" />

プロジェクター

プロジェクターの画質向上には「スクリーン」を導入すべし【効果大】

2021年12月10日

 

プロジェクターをゲットしたし、部屋を暗くする環境も整った!・・・確かに綺麗に映るけど、壁に投影するとやっぱり画質が荒い。。。やっぱり「スクリーン」が必要なのかな?

 

こんにちは、センチネルです。本記事は上記の疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • プロジェクターの「画質」を向上させるには、プロジェクタースクリーンを導入すべし
  • プロジェクタースクリーンのメリット・デメリットを解説
  • おすすめのプロジェクタースクリーンを紹介

 

本記事を書いている管理人はプロジェクターで映画を見るようになって5年ほど。これまで色々とプロジェクターの画質を向上させる方法を試しました

 

結論から言いますが、プロジェクターを入手したら「プロジェクタースクリーン」を同時に使用しましょう。画質が段違いに上がり、ストレスなく映像を楽しめます!

 

プロジェクターといえば、100インチを軽く超える「超大画面」を簡単に作ることができる素晴らしい製品。

 

汎用性もとても高く、賃貸などでも「壁」に映像を投影することで超巨大画面を簡単に楽しめます。

 

しかし、壁に投影することができても、それだとどうしても「画質や映像が荒くなる」という欠点があるのも事実。

 

そこでそれらの問題解決におすすめするのが、プロジェクターの投影専用に作られている「プロジェクタースクリーン」を使用することです。

 

本記事ではプロジェクタースクリーンを導入することのメリット(主に画質)と、デメリット(主に置き場所)を解説していきます。

 

賃貸の壁とかって「白壁」が多いじゃん?だから別にスクリーンなんか要らんって思ってたけど、、、あの壁って結構でこぼこで映像見づらいんだよね〜

 

スクリーン使うと画質も映像も段違いに綺麗になるよ。今は「電動スクリーン」も結構安いし、悩んでるんだったら導入した方が精神的にもいいぞ

※悩みは精神疲労とセットです

 

プロジェクターに欠かせない「暗室」を、超激安で作る方法↓

>【プロジェクター】明るい部屋で快適に見る方法【遮光カーテン最強】

 

プロジェクターの画質向上に「スクリーン」を導入するメリット

 

プロジェクタースクリーンは、ただプロジェクターの映像を綺麗に映し出すだけでなく、導入すると多くのメリットを得られます。

 

プロジェクタースクリーンで得られるメリットは以下の通り。

 

スクリーンのメリット

  • 100インチ越えの巨大画面を作ることができる
  • 「壁への投影」よりもずっと綺麗な画質でプロジェクターの映像を楽しめる
  • そこそこの価格帯のプロジェクターであれば「テレビ顔負け」の映像になる
  • 環境によっては「テレビ」が不要になる
  • 画質が綺麗で巨大な画面なので、映像への没入感が上がる
  • 「電動タイプ」などは、普段は収納されているので見た目もスッキリ!
  • 設置が簡単

 

上記のスクリーンのメリットをまとめると、簡単にテレビ顔負けの画質の「巨大画面」を作り出すので、映像への没入感が上がるというもの。

 

まあ「壁」にプロジェクターの映像を投影しても同じようなことが言えますが、画質においては圧倒的に壁よりも「スクリーン」を使った方が綺麗です。

 

それこそスクリーンに投影すれば、そこそこの価格帯(5万円〜)のプロジェクターでも、並みのテレビに匹敵する画質を得られます。

 

また、低価格帯のプロジェクター(1万円〜)を使っていても、なかなか「見れる」画質になる。

 

そしてその綺麗な画質を「100インチ超えの大画面」で見れるわけですね。

 

さらに最近は「電動式のスクリーン」も比較的低価格(2万円前後)で売られています。使わないときは簡単に電動で収納できるスグレモノ!

 

以上の理由から、プロジェクタースクリーンは導入すると多くのメリットがあるというわけです。

 

壁投影よりも、スクリーンに投影したほうがメリットだらけ。特に画質面でのメリットは計り知れない!

 

電動のスクリーンも設置が簡単だしね。管理人はスクリーン投影の映像が綺麗だから、自分の部屋にはテレビ置いてないよ。壁投影とはそれくらいの差がある

 

プロジェクターをテレビよりおすすめする理由↓

>「プロジェクター」が「絶対に”テレビ”よりおすすめ」な理由を解説

 

スクリーンに投影すれば低価格のプロジェクターでも「見れる画質」になる!↓

>YABER プロジェクター 9000lm 1920*1080

もちろん、そこそこのプロジェクターなら素晴らしい画質になる(管理人使用品)↓

>BenQ DLP ホームプロジェクター TH671ST

 

プロジェクターの画質向上に「スクリーン」を導入する際のデメリット

 

多くのメリットがあるプロジェクタースクリーンですが、やはりいいことばかりでなく、デメリットもあります。

 

スクリーンのデメリット

  • 設置はかなり簡単なものの、電動式・持ち運び式問わず、やはり若干面倒臭い
  • 一度設置したら動かすのが大変
  • 持ち運び式は「脚」が邪魔になり、想像以上にスペースが必要になることが多い
  • 価格は下がってきているとはいえ、予算は2万円ほど見たほうがいい
  • 3千円クラスの安い製品はプロジェクターの光を「貫通」するので、まともに映像が見れない

 

プロジェクタースクリーンは100インチ越えの「綺麗な画面」を作れますが、逆にスクリーン自体が1「00インチ以上の大きさがある」ということ。

※もちろんスクリーンに大きさによってサイズは変わります

 

全てのタイプのスクリーンに共通ですが、やはり大きさがあるので基本的に「設置場所・設置方法」の問題が出てきます。

 

かなり簡単とは言え、電動式・自立式問わずスクリーンの面倒臭い「組み立て」や「設置」といった手間からは逃れられません。

 

「持ち運び式」は足を「広げる」ものが多く、意外と奥行きやスペースを取るものが多い。予想よりも30cmほど手前にスクリーンを置くことになると考えましょう

※持ち運び式=自立式

 

持ち運び式はこういう製品です。見ての通り、足が広がるので壁に「密着」させる置き方はできません。少しスペースが必要↓

>改良新版 4K対応 プロジェクタースクリーン

 

これは管理人の経験談ですが「安いスクリーン」は、プロジェクターの映像を「透過」するものが多いので、ろくに映像が見れません!

※3千円くらいのもの

最低でも「7千円以上の製品」を選んだほうが性能的にも安心です

 

管理人はこれに似たものを使っていますが、これくらいの性能があれば安心。値段も最低これくらいから。奥行きはちょっと必要↓

>プロジェクタースクリーン 100インチ 16:9 自立式

 

以上がプロジェクタースクリーンのデメリットとなる部分です。スクリーン自体の大きさや、電動・持ち運び式問わず「設置」が問題となってきますね。

 

管理人は2回くらい安物を買って失敗した。特に4千円未満で販売されている製品は、いくら評判が良くても購入するもんじゃない

 

プロジェクターの光が透過するからね。まともに映像が見れない。安物を買うくらいだったら、壁に投影した方がまだマシだよ!

 

プロジェクターの画質向上に導入したい、おすすめのスクリーン

 

プロジェクターの画質向上・画質安定の役割があるスクリーンですが「デメリット」の項目で挙げたように、安い製品は本気でおすすめしません。

 

管理人がおすすめするのは「電動スクリーン」です。予算的に電動を選べなくても「吊り下げ式」のスクリーンがとにかくおすすめ。

※電動式は基本的に「吊り下げて使うもの」が一般的

 

スクリーンを持ち運ぶことがある場合は「持ち運び式=自立式」でもOK

 

電動式や吊り下げ式のスクリーンは「持ち運び式=自立式」と違って、壁に密着した配置が可能なので、プロジェクターとの距離を大きくすることができる!

 

プロジェクターとスクリーンの距離が離れるということは、それだけ大きな画面を作れるということ。

 

なので他のタイプのスクリーンでは「80インチが限界」でも、電動・吊り下げ式ならば「距離を取れる」ので100インチ以上も十分に狙えます。

 

さらに「使わないときは巻いたり」するので、基本的にしっかりした構造。安物のように映像を透過するなんてことはありません。

 

そして最初から組み立てられているので設置も簡単。家の中の頑丈な部分に吊るすだけ。

 

値段は他のスクリーンと比べると割高(2万円前後)ですが、その値段に見合った性能があります

※とはいってもそこまで高額ではありませんが

 

以上の理由から、管理人は「電動スクリーン」をおすすめします。電動でなくても「吊り下げ式」のスクリーンがとにかくおすすめ!

 

使わないときは「ボタン1つ」で収納できるし、電動ではない「吊り下げ」の製品でも「1発で巻き上げ」してくれる。使わないときは見た目スッキリできる

 

頑丈だし「透過」しないから映像・画質も綺麗。何より家に電動で動くスクリーンがあるとかカッコいいぞ!それが2万円くらいで買えるわけよ

 

電動スクリーンも今はかなり安い!しかも評判良すぎます↓

>KPCB プロジェクタースクリーン リモコン付き 84インチ 電動式

>LIVE SCREEN 16:9 100インチ電動格納 プロジェクタースクリーン

 

普通の吊り下げ式スクリーン。電動ではなくてもいい性能で、電動に比べるとだいぶ安い!↓

>手動吊り下げ式 プロジェクタースクリーン 吊り下げ

 

プロジェクターの画質向上には「スクリーン」を導入しよう【効果大】:まとめ

 

最後に、本記事の内容「プロジェクターの画質向上には「スクリーン」を導入しよう」をまとめます。

 

本記事の内容は下記の通り。

 

画質向上にはスクリーンを!

  • プロジェクターの「画質」を向上させるには、プロジェクタースクリーンを導入すべし
  • プロジェクタースクリーンのメリット・デメリットを解説
  • おすすめのプロジェクタースクリーンを紹介

 

プロジェクターの画質や、映像の質を向上させるには「スクリーン」がいい仕事をするわけですね。

 

とりわけ電動スクリーンは、値段と「多少の設置の手間」以外は最高ランクの製品。スクリーンに求められる要素が全部入っています!

 

持ち運んだり、賃貸でスクリーンを使いたい場合は「吊り下げ式」は難ありかもしれませんが、そういう場合には「持ち運び式=自立式」を選べばよし。

 

スクリーンを導入して、プロジェクターの画質・映像を最強にし、より良いプロジェクターライフを送りましょう!ではでは〜

 

スポンサーリンク

-プロジェクター