" />

ホームシアター機材

サウンドバーおすすめランキングトップ3【ドルビーアトモスに対応】

2022年4月21日

 

こんにちは、センチネル(@senntineru20001)です。

 

ホームシアターには憧れますが、正直言って「置き場所」や「価格」がネックになってなかなかゲットしにくいですよね。

 

そんな時、テレビの前に「置くだけ」のサウンドバーが役に立ちます。

 

最近のサウンドバーは、立体音響技術「ドルビーアトモス」や「DTS-X」にも対応した製品が出ています

 

しかし、ドルビーアトモスなどに対応したサウンドバーは通常のサウンドバーに比べて機能が豊富なので、どうしても「価格」が上昇しがち。

 

今回は、高価格になりがちな「ドルビーアトモス対応サウンドバー」の中でも、コスパがいいおすすめの製品を「3つ」紹介していきます。

 

※本記事で紹介している「ドルビーアトモス対応サウンドバー」は、2022年4月の情報です。記事を読むタイミングによっては、製品が品切れになっている可能性もあります。

 

最も売れている「2万円前後」のサウンドバーはこちら。

>>【2万円前後】サウンドバーおすすめランキングトップ3【簡単設置】

 

スポンサーリンク

サウンドバーおすすめランキングトップ3【ドルビーアトモスに対応】

第1位:Polk ポークオーディオ サウンドバー Dolby Atmos対応 SIGNA/S4

 

  • Amazon評価で5点満点!記事執筆時点での価格は49,818円。品数もかなりあり、日本メーカーのものよりもはるかに入手しやすい

 

  • 高音域、中音域、低音域どれをとっても圧倒的なほど「音のバランス」がいい。出来がいい。良すぎる

 

  • コスパ最強。この価格帯では間違いなくNo. 1の性能の製品。Amazonでの評判も圧倒的。サウンドバーでここまで評判がいいのはみたことがない

 

以下本製品のメーカー公式ホームページ

https://jp.polkaudio.com/ja-jp/shop/polkaudio-soundbars/signas4

 

以下メーカーの説明の要約

  • Dolby Atmos対応の 3.1.2ch ドライバーアレイ。ワイヤレスサブウーファー同梱
  • Voice AdjustTM機能ムービーモード&ミュージックモード
  • サウンドバー:1,046×60×95mm サブウーファー:200×328×280mm
  • Bluetooth 対応Dolby Atmosに対応する3.1.2chドライバーアレイを搭載したスリムなサウンドバーとワイヤレスサブウーファーで部屋いっぱいに広がる臨場感豊かな3Dサウンドをお届けする

 

サウンドバーもここまできたかと思わせるレベルのもの。5.1chからの「グレードダウン」に使っていて、でも満足できている人多数

 

サブウーファーはワイヤレスなので、置き場所にも困らない

 

第2位:ソニー サウンドバー HT-X8500

 

  • Amazon評価で4.5点!記事執筆時点での価格は48,000円。まだまだ在庫が豊富

 

  • ソニーの音響技術盛りだくさんで、非常に多機能。Bluetoothスピーカーとしても使用できる。機能・音質を踏まえるとコスパは高い!

 

  • フロントスピーカーだけで「サラウンド」ができ、その実現にHRTF(頭部伝達関数)という、疑似的に脳味噌が立体音響として聴こえるようにする「謎技術」を搭載

 

以下本製品のメーカー公式ホームページ

https://www.sony.jp/home-theater/products/HT-X8500/

 

以下メーカーの説明の要約

  • ソニー独自のバーチャルサラウンド技術により、バースピーカー1本で3次元の立体音響を楽しめる、デュアルサブウーハー内蔵のサウンドバー
  • 従来のチャンネルベースに音の位置情報や移動情報(オブジェクト情報)を加えた、最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X」に対応
  • Bluetooth対応により、スマートフォン、PCなど、Bluetooth対応のオーディオ機器に保存されたさまざまな音楽をワイヤレスで楽しめる

 

さすがはソニー製品。技術満載でバランスがいい!サイズも90cm未満だから、テレビラックにすっぽり収まる

 

あまり音量を上げられない、マンションやアパートに住んでいる場合の「最適解の製品」と言えるよ

 

第3位:Sonos ソノス Arc アーク Soundbar サウンドバー  ARCG1JP1BLK

 

  • Amazon評価で4.5点!本記事で紹介する製品では最も価格が高く、記事執筆時点での値段は118,000円(定価は129,000円)

 

  • 高価格ではあるものの、アメリカでは売上No. 1のサウンドバー。下手なホームシアターセットを上回る音質がある

 

  • 先進機能が盛りだくさん。音質もサウンドバーの中ではトップランクであり、総合的なコスパは非常に高い!

 

以下本製品のメーカー公式ホームページ

https://www.sonos.com/ja-jp/shop/arc

 

以下メーカーの説明の要約

  • Dolby Atmos対応サウンドバー。人の声が協調されるよう微調整されているので、より一層ストーリーに集中することができる
  • テレビを見ていないときはアプリからストリーミングサービスを楽しめる。Amazon Alexa搭載でハンズフリーで操作も可能
  • 壁への取り付けや家具の上に設置することもできるスリムなデザイン。リヤスピーカーやサブウーファーを追加することもできる

 

日本ではまだ若干マイナーなメーカーの製品だけど、アメリカでの売上はNo. 1。知れ渡ったらすぐに普及するメーカーだと思ってるよ

 

性能面では、2位のサウンドバーを余裕で超える。価格がネックなだけだね

 

【まとめ】

 

立体音響「ドルビーアトモス」を満足いくレベルで鳴らしてくれるサウンドバーは、実はそこまで多く販売されていません。

 

本記事で紹介した3つの製品は、どれも5万円前後以上の高価格なサウンドバーですが、それでも性能に対しての「コスパの良さ」は圧倒的です。

 

むしろサウンドバー一本で、並のホームシアターに匹敵するサウンドを鳴らしてくれるものばかり。

 

そう考えればリーズナブルですよね。

 

 

  • 1推しは、5.1chのホームシアターを使っている人でも満足でき、品数も多い「Polk ポークオーディオ サウンドバー Dolby Atmos対応 SIGNA/S4」

 

  • 2位は、さまざまな「オリジナル技術」を内蔵していて、サウンドバーとしての性能がそつなくまとまっている「ソニー サウンドバー HT-X8500」

 

  • 3位は、高価格であるものの圧倒的な性能を持っていて、アメリカで売上No. 1の「Sonos ソノス Arc アーク Soundbar サウンドバー  ARCG1JP1BLK」

 

最も売れている「2万円前後」のサウンドバーはこちら。

>>【2万円前後】サウンドバーおすすめランキングトップ3【簡単設置】

 

ホームシアターに必要なものを紹介

ホームシアター費用を全て公開!必要な機材リスト付き【初心者向け】

ホームシアターの初心者向けに、普段使っているホームシアタールームの全容と、必要になった機材・金額を公開。また、基本的なホームシアターを構築するための機材と、その理由も徹底解説します

続きを見る

 

使わなくなった「ホームシアター・オーディオ」は、高額で買い取ってもらおう!

【処分の前に】ホームシアターやオーディオは「高額買取」依頼しよう

ホームシアターやオーディオをやってると「使わない機材」が増えていく。結構かさばるから早めに何とかしたいけど、いい処分の方法ないかな?←買取サービスを使って高額で買い取ってもらおう!

続きを見る

 

スポンサーリンク

-ホームシアター機材