" />

おすすめ筋トレ器具

【チンニングスタンド】ランキング「トップ3」紹介!【超おすすめ】

2022年3月12日

 

チンニングスタンドっていう「自宅で懸垂」ができる筋トレ器具があるじゃん?Amazonとかで見るといろんな製品があって、どれを選んだらいいのか全くわからん!

 

こんにちは、センチネル(@senntineru20001)です。

本記事では上記の疑問を解決します。

 

本記事の内容

  • 選ぶべきチンニングスタンドをランキング形式で紹介
  • それぞれのチンニングスタンドの特徴も紹介

 

本記事を書いている管理人は、自重トレーニング歴6年ほど。自重で背中を鍛えるなら、チンニングスタンドが最強です

 

自宅で筋トレをするとなったら、ほとんどが「自重トレーニング」をするかと思います。

 

代表的なのは「大胸筋」を鍛えられる「腕立て伏せ(プッシュアップ)」でしょう。

 

ただ、自重で「背中」を鍛えるのはかなり難しい。

 

自重で背中を鍛えるには「チンニングスタンド」があった方が絶対にいいですし、多くの自重トレーニーはチンニングスタンドを使って背中を鍛え抜いています。

>>懸垂で鍛えられる「筋肉の部位」を解説【最高の上半身トレーニング】

 

本記事では、おすすめチンニングスタンドの「トップ3」を発表し、それぞれの製品の「特徴」も解説。読めば、どのチンニングスタンドを選ぶべきかわかりますよ♪

 

ちなみに、以下のチンニングスタンドは「殿堂入り」なので本記事では紹介しません。

【Motionsぶら下がり健康器】

というかこのスタンドをゲットすれば、本記事を読み進めなくていいです(^◇^;)

 

スポンサーリンク

【チンニングスタンド】ランキング「トップ3」紹介

 

本記事では、以下の3つのチンニングスタンドを紹介していきます。

 

どれも「チンニングスタンド」ではありますが、それぞれ役割や「できること」が違うものになっています。

 

それぞれ、解説していきます。

 

※商品によっては「品切れ」している可能性があります。在庫があるうちにゲットしておきましょう。

 

おすすめチンニングスタンド第3位:STEADY 懸垂マシン【耐荷重150kg】

 

おすすめのチンニングスタンド第3位は、『STEADY 懸垂マシン【耐荷重150kg】』

 

アニメ「刃牙」ともコラボしたことで有名な製品で、現在売れに売れている製品です。

 

Amazon価格で14,980円。

 

商品スペックは下記の通り。

  • サイズ:幅約68.0cm×奥行約95.0cm×高さ約190.0~約211.0cm
  • ハンドル幅:約106.0cm
  • 重さ:約24.0kg
  • 耐荷重:約150.0kg

 

サイズ、耐荷重ともに何一つ不足ありません。

身長185cmの長身の人が使っても大丈夫。ほとんどの身長の日本人に対応できます。

 

このチンニングスタンドの特徴は下記の通り。

  • ハンドルバーが「はしご型」になっているので、さまざまなバリエーションの懸垂が可能
  • 懸垂で足があたらないように「ウエストパッド」を装備。しかもウエストパッドは回転する
  • トレーニングチューブを引っ掛けられるフック付き
  • プロのトレーナーがトレーニング方法解説している「トレーニング動画」付き
  • 取扱説明書以外にも、丁寧な組み立て動画付き
  • 付属のスパナの品質も向上させている

 

などなど。特にハンドルバーが「はしご型」になっているので、さまざまなバリエーションの懸垂が試せるというのはありがたいですね。

 

また、チンニングスタンドと「トレーニングチューブ」は非常に相性のいい組み合わせですが、本製品には初めから「トレーニングチューブ」を引っ掛けられるフックがついています。

 

他にも、プロが教えるトレーニング動画がついていたり、組み立てるときにも動画がついていたりと、徹底して消費者目線で作られていることを実感します。

 

この商品のデメリットは、横幅が大きいこと。本体の横幅のサイズが「114.5cm」だから、懸垂で肘を曲げることを考えると、横幅150cm以上の設置スペースが欲しい

 

お世辞にもコンパクトな製品ではないよね。まあ、この大きさがあるから、これ一台でいろんなトレーニングができるんだけどね

 

とはいえ、チンニングスタンドへの「よほどのこだわり」がなければ、これを選んでおけば問題ありません。

>>STEADY 懸垂マシン【Designed in Japan 改良バー

 

おすすめチンニングスタンド第2位:WASAI ぶら下がり健康器 【耐荷重180kg】

 

おすすめチンニングスタンド第2位は『WASAI ぶら下がり健康器 ベンチプレス 【耐荷重180kg】』

 

安定感と頑丈さは、チンニングスタンド全体でも最強レベルの製品です。

 

Amazon価格で13,980円。

 

商品スペックは下記の通り。

  • サイズ:寸法:幅101cmX奥120cmX高140cm~210cm
  • ハンドル幅:92cm
  • 重さ:約20kg
  • 本体の耐荷重:180kg
  • バーベルスタンド耐荷重:120kg

 

「第3位」のチンニングスタンドとほぼ同じ寸法でありながら、耐荷重は30kgも増えています。

 

それもそのはず、この製品は「バーベルラック」も兼ね備えているので、バーベルの重さにも耐えられるよう、極めて頑丈に作られているのです。

 

このチンニングスタンドの特徴は下記の通り。

  • 極めてシンプルで頑丈な設計
  • 他のチンニングスタンドと違って「余計な支柱」がないので、鉄棒運動もできる
  • 鉄棒運動ができるということは「フロントレバー」などの超人トレーニングもできる
  • 「バーベルラック」があるので、デッドリフトやベンチプレスができる
  • 高さは「9段階」も調整可能

 

このチンニングスタンドは、単純に懸垂のみを目的にするだけでなく、懸垂をはるかに超える「超人トレーニング」をするにも向いています。

 

「チンニングスタンド」というより、家の中でできる「鉄棒」といった方が正しい。

実際、そういっても差し支えない強度がある!

※慎重に行えば「マッスルアップ」も可能

 

また、バーベルを使ったウェイトトレーニングにも対応する応用性の高さを併せ持ちます。

 

その反面、他のチンニングスタンドにある「ディップス用の取っ手」がないので、ディップスを行いたい人には不向きです。

 

他の懸垂スタンドなどにはついている「ディップス用の握り」がついてないのが欠点。それに該当するものは「バーベル置き」になっているね

 

その分、他の懸垂スタンドでは考えられないほど激しい「ぶら下がりトレーニング」を行える。マッスルアップもできるから、ディップス用の握りがなくても問題ない

 

家の中で「超人トレーニング」に挑めるのは大きい。

そういった「技」にチャレンジする場合は、このチンニングスタンドを選べば間違いないですよ。

>>『WASAI ぶら下がり健康器 ベンチプレス 【耐荷重180kg】』

 

おすすめチンニングスタンド第1位:WASAI  懸垂マシン【高さ203cm/耐荷重120kg】

 

おすすめのチンニングスタンド第1位は、WASAI  懸垂マシン【高さ203cm/コンパクト/耐荷重120kg】

 

シンプルな構造が目立ちますが、特筆すべきはその安さ!

 

Amazon価格で7,980円。

 

商品スペックは下記の通り。

  • サイズ:幅76cmX奥80cmX高158cm~203cm
  • ハンドル幅:98cm
  • 重さ:13.5kg
  • 耐荷重:120kg

 

耐荷重は120kgと、他のチンニングスタンドに比べて若干弱く感じますが、それでも120kgも耐えられるのであれば普段使いなら何の不足もありません。

 

本体の重量が13.5kgで収まっているのが素晴らしい。

移動する際にも、この重量であれば苦労しません。

※他のチンニングスタンドは20kgを超えてくる

 

このチンニングスタンドの特徴は下記の通り。

  • チンニングスタンドの中では圧倒的に安い
  • シンプルな構成ゆえ、組み立てが比較的簡単
  • シンプルな構成といっても、ディップス用の「取っ手」もついている
  • 腕立て伏せ用の「つかみバー」もついている
  • 足場のゴムが大きいので、床を傷つけない構造になっている
  • 10段階も高さを調整できる

 

シンプルな構造のため、組み立てに時間がかからない。

 

また、足場のゴムが大きいので床を傷つける心配も少なく、そもそも本体の重量が軽いいので傷つけ知らず。そして安い!

 

だからと言って構造が簡略化されているわけではなく、多くのチンニングスタンドと同じように「ディップス」や「腕立て伏せ」ができる取っ手もある。

 

8,000円を切るお手頃価格でありながら、できることは他のチンニングスタンドとほとんど変わりません。

 

全体的にコンパクトな設計のため、体重にふられやすいのが欠点。そしてふられすぎると、だんだん本体のネジが緩んできてしまう。定期的にネジを閉めてあげよう!

 

定期的にメンテナンスができれば、コンパクトな本体のおかげで省スペースで懸垂ができる。幅120cmのスペースがあれば、余裕で設置できるよ

 

この製品は「安いのに他の製品と同じトレーニングができる」上に、安全を配慮した構造になっていて、本体が軽い。

 

まさに良いところ詰め合わせ。

>>WASAI  懸垂マシン【高さ203cm/コンパクト/耐荷重120kg】

 

【チンニングスタンド】ランキング「トップ3」紹介!【超おすすめ】:まとめ

 

最後に、【チンニングスタンド】ランキング「トップ3」をまとめます。

 

おすすめチンニングスタンド第1位はこちら。

 

おすすめチンニングスタンド第2位はこちら。

 

おすすめチンニングスタンド第3位はこちら。

 

筋トレ後は、必ずタンパク質=プロテインを摂取しましょう!

おすすめ「プロテイン」ランキングトップ3!【体作りに欠かせない】

  こんにちは、センチネル(@senntineru20001)です。   本記事では、プロテイン歴4年の管理人がおすすめするプロテイン「トップ3」を紹介します。 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

-おすすめ筋トレ器具