" />

ホームシアター総合

ホームシアターの「ch(チャンネル)」を解説!【初心者でも理解】

2021年8月12日

 

ホームシアターやりたいんだけど、専門用語多くていまいちよくわかんない。。。「5.1ch」とか「2.1ch」って何のことよ?chって「チャンネル」って読む?

 

こんにちは、センチネル(@senntineru20001)です。

本記事では上記の疑問答えます。

 

本記事の内容

  • ホームシアターの専門用語の一つ「ch(チャンネル)」の意味を解説
  • 2.1chや5.1chの違いを解説

 

本記事を書いている管理人は、ホームシアター歴6年ほど。今までいろんなホームシアターレイアウトを試してきました

 

ホームシアターって専門用語多くてわかりにくいですよね。

 

ホームシアター大好き人間が言うのもなんですが「こんな専門用語多かったらホームシアターの敷居上げるだけじゃないか!」と感じることが多々あります。

 

本記事では、ホームシアター(オーディオ)の専門用語の一つである「5.1ch」や「2.1ch」などの意味を解説していきます。

 

5.1ch(チャンネル)とかってホームシアター(オーディオ)系に触れていない限り、ほとんど聞かない単語だよね。管理人も最初は迷った

 

ホームシアター構築に必要なものはこちら!

>>ホームシアター費用を全て公開!必要な機材リスト付き

 

スポンサーリンク

ホームシアターの「ch(チャンネル)」の意味をわかりやすく解説

 

ホームシアターや”オーディオシステム”によく表示されている「ch(チャンネル)」とは、「スピーカーそのものの数」を表す単語です。

 

例えば「1ch」の表記があったとします。

その場合「スピーカーが1個ありますよ」という意味。

 

1ch=モノラルなので、この場合はモノラル音声ということ

 

「5ch」であれば、スピーカーが5個。

「10ch」であれば、スピーカーが10個あることになります。

 

「ステレオ」というのがありますが、ステレオは左右1個ずつのスピーカー=「2ch」のシステムで構成されているので「ステレオ=2個のスピーカー」で構成されているわけです。

 

ステレオ(2.0ch)は左右1個ずつのスピーカーで構成された「合計2個のスピーカーシステム」という意味。だから表記では「2.0chステレオ」と書かれている

 

ホームシアターの「ch(チャンネル)」:2.1chの「.1ch」はサブウーファー

 

モノラルが「1ch」で、ステレオが「2ch」であることはわかった。じゃ「2.1ch」の「.1ch」ってなんのこと?

 

「2.1ch」の「.1ch」の部分は「サブウーファー」を表しています。

 

つまり「2.1ch」システムとは「2個のフロントスピーカーと1個のサブウーファー」で構成されたシステムということ。

 

この「2.1ch」システムこそ、ホームシアターの「基礎」と言えるシステム。基本的にここから始まると言っても過言じゃない

 

ホームシアターの2.1chより上の「5.1ch」などのスピーカー構成

 

2.1chで「2個のフロントスピーカー+サブウーファー」か。「5.1ch」とかはなんなの?単純に「スピーカーの数が増える」+「サブウーファー」なだけ?

 

最もな疑問だね。確かに「スピーカーの数が増える」で間違ってないんだけど「スピーカーの数=スピーカーの種類」が増えていく

 

ホームシアターのスピーカーにはそれぞれの「目的や用途に合う種類」のスピーカーを使用するのが「推奨」されています。

※絶対に決まった種類のスピーカーを使用するというわけではない。

 

そして、「ch(チャンネル)」の数字が増えるごとに、スピーカーの数と種類も増えていきます。

 

例えば2.0chと5.0chだったら、5.0chの方が3つ(3種類)スピーカーが多いということ。

 

チャンネル数の変化によって追加されるスピーカーの数と、スピーカーの種類は下記の通り。

  • 「2.1ch」はフロントスピーカー+サブウーファー
  • 「3.1ch」はフロントスピーカー+センタースピーカー+サブウーファー
  • 「5.1ch」はフロントスピーカー+センタースピーカー+サラウンドスピーカー+サブウーファー
  • 「7.1ch」はフロントスピーカー+センタースピーカー+サラウンドスピーカー+リヤサラウンドスピーカー+サブウーファー

 

こんな感じで、チャンネル数(ch)が増えるほどに「必要になってくるスピーカー」の数と種類も増えていきます。

 

ということは数字が大きくなるほどに「スピーカーの数が増える=場所を取る」わけなので、その分「設置の敷居」が高くなります。

 

7.1chの設置はスピーカーが多過ぎて、専用ルームがないと大変。映画好きでもそこまでやっている人はほとんどいないよ

 

モトブロガーの「ヲカライダー」氏は、7.1chよりもさらに上の「5.1.4chのホームシアター」を実現している。

>ヲカライダー氏のガレージハウスに登場した「ホームシアター」紹介

 

圧倒的にコスパのいい、「5.1chホームシアターセット」はこちら。

>>「5.1chホームシアターセット」おすすめランキングトップ3紹介

 

ホームシアターの「ch(チャンネル)」を解説!【初心者でも理解】 まとめ

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

 

本記事の内容

  • 「ch」はスピーカーそのものを表す単語
  • 「.1ch」は、サブウーファーを表している
  • チャンネル数が増えるほどに、スピーカーも増える

 

でしたね。本記事が疑問解決の役に立てれば嬉しいです。

 

ではでは〜

 

使わなくなった「ホームシアター・オーディオ」は、高額で買い取ってもらおう!

【処分の前に】ホームシアターやオーディオは「高額買取」依頼しよう

ホームシアターやオーディオをやってると「使わない機材」が増えていく。結構かさばるから早めに何とかしたいけど、いい処分の方法ないかな?←買取サービスを使って高額で買い取ってもらおう!

続きを見る

 

スポンサーリンク

-ホームシアター総合