" />

おすすめ筋トレ器具

「スピンバイク」おすすめ製品トップ3を紹介!【迷ったらこれです】

2022年6月29日

 

有酸素運動マシン「スピンバイク」を買おうと考えてるんだけど、いろんな種類があってどれを買えばいいかわからない。おすすめを3つくらいに絞って教えてくれ

 

こんにちは、センチネルです。

本記事では、上記の疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • おすすめのスピンバイク「トップ3」を紹介

 

本記事を書いている管理人は、自宅トレーニング歴7年ほど。有酸素運動は静かに行いたいので、「スピンバイク」を使ってこなしています

 

今流行りの室内有酸素運動マシン、スピンバイク。

 

室内有酸素運動マシンは数多くありますが、中でもスピンバイクは「静かに室内で有酸素運動をする」のに向いているため、集合住宅で夜運動をしたい場合に大活躍します。

>>【室内】有酸素運動を静かに行う「最強のおすすめマシン」はこれだ!

 

しかし、スピンバイクは現在かなりの数が販売されていて、選ぶのが大変。

 

なので本記事では、実際にスピンバイクを購入している管理人が、選ぶのに競り合った製品を3つ紹介!迷ったら本記事で紹介する3つの中から選べば間違い無いですよ。

 

管理人が最終的に購入したスピンバイクはこれです

 

「スピンバイク」おすすめ製品トップ3を紹介!【迷ったらこれです】

 

実際に管理人が競り合った、超おすすめのスピンバイクは以下の3つ。

 

それぞれ、ランキング方式でおすすめマシンを紹介していきます。

 

「FITBOX」シリーズは若干値段するものの、静音性などを含めた「本体の出来の良さ」は最高ランク

 

Jacess マグネット式 フィットネスバイクは、性能がそこそこで値段が安い。似たような安い製品も多いけど、その中でも本製品がおすすめ

 

おすすめスピンバイク1位:FITBOX

 

おすすめのスピンバイク第1位は、FITBOX

 

この製品は、スピンバイクに求められる機能を全部兼ね備えつつ、高額すぎない「5万円台」で販売されています。

 

この製品の「スペック」は以下の通り。

総重量:33kg

最大耐荷重量:100kg

梱包サイズ:1075×270×880mm

本体サイズ:1130×436×1160mm

 

そして、この製品の特徴は以下の通り。

  • デザインが非常にカッコ良い。飾っておきたくなる!
  • 運動時のいろんな情報を出力する「エクササイズモニター」搭載。モニターは防水仕様
  • タブレットを置く場所も完備。なんと「MacBook」すら置ける!
  • 圧倒的な静音性。夜間に激しく漕いでもほぼ無音
  • 負荷調整は8段階。90分もの間ずっと漕ぐ事が可能
  • 付属品の工具のみで、30分で組み立て可能

 

これだけ優れた特徴に包まれていながら、Amazon価格で54,800円で購入できてしまいます。

 

この金額は、スピンバイクとしては「若干高めの金額」。

 

しかし、下手に安物を買うくらいであれば「全部入り」とも言える本製品を買った方が、絶対に満足度は上です!

 

デメリットは、本体重量が「33kg」と重めなのと、安物スピンバイクの「2倍前後の価格」がすることくらい。本当に、それくらいしかデメリット(弱点)はありません。

 

Amazon評価も最高ランク!お金と置き場所に余裕があれば、これを選んでおけば失敗しませんよ。

 

まさに最強のスピンバイク。「ペダル」も本格的なものが同梱されている。もっと高額なスピンバイクでも、本製品ほど優秀なものはなかなかない

 

おすすめスピンバイク2位:FITBOX LITE

 

おすすめのスピンバイク第2位は、FITBOX LITE

 

この製品は、第1位の製品の部品構成を簡略化し、求めやすい値段にしたモデル。管理人が現在使用しているモデルでもあります。

 

この製品の「スペック」は以下の通り。

  • 総重量:26kg
  • 最大耐荷重量:100kg
  • 梱包サイズ:890×250×760mm
  • 本体サイズ:930×430×1070mm

 

元となっているFITBOXと比べると、わずかに小型化されています。

 

この製品の特徴は以下の通り。

  • デザインが非常にカッコ良い
  • エクササイズモニター非搭載。ただ、それは問題ではなし(理由は後述)
  • タブレットを置く場所を完備
  • 圧倒的な静音性。夜間に激しく漕いでもほぼ無音
  • 負荷調整は8段階。90分もの間ずっと漕ぐ事が可能
  • 付属品の工具のみで、20分で組み立て可能
  • FITBOXよりも軽いので、室内の移動が簡単

 

液晶モニター非搭載なこと、本体が軽くて移動しやすいこと以外は、FITBOXと大きく変わりません。しかし、値段は「34,800円」と、FITBOXよりも2万円も安い。

 

本製品最大のデメリットは、やはり「液晶モニター」が非搭載なことでしょう。

 

ただ、正直言って液晶モニターは使い所が意外と難しいものでもあります。その理由は>>スピンバイクに「メーター」は必須?【スマートウォッチで十分です】で解説中。

 

タブレットやスマホを置ければ液晶モニターは「不要」と考えていますし、運動効果を数値化したいなら「スマートウォッチ」があれば十分!

>>スピンバイク「FITBOX LITE」はタブレットを置ける?【余裕で置けます】

 

なので、液晶モニター非搭載なことは対してデメリットではありません。

 

実際、管理人は液晶モニターを使わずとも、本製品で充実した有酸素運動ライフを送れていますよ。

 

液晶モニターがないこと以外の性能は、1位の製品とほぼ同じ。それでいて本体価格は2万円も安いから、かなりリーズナブルと言えるよ

 

>>「FITBOX LITE」の特徴や効果を10個レビュー【ブログ用の購入】

「FITBOX LITE」の特徴や効果を10個レビュー【ブログ用の購入】

「FITBOX LITE」を購入しようと考えてるけど、実際の使用感とかはどんな感じなんかな?見たところ「液晶メーター」とかがないから使い勝手が気になってね←こういった疑問に答えます

続きを見る

 

おすすめスピンバイク3位:Jacess マグネット式 フィットネスバイク

 

おすすめのスピンバイク第3位は、Jacess マグネット式 フィットネスバイク

 

この製品は、1位と2位の製品の中間的な性能を持ちつつ、それでいて価格は「32,000円」で他の2つよりも安い!

 

この製品の「スペック」は以下の通り。

  • 総重量:25kg
  • 最大耐荷重量:120kg
  • 本体サイズ:1000×500×1340mm

 

この製品の特徴は以下の通り。

  • 価格が安め
  • 1位2位の製品とも良い勝負する静音性
  • 120kgの荷重まで耐えられる堅牢性
  • 使いやすい「スマホ・タブレットスタンド」付属
  • かなり高負荷をかけて漕ぐ事ができる

 

など、32,000円の製品としては驚くほど完成度が高いです。

 

一般的に、スピンバイクは30,000円以下の製品は、耐久性などの面から「ハズレ」が多いとされているので、32,000円といえども「最安値の商品」と考えましょう

 

このスピンバイクのデメリットは、説明書が「不親切」で組み立てに小一時間かかることと、メーカーの知名度がやや弱いので、信頼性は1位2位の製品に劣る事です。

 

「信頼性が低い」のは結構致命的で、何か問題があった時の対応が不安。

 

また、液晶メーターがついてるのは素晴らしいのですが、説明書がとにかく不親切で「本体の組み立て」や「メーターの配線方法」がとてもわかりずらいという欠点もあります。

 

値段に反する優れた性能を発揮しますが、信頼性や組み立てが不親切というのもあって、3位という順位になりました。

 

コスパの面では、1位2位の製品を上回る!ただ「組み立て」しずらく、万が一のサポートにも不安あり。そこを気にしなければおすすめできる

 

「スピンバイク」おすすめ製品トップ3を紹介!【迷ったらこれです】:まとめ

 

最後に、本記事の内容「おすすめスピンバイクトップ3」で紹介した製品をまとめます。

 

おすすめスピンバイク1位:FITBOX

 

おすすめスピンバイク2位:FITBOX LITE

 

おすすめスピンバイク3位:Jacess マグネット式 フィットネスバイク

 

それぞれの特徴やデメリットをよく理解した上で、自分の用途に合ったスピンバイクを選んでいきましょう。

 

安く買うなら、以下の記事を読んでおかないと損をするかも!?

Amazonで「最もお得に買い物をする」方法を紹介【ポイ活重要】

Amazonで「最もお得に買い物をする」方法を紹介【知らないと大損】

Amazonの買い物は定価よりも安い商品が多いし、「プライム会員」でいろんな商品をもっとやすく買えるけど、それよりもさらに安く、お得に買える方法あるかな?←こういった疑問に答えます

続きを見る

 

管理人が筋肉作りのために摂取しているものを紹介

 

管理人は以下のものを摂取して筋肉作りをしています。

>>【マイプロテイン】アイスラテ味のレビュー!【美味くて溶けやすい】

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

senntineru2000

当ブログを通して開業しています。 当ブログのメイン記事1:自宅筋トレ。メイン記事2:お手頃ホームシアター。あまりお金をかけずに「理想の体」と「理想のホームシアター」を作るのを手伝います。

メイン記事

1

自宅でできる筋トレ器具はたくさんありますが、本当に必要な器具はごくわずかなものです。本記事では「これさえあれば全身を鍛えられる」自宅筋トレ器具を3つの厳選し、その理由と効果を解説!

2

ホームシアターの初心者向けに、普段使っているホームシアタールームの全容と、必要になった機材・金額を公開。また、基本的なホームシアターを構築するための機材と、その理由も徹底解説します

3

Amazonの買い物は定価よりも安い商品が多いし、「プライム会員」でいろんな商品をもっとやすく買えるけど、それよりもさらに安く、お得に買える方法あるかな?←こういった疑問に答えます

-おすすめ筋トレ器具