" />

製品レビュー

「FITBOX LITE」の特徴や効果を10個レビュー【ブログ用の購入】

2022年8月7日

 

「FITBOX LITE」を購入しようと考えてるけど、実際の使用感とかはどんな感じなんかな?見たところ「液晶メーター」とかがないから使い勝手が気になってね

 

こんにちは、センチネルです。本記事では、上記の疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • 「FITBOX LITE」を実際に使用しての感想・特徴・効果を10個レビュー

 

本記事を書いている管理人は、家でできる筋トレ歴7年ほど。有酸素運動は「FITBOX LITE」を使って行っています

 

結論から言うと、「FITBOX LITE」はコスパと静音性に優れたスピンバイクで、スピンバイクが欲しい人全員におすすめできる製品です。

 

本記事では、「FITBOX LITE」を数ヶ月間使用してきた管理人が感じた、「特徴・メリット・デメリット」をレビューしていきます。本製品が気になっているのなら、参考になりますよ。

 

いいところ、悪いところひっくるめて正確にレビューしていく

 

スピンバイク「そのものの特徴」は、以下の記事を参考にしてください。

>>【室内】有酸素運動を静かに行う「最強のおすすめマシン」はこれだ!

 

現在「FITBOX LITE」は、Amazonの売れ筋ランキングに乗っている人気商品です

 

ちなみに本製品をAmazonから購入すると、「1,000円分のAmazonギフト券」がプレゼントされますよ。

 

管理人は以下のものを摂取して筋肉作りをしています。※プロテインは気分によって味やメーカーを変えている

 

「FITBOX LITE」の特徴をレビュー

 

「FITBOX LITE」の、メリットやデメリットを含めた特徴を紹介していきますが、メリットもデメリットも「表裏一体」なので、まとめて「特徴」として紹介していきます。

 

「FITBOX LITE」の特徴は以下の通り

  • 「FITBOX」よりも低価格
  • 幅広く調整できるものの、身長180cm前後からはキツくなってくる
  • 人によってはお尻が痛む
  • 「エクササイズモニター」が無い
  • スマホ・タブレット置きが付属する
  • 圧倒的な静音性
  • 負荷は8段階で調整できる
  • 外観がおしゃれで、所有欲も満たせる
  • 本体は意外と軽く、移動もしやすい
  • 組み立ては簡単

 

それぞれの特徴を解説していきます。

 

「FITBOX LITE」は「FITBOX」よりも低価格

 

「FITBOX LITE」の値段は、Amazonの通常価格で34,800円。

 

ただ、Amazonは時期によって「5,000円引きのクーポン」が発行されていたり、「ポイント」や「ギフト券」の割引を使うことができるので、最終的に買える値段は通常価格よりも安い場合が多いです。

 

Amazonでお得に買い物をする方法は以下でまとめています。

Amazonで「最もお得に買い物をする」方法を紹介【ポイ活重要】

 

そして、「FITBOX LITE」の通常価格34,800円というのは、上位モデルに当たる「FITBOX(54,800円)」よりも2万円も安い。

 

それでいて「体を鍛える」や「有酸素運動をする」といった重要な機能は「FITBOX」と全く変わらないので、運動目当てに購入する場合は「FITBOX LITE」が圧倒的にコスパがいいです。

 

運動以外の多くの機能を求めるなら、上位モデルの「FITBOX」をゲットしましょう。

 

「FITBOX LITE」自体が、上位モデルよりも低価格なのもあるけど、Amazonのシステムのおかげでさらに安く買えるのも大きいよね

 

「FITBOX LITE」は幅広く調整できるものの、身長180cm前後からはキツくなってくる

 

「FITBOX LITE」は上記の画像のように、何段階ものサイズ調整ができるので、日本人の平均的な体格の人であれば窮屈に感じません。

 

とはいえ、身長180cm近くの場合、大きさ的に若干窮屈に感じられることが予想されます。

 

管理人の身長は174cmですが、サドルーペダル間の高さは「7段階(82cm)」の設定にしていて、ハンドル高さは「5段階(95cm)」の設定にしている

 

この設定で、快適に漕ぐことができていますが、、、178〜180cmからは窮屈になってくるでしょうね。足を伸ばしきれなかったり、膝と肘が当たることも考えられます。

※骨格や手の置き場所、その他の調整次第ですが

 

逆に管理人よりも身長が低ければ、ほとんど窮屈に感じることはないでしょう。

 

なので「FITBOX LITE」は、175cm未満の身長であれば、とても快適に使えるスピンバイクであるといえます。

 

というか、背の高い人はスピンバイクやエアロバイクよりも、「ルームランナー」とかの方が向いてる。身長に合わせた調整もいらないし

 

 

「FITBOX LITE」は人によってはお尻が痛む

 

「FITBOX LITE」は、サドルが競技用自転車のように尖っているので、人によってはお尻が痛くなりがちです。まあこれは、「FITBOX LITE」に限らず、スピンバイクという製品全体に言えるものですが、、、

 

実際、Amazonレビューでも「けつが痛い」との声が多数ある

 

管理人も、20分くらい連続使用していてお尻が痛くなったので、一時期「分厚いタオル」などをサドルに敷いてやり過ごしましたが、、、結局は以下の製品に頼りました。

 

この製品は「サドルそのものを交換するもの」ではないので、装着も簡単。お尻の痛みが不安なら、本体と一緒に導入しましょう。

※肉厚の製品を選べば足を伸ばせるようになるので、身長が高い場合でも窮屈にならない効果もある!

 

お尻痛いのは格好辛い。というか男性であれば「股間の前面」がかなりキツくなるのよ。「FITBOX LITE」の弱点の1つだね

 

「FITBOX LITE」には「エクササイズモニター」が無い

 

「FITBOX LITE」には、上位モデルや同価格帯のスピンバイクに備わっている「エクササイズモニター」は搭載されていません。

 

なので「FITBOX LITE」単体では、運動中の体の状態を詳しく知ることはできません。

 

ただ、エクササイズモニターを有効活用するには「センサー」に触れている必要があるため、正確なデータを図るには結構辛い「前傾姿勢」を強制させられる

 

そのため、エクササイズモニター付きのスピンバイクを購入しても、かなりの確率でモニターを利用しなくなってしまいます。

※前傾姿勢を矯正させられるのが辛いので、そのうち使わなくなる

 

それに、今はエクササイズモニターに頼らなくても「スマートウォッチ」などを使えば、自分の体の状態を知ることができます。

>>スピンバイクに「メーター」は必須?【スマートウォッチで十分です】

 

スマートウォッチであれば、適当な姿勢でバイクを漕いでいてもしっかり計測してくれますし、計測できる内容が「多様」な製品ばかり。わざわざエクササイズモニターを使う理由もありません。

 

なので、管理人は付属のエクササイズモニターはいらないと思っていたし、あってもスマートウォッチほど自由に使えないと思っていたので、モニターのない「FITBOX LITE」でも問題ありませんでした。

 

スマートウォッチなら日々の生活でも有効活用できるし(睡眠状態など)、わざわざセンサーに触れなくていいから気楽に使えるよ

 

「FITBOX LITE」にはスマホ・タブレット置きが付属する

 

「FITBOX LITE」には、スマホやタブレット置きが付属してきます。

 

もちろんスマホは余裕で置けますし、工夫次第では「iPad Pro12.9インチ」も安定しておくことが可能ですよ。

 

以下の記事ではさまざまなサイズのタブレットを置いて、どのサイズなら余裕なのかを解説しています。

>>スピンバイク「FITBOX LITE」はタブレットを置ける?【余裕で置けます】

 

「スマホ・タブレット置き」があることで、運動しながら映画やYouTubeを楽しむことができる!

 

「FITBOX LITE」の静音性は圧倒的

 

「FITBOX LITE」の最大の持ち味は、圧倒的な静音性です。

 

本当に驚くほど静か。扇風機の一番静かなモードの方がうるさいくらいですよ。

 

当然、「FITBOX LITE」を漕いでいて家族を起こすことはありませんし、音に敏感なネコだって漕いでることに気が付きません。

 

もしもあなたが壁の薄い「レオパレス」に住んでいても、スピンバイクを漕いでいることで近隣に迷惑をかけることは「1mm」もないでしょう。それくらい、静かに漕げます。

 

むしろ、漕いでることにすら気づかれない。「居たのかよ!」って言われたくらいだし。さすがは室内で最も静かに運動できるマシンだね

 

>>【室内】有酸素運動を静かに行う「最強のおすすめマシン」はこれだ!

 

「FITBOX LITE」の負荷は8段階で調整できる

 

「FITBOX LITE」は、負荷を8段階で調整可能です。

 

まあ負荷を「無段階で調整」できる製品もたまにありますが、、、正直いって、負荷を無段階で調整できることにあまり意味はないです。

 

というもの、負荷を「段階的に調整できる」方が、自分の進歩を実感しやすいから

 

〜『昔は負荷「3」が限界だったなあ』でも今は負荷「5」でも余裕だ〜

 

・・・無段階だと段階的に負荷を切り替えれないので、こういった進歩の積み重ねを実感しにくくなるんですね。

 

なので、「FITBOX LITE」の段階的に負荷を調整できる機能は、とてもありがたいのです。

 

ちなみに、普段あまり運動をしない場合は、負荷2〜3を20分前後するだけでも結構疲れる

 

結構運動している人でも、最大負荷の「8」は立ち漕ぎしないときついと思います。

 

管理人は普段から筋トレしているけど、長時間やるなら負荷「3」でちょうどいい。負荷「8」に挑むのはまだまだ先になりそう

 

「FITBOX LITE」は外観がおしゃれ。所有欲も満たせる

 

「FITBOX LITE」は、数あるスピンバイクの中でも特に外観がおしゃれ。スタイリッシュ!シンプル!

 

持ってる本人が言うものなんですが、同価格帯のスピンバイクの中では圧倒的にかっこいいです。

 

管理人が求めたスピンバイクの条件に外せないのが、以下の3つでした。

  • オシャレでかっこいい
  • コスパがいい
  • 静音性が高い

 

この中でも特に重視したのが、「オシャレでかっこいい」です。

 

眺めているだけで悦に浸れる。そういった製品でなければ買いませんでしたよ。

 

それに、トレーニングのモチベーションを上げるには「かっこいい製品」と言うのは外せません。かっこいい製品だからこそトレーニングがしたくなるものでしょう。

 

ただ、所有欲を満たせる外観をしているので、人によっては「ゲットして満足」ということもなくはないでしょう。それは、、、まあ仕方がないことです(^◇^;)

 

トレーニング器具がカッコ悪いというのはいただけない。その点、「FITBOX LITE」にその心配は無用だった。外見だけでも買った価値あった

 

現在は「白モデル」もあります。これはかわいいですね(画像は上位モデルのFITBOX)。

 

「FITBOX LITE」の本体は意外と軽く、移動もしやすい

 

「FITBOX LITE」の重量は、26キロです。参考までに、上位モデルの「FITBOX」の重量は34キロ。

 

26キロというのは数字だけ見ると重いですが、キャスターがついているので移動時に苦労することはほとんどありません。

※管理人は筋トレを多少やっているので、そう感じている

 

「FITBOX LITE」の定価34,800円前後の価格の商品は、多くが30キロを超え、重い製品では34キロにもなります。

 

それを踏まえると「FITBOX LITE」は、名前の通り「軽い」スピンバイクと言えます。

 

まあ正直、一度置き場所を決めれば移動することはほとんどないけど。でも重量が軽いおかげで、組み立てるときも他の製品より苦労しないよ

 

「FITBOX LITE」の組み立ては簡単

 

「FITBOX LITE」を使うためには自分で組み立てる必要がありますが、結構細かい「組み立て説明書」が入ってくるので、組み立てで苦労することはほとんどありません。

※他社製品だと、アバウトな図面だけが入ってくることもある

 

工作に慣れている人であれば20分、あまり慣れていない人でも「40分」もあれば完成できるでしょう。

 

ただ、狭いスペースで組み立てると、ダンボールから本体を出すのに相当苦労する羽目になります。

 

なので、組み立てるときは「2m四方」くらいのスペースを確保しておくといいですよ

 

「FITBOX LITE」の組み立て時の欠点は、本体がなかなかダンベールから出てこないこと。

 

多分、ダンボールを横向きにして引きずり出すと思うので、引きずり出す時のために、しっかりスペースを確保しておきましょう。

 

あとは、説明書どうりに進めるだけです。

 

家に工具でもあれば、それも事前に準備しておこう。簡易的な工具は付属してくるけど、それだと作業が遅くなるからね

 

以下のような工具セット+付属のドライバーがあれば、超スムーズに組み立てられますよ。(管理人は整備歴10年以上です)

 

ちょっと高いですが、これとかもいいですね

 

「FITBOX LITE」はこんな人におすすめ

 

色々と特徴やメリット、デメリットを紹介しましたが、最終的に「FITBOX LITE」はこんな人におすすめします。

  • コスパの良いスピンバイクを求めている
  • 身長175cmくらいまで
  • エクササイズモニターは必要ない(体の状態はスマートウォッチなどで測る)
  • スマホ・タブレット置きがあるスピンバイクが欲しい
  • 圧倒的に静かなスピンバイクが欲しい
  • 負荷を段階的に調整できるスピンバイクが欲しい
  • オシャレでかっこいいスピンバイクが欲しい
  • 軽く、移動に苦労しないスピンバイクが欲しい
  • 組み立てが簡単のスピンバイクが欲しい

 

これらの条件に当てはまらない要素を求めた場合、「FITBOX LITE」を選んだら失敗するかもしれません。

 

他におすすめできるスピンバイクは以下の記事にまとめているので、「FITBOX LITE」以外を求めるのなら読んでみてくださいね。

>>「スピンバイク」おすすめ製品トップ3を紹介!【迷ったらこれです】

 

1番の欠点は「身長制限が強め」ってことかな。他のレビューにも、175cm以上は窮屈って意見が多かった。それとお尻以外はほぼ万能だよ

 

「FITBOX LITE」を購入したので効果をレビュー:まとめ

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

  • スピンバイク「FITBOX LITE」をブログ用に購入したので効果をレビュー
  • 「FITBOX LITE」の細かな特徴、メリット、デメリットを紹介
  • 「FITBOX LITE」がどんな人におすすめできるのかを紹介

 

以上、長くなりましたが、コスパ・静音性・見た目が最高のスピンバイク「FITBOX LITE」の特徴や、メリット・デメリットのレビューでした。

 

「身長制限」や「エクササイズモニター非搭載」以外は、ほとんど完璧なスピンバイクだと個人的に思っています。

 

このスピンバイクが気になっている、でも購入には踏み切れずに何か引っ掛かりがある!という場合は、また本記事を除いてください。多分答えは載ってますので。

 

ちなみに本製品をAmazonから購入すると、「1,000円分のAmazonギフト券」がプレゼントされますよ。

 

ちなみに、管理人は以下のものを摂取して筋肉作りをしています。※プロテインは気分によって変えている

 

ではでは〜

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

senntineru2000

当ブログを通して開業しています。 当ブログのメイン記事1:自宅筋トレ。メイン記事2:お手頃ホームシアター。あまりお金をかけずに「理想の体」と「理想のホームシアター」を作るのを手伝います。

メイン記事

1

モージョンズの「可変式ダンベル」が欲しいんだけど、アレってどこで売ってるんだろう?一般のスポーツショップには置いてないよね?やっぱりネットからが正解かな?←こういった疑問に答えます

2

ホームシアターの初心者向けに、普段使っているホームシアタールームの全容と、必要になった機材・金額を公開。また、基本的なホームシアターを構築するための機材と、その理由も徹底解説します

3

Amazonの買い物は定価よりも安い商品が多いし、「プライム会員」でいろんな商品をもっとやすく買えるけど、それよりもさらに安く、お得に買える方法あるかな?←こういった疑問に答えます

-製品レビュー