" />

ストリーミングサービス(VOD)

FireTV Stick:画質が向上する設定を紹介【色深度変更】

2021年10月23日

 

基本的にFireTV Stickを使ってVOD(ストリーミングサービス)をみてるんだけどさ、なんか画質が薄いというか「淡い」感じがする。画質もっと良くできないかな?

 

それ多分FireTV Stickの「初期設定」で使ってないかい?初期設定だと薄い(淡い)色合いになっちゃうけど、本記事で紹介する設定ならVODでも、くっきり綺麗に映るようになるよ

 

こんにちは、センチネルです。本記事では「FireTV Stick」の画質を向上させてVODを快適に観るための設定方法と、+αで細かな画質向上に関する設定を紹介します。

 

本記事の内容

  • FireTV Stickの画質の変更方法を紹介
  • +αで画質が向上する設定を紹介

 

本記事のメインの内容は、FireTV Stickの「色深度」の設定を変更して、画質を向上させる方法を紹介。

 

「色深度の変更」というのはめちゃくちゃ噛み砕いていうと、「色の数(段階)」を増やして濃い色から薄い色までを「滑らかに表示させる」ようにするというもの。

 

色深度を変更しないでVODを視聴すると「色の数」が少ないので、色の表現力が足りなくなる他「段階的」に色が映し出されてしまい「薄く・メリハリのない映像」で表示されてしまいます。

※色が段階的に表示されるというのは、薄い色と濃い色が「階段」のように「段々になって表示される」ということ

 

注意

  • 使っているテレビによっては、本記事で解説する内容が適用されない可能性もあります

 

VODサービス自体が「色が薄い・淡い・メリハリがない」ものだと思っていて、それが当たり前だと思っていたわ。実際は再生する機器(FireTV Stick)の設定に問題があったってことか!

 

そう。管理人も機器側の設定変更で「画質が格段に向上する」ってことを先日まで知らなかった。VODでも設定次第では、冗談抜きで「Blu-ray」クラスの画質が実現できるぞ

 

「fireTV stick」の4k対応版。4k対応で、通常版と2千円の差額。4kテレビがあるなら断然こっちがオススメ↓

 

FireTV Stick:画質が向上する設定の変更方法

 

ここで、FireTV Stickの色深度の変更方法を、画像付きで紹介します。

 

2もかからないで設定変更を完了できると思いますので、ぜひ真似してください。

 

まず、設定画面に行きます。

 

続いて「ディスプレイとサウンド」を選択します。

 

ディスプレイとサウンドの中の「ディスプレイ」を選択します。

 

次に「ディスプレイ」の中の上から3段目の「色深度」を選択します。

※管理人は設定してあるので、ここでは「最大12ビット」と表示されています。

 

色深度の中の「最大12ビット」にチェックを入れます。

※自分で設定変更していなかれば、最初は8ビットの設定になっていると思います。

 

以上で色深度の設定の変更は終わりです。各手順を下の表にまとめます。

 

色深度設定の変更手順まとめ

  1. 設定画面に行きます
  2. 続いて「ディスプレイとサウンド」を選択します
  3. ディスプレイとサウンドの中の「ディスプレイ」を選択します
  4. 次に「ディスプレイ」の中の上から3段目の「色深度」を選択します
  5. 色深度の中の「最大12ビット」にチェックを入れます

 

以上が本記事のメインである「色深度の設定変更」となります。

 

時間にして2分もかからないと思いますが、こんな簡単な手順で、驚くほど画質が向上したのが実感できるかと思います。

 

本当にめっちゃ楽に設定できるなあ。「VODの画質は良くない」と感じていたら、この設定方法を試してみよう!最近のテレビであればこの設定は対応してるはずだよ

 

この設定で「色の数」が増えるから、非常に滑らかでくっきり見えるようになる。「8ビット」などの時にみられた、色の淡さや色が段階的に表示される問題は解決される!

 

さらに細かくFireTV Stickの設定を変更し、画質を向上させよう

 

管理人は色深度の設定以外にも、ディスプレイに関する細かな設定を変更してVODを楽しんでいます。

 

管理人が設定している内容は以下の通りです。

 

FireTV Stickの画質設定は上の画像に表示されている内容しかないので、上の画像の内容で完結できます。

 

管理人が設定している項目

  • ビデオ解像度       :自動
  • オリジナルのフレームレート:オン
  • 色深度          :最大12ビット
  • カラーフォーマット    :YCbCr
  • キャリブレーション    :スケールなし
  • ダイナミックレンジの設定 :常にHDR

 

これらの設定の中で、管理人が特に重要だと思っている設定は「ダイナミックレンジの設定」ですね。その他の設定は「オン」か「自動」にしていけば問題ないです。

 

HDRに対応したテレビに接続していれば、ダイナミックレンジの設定を「常にHDR」にしておくことで、明るいところと暗いところの色の差が反映されて眩いばかりの高画質に変貌します。

この設定の「fireTV stick」で見るiTunes配信の映画は目の覚める高画質→iTunesの映画はストリーミングサービス(VOD)で最強のコスパ!

 

注意

HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応しているテレビのみ、この設定が効果を発揮。対応していなければ、特に画質に変化はありません

※持っているテレビの説明書等に「HDR」と書いてあると思いますので、効果を感じられなかったらみてみてください

 

この項目の設定に関しては、持っているテレビによって効果が違う可能性が高い。どんな設定を試してもFireTV Stickが壊れることはないから、いろんなパターンを試してみよう!

 

FireTV Stick:画質設定の変更方法紹介【色深度で画質向上!】 まとめ

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

 

本記事で紹介したFireTV Stickの設定変更いろいろ

  • FireTV Stickの画質の変更方法を紹介
  • +αで画質が向上する設定を紹介

 

初期設定でも、FireTV StickでVODの様々なサービスが見れないことはないのですが、ベストパフォーマンスで見るに越したことないですよね。

「fireTV stick」でU-NEXTを楽しんでいる人に朗報→U-NEXTは設定を変更すれば「サラウンド音声」を楽しめる!

 

FireTV Stickは、少なくとも「5千円前後」する買い物です。さらに画質を向上させて、VODライフを有意義で満足するのもにしていきましょう。ではでは〜

 

「fireTV stick」の4k対応版。4k対応で、通常版と2千円の差額。4kテレビがあるなら断然こっちがオススメ↓

最強スペックなのに超安い「fire TV CUBE」↓

Amazonで最高評価のカバーです↓

スタンド型のアダプター↓

 

結局シアタールームで映画を見るのが最強。好きな場所で好きなように見れるので、正直映画館よりもおすすめ。

登録無料でシアタールームの施工相談に応えてくれます>シアタールーム施工の相談はこちら

 

ヲカライダー氏の「ホームシアター」は凄かった!

ヲカライダー氏のガレージハウスに登場した「ホームシアター」紹介

モトブロガーの「ヲカライダー氏」のガレージハウスで紹介された「ホームシアター」の環境を語ります。「ドルビーアトモス」レイアウトの参考にもなるホームシアターでした。その詳細を解説!

続きを見る

 

読むべきストリーミングサービス記事はこちら↓

iTunesの映画はストリーミングサービス(VOD)で最強のコスパ

iTunesの映画はストリーミングサービスで最強のコスパ。iTunesで販売している多くの映画は、映像・音声共に最強品質。字幕・吹き替えの切り替え自由、平均2時間の映像特典も見放題

続きを見る

U-NEXTのステレオ音声を「ドルビーサラウンド」で視聴!

U-NEXTのステレオ音声を「ドルビーサラウンド」で視聴!2.0chステレオ収録でも、数万作品がドルビーアトモス風のサラウンドになる。これは毎日U-NEXTにへばりつくしかない!

続きを見る

U-NEXTの「ドルビーアトモス」対応作品を再生!【VODも凄い】

ストリーミングサービス(VOD)である「U-NEXT」のドルビーアトモス収録作品の「音響や音質レベル」がとても高いことを紹介。ストリーミングサービスでこの音響を実現できるとは驚き!

続きを見る

ストリーミングサービス(VOD)の音質をホームシアターで試す!

本記事ではAmazonプライムやU-NEXTなどの”ストリーミングサービス”の音質を紹介。一言でまとめるとこの音質はもうBlu-rayでは?といったところ。各サービスの音質を解説!

続きを見る

映画ストリーミングサービス(VOD)の圧倒的「デメリット」は5つ

映画ストリーミングサービス(VOD)の圧倒的「デメリット」は5つ。本記事では「独自目線」で解説しますが、ホームシアター好きや、「特典映像好き」にはおおむね同意してもらえる内容です。

続きを見る

 

管理人の視聴環境はこちら↓

ホームシアター費用を全て公開!必要な機材リスト付き【初心者向け】

ホームシアターの初心者向けに、普段使っているホームシアタールームの全容と、必要になった機材・金額を公開。また、基本的なホームシアターを構築するための機材と、その理由も徹底解説します

続きを見る

 

-ストリーミングサービス(VOD)