かなAmazonライフを送りましょう!

 

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

senntineru2000

当ブログを通して開業しています。 当ブログのメイン記事1:自宅筋トレ。メイン記事2:お手頃ホームシアター。あまりお金をかけずに「理想の体」と「理想のホームシアター」を作るのを手伝います。

メイン記事

1

ベンチプレス、スクワット、デッドリフトの「筋トレビッグ3」って自宅でできる?もしできるのであれば、どんな「筋トレ器具」が必要になる?最低限必要なものを知りたい!←この疑問に答えます

2

ホームシアターの初心者向けに、普段使っているホームシアタールームの全容と、必要になった機材・金額を公開。また、基本的なホームシアターを構築するための機材と、その理由も徹底解説します

3

Amazonの買い物は定価よりも安い商品が多いし、「プライム会員」でいろんな商品をもっとやすく買えるけど、それよりもさらに安く、お得に買える方法あるかな?←こういった疑問に答えます

-Amazon