" />

プロジェクター

「プロジェクター」が「絶対に”テレビ”よりおすすめ」な理由を解説

2021年7月7日

 

ホームシアター良いな〜。手軽に映画館感覚を「自宅で」味わうには、どんな製品から導入したら良いんだろう?

 

こんにちは、センチネル(@senntineru20001)です。

本記事では上記の疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • プロジェクターがテレビより「絶対におすすめ」な理由を紹介

 

管理人はホームシアター歴約5年ほど。本記事ではホームシアターで「最初に導入するべき商品」を紹介していきます

 

結論から言うと、ホームシアターに”最初に導入すべき商品”は「プロジェクター」1択。

 

ホームシアターには音も重要ですが、プロジェクター導入による「テレビとは別次元の巨大映像」を体験した方がインパクト・満足感ともに高くなる!

 

ホームシアター構築に必要なものはこちら!

>>ホームシアター費用を全て公開!必要な機材リスト付き

 

管理人使用のプロジェクター

>>「プロジェクター」おすすめランキングトップ3を紹介【3万円前後】

 

スポンサーリンク

「プロジェクター」が「絶対に”テレビ”よりおすすめ」な理由:汎用性の高さ

 

一口に汎用性が高いからオススメ!と言われても「なんのこっちゃ」なので汎用性の高いポイントを挙げます。

 

プロジェクターの汎用性

  • 巨大な画面で映像を見れる
  • 設置場所がとても自由
  • HDMI端子出力機器と接続すればそれだけで超大画面鑑賞できる
  • プロジェクター自体にスピーカーがついてるので、音声に困らない

 

それぞれ解説していきます。

 

巨大な画面で映像を見れる!

管理人が用意できた最大サイズの画面。およそ160インチ

 

プロジェクターは「壁さえあれば」どこにでも投影できる。上の写真は壁から約2.4mほど離した状態。このくらいの距離があれば壁一面に投影可能

 

最近のプロジェクターは単焦点(短い距離で投影しても大画面になる)モデルが多い。1.5mの距離があれば100インチは軽く狙える

 

※逆に壁に近づければ「小さい画面」を作り出すこともできます。

 

「白系統の壁」とプロジェクター1つで、インパクトたっぷりのシアター体験が可能。

 

また、プロジェクターは基本的に専用のスクリーンとセットで使うのが望ましいですが、本記事ではプロジェクター単体で使った場合の内容で進めます。

>>プロジェクターの画質向上には「スクリーン」を導入すべし【効果大】

 

設置場所が自由!

本体は大きくないので、気軽に本体の設置場所を変更可能!

 

プロジェクターには「大画面にできるのに、持ち運びの自由度がとても高い」という特徴があります。

 

なので特定の位置に置いておく必要は無く、例えばリビングに持っていって「友達や家族と」大画面で動画を”簡単に”見ることだってできます。

 

さらに、プロジェクターの角度を変えれば(斜め上に向けるなどする)プラネタリウム的な体験をすることだってできる!

 

ひっくり返しても画面の向きを調整できる「調整モード」があるおかげで、天井からぶら下げて投影することもできる

 

あとは配線問題。特にHDMIケーブルの長さをクリアできれば、プロジェクターは遠くから投影できる。HDMIケーブルの長さは5mもあれば十分

 

>プロジェクター「天井吊り下げ商品」購入前の注意【デメリット多数】

 

HDMI端子出力機器と接続すれば、それだけで超大画面鑑賞できる

 

HDMIで出力できる製品なら、プロジェクターは「ほとんど」なんでも再生できます。

 

HDMIで出力している商品

 

管理人が持っているものの話になりますが、上記のいずれの製品も「HDMI」で問題なく出力できています。

 

なので、テレビと同じような使い方ができるわけですね。

 

一台で何役もこなすから、下手すれば映像機器は「プロジェクター」のみで間に合う可能性すらあるね

 

プロジェクター自体にスピーカーがついてるので、音声出力に困らない

 

スピーカーとかはどうなんだ?

 

過剰な期待をしなければ、十分に「聞ける」音質のスピーカーです。

 

低音域は出ませんが、人の声は聞き取りやすい。

備え付けのスピーカーとしては意外なほど「広がりのある」音ですよ。

 

プロジェクターのデメリットを紹介

 

このように、プロジェクターは1台で何役もこなしてしまう。

 

大画面で手軽にシアター体験ができるだけでもオススメできるのに、汎用性も抜群。

内部スピーカーも備えているので、外部のサウンド機器も要らない。

 

ディスプレイ系の製品はプロジェクターに立場を奪われかねないレベルですね。

 

とはいえ、以下のようなデメリットもあります。

  • 価格が高い
  • 本体が熱い
  • 明るさに弱い

 

それぞれ解説します。

 

価格が高い

 

プロジェクターは優秀ですが、それなりの性能のものを選ぶと10万円前後します。

 

今は50インチのテレビでも5万円台で買える時代ですが、プロジェクターは性能の高いものを選ぶとこの価格が相場

 

また、スクリーンがなくても大画面の投影ができるのは魅力ですが、小さな部屋だと投影距離の問題で大画面にしにくいこともあります。

 

その場合は「50インチ5万円のテレビ」を買った方が満足感高いですね。

 

本体が熱い

 

プロジェクターは、稼働時は本体が熱を持ちます。

冬場は「暖房機の一つ」として扱えますが、夏場はめちゃくちゃ暑い!

 

これは本製品だけでなく「プロジェクターという製品全体に言える」デメリットですね。

個人的な感覚では、その部屋の常温+2度ほど室温が上がります。

 

明るさに弱い

 

明るいところに弱いのが、プロジェクター最大のデメリット。

これは「明るいところでも見れる」と宣伝しているプロジェクターだろうと同じ。

 

実際には「明るいところでも”かすかに”なら見れる」くらいのものがほとんど。

プロジェクターを導入するなら「遮光カーテン」の導入も視野に入れましょう。

>【プロジェクター】明るい部屋でも快適に見る方法!【遮光カーテン】

 

クーラーならいいけど、外の風を入れ替えるのが難しくなる!完全に「暗室」にしないと”投影された映像”が見えないわけじゃないけど、いちいち日差しカットをするのは手間

 

「プロジェクター」が「絶対に”テレビ”よりおすすめ」な理由を解説 まとめ

 

デメリットも並べましたが、やはり「ホームシアター」は”非日常・迫力・雰囲気”が何よりも大事です。

 

プロジェクターを導入して得られる「体験」は、デメリットを塗りつぶします。

プロジェクターを導入し、大画面で極上のシアター体験をしましょう!

 

管理人使用のプロジェクター

>>「プロジェクター」おすすめランキングトップ3を紹介【3万円前後】

 

画質に大きく影響してくる「プロジェクタースクリーン」

 

HDMIケーブルは長いものを買った方が後々便利

 

使わなくなった「ホームシアター・オーディオ」は、高額で買い取ってもらおう!

【処分の前に】ホームシアターやオーディオは「高額買取」依頼しよう

ホームシアターやオーディオをやってると「使わない機材」が増えていく。結構かさばるから早めに何とかしたいけど、いい処分の方法ないかな?←買取サービスを使って高額で買い取ってもらおう!

続きを見る

 

ではでは〜

 

スポンサーリンク

-プロジェクター