" />

チンニングスタンド ディップススタンド 自宅筋トレ器具

「フロントレバー」の練習を自宅でできる筋トレ器具を「4つ」紹介!

2022年11月5日

 

「フロントレバー」っていう超人トレーニングを公園の鉄棒でやってるけど、正直いって家でもやりたい。家で安全にフロントレバーができる器具ってないかな?

 

こんにちは、センチネルです。本記事では上記の疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • 自重超人トレーニング「フロントレバー」を、自宅で行うための器具を4つ紹介
  • それぞれの器具の特徴とデメリットを紹介

 

本記事を書いている管理人は、自宅トレーニング歴7年ほど。自宅で、フロントレバーをはじめとした超人トレーニングを絶賛練習中です。

 

超人トレーニングの中でも、比較的挑みやすいと評判の「フロントレバー」ですが、フロントレバーを行うためにはどうしても「ぶら下がる棒」が必要になります。

>>自重トレーニングの限界である12個の「自重超人トレーニング」紹介

 

近くに「公園」でもある環境なら、公園の鉄棒にぶら下がって思う存分練習に打ち込むことができますが、そういう環境の人は稀ですよね。

 

本記事では「家の中」で安全にフロントレバーを行うことができるようになる「トレーニング器具」を4つ紹介。

 

「え!こんなの売ってるの?」というものもあると思うので、最後まで読んでいってください。

 

家の中で「ぶら下がる」というと、チンニングスタンドが有名だけど、フロントレバーの練習であれば、もっと使いやすいやつがあるんだよ

 

「フロントレバー」の練習を自宅でできる筋トレ器具を「4つ」紹介!

 

本記事で紹介する、自宅でフロントレバーの練習ができる筋トレ器具は以下の4つ。

 

それぞれの器具の特徴とデメリットを紹介していきます。

 

上記のトレーニング器具のどれを導入するにしても、「トレーニングマット」などは引いておきましょう。床傷つけ防止のクッションになります。

 

「フロントレバー」ができる器具1:ディップススタンド

 

自宅でフロントレバーの練習をするのであれば、「ディップススタンド」は外せません。

 

ディップススタンドとは、以下の筋トレ器具です。

>>【ディップススタンド】ランキング「トップ3」紹介!【超おすすめ】

 

ディップススタンドの特徴は、以下の通り。

  • 構造がシンプルで非常に頑丈
  • これ1台であらゆる全身トレーニングをこなせる。汎用性ではあらゆるトレーニング器具の中でもトップレベル
  • サイズも大きくなく、生活の邪魔にならない
  • 価格も比較的安い。多くの製品は1万円しない

 

などなど。ディップススタンドは、コスパが良くて汎用性も高い、超優秀な自重トレーニング器具。フロントレバー以外の高難易度トレーニングの練習時にも大活躍します。

 

ディップススタンドでできる筋トレは、以下の記事でさらに詳しく解説。

>>ディップススタンドでできる筋トレを「9つ」紹介【万能筋トレ器具】

 

そんな優秀なディップススタンドですが、以下のようなデメリットもあります。

  • 有名メーカーのものでないと、本体が歪んでいる時がある
  • 背が低いので、懸垂系はやや苦手。懸垂を行うときは「斜め懸垂」になる

 

本体の歪みは、いくら人力でとろうとしてもとれるものではないので、本体が歪んでいる恐れがある「無名メーカー」の製品は選ぶべきではありません。

 

また、フロントレバーの練習を行うなら問題ありませんが、背が低いので「懸垂系」のトレーニングは苦手です。

 

まあそうは言っても「斜め懸垂」なら十分こなせますし、フロントレバーの練習をする上で「ディップススタンド」に不足しているものは何もありません。

 

自宅で練習するのに「最もおすすめ」するトレーニング器具。汎用性もピカイチでコスパもいい!これがあればジム不要という人もいるほど万能だよ

 

「フロントレバー」ができる器具2:チンニングスタンド

 

ディップススタンドと比べると、家の中に置くには場所をとりますが「チンニングスタンド」を使うことでもフロントレバーはできます。

 

チンニングスタンドとは、以下の筋トレ器具。

>>【チンニングスタンド】ランキング「トップ4」紹介!【超おすすめ】

 

チンニングスタンドの特徴は、以下の通り。

  • 「懸垂」を含む、あらゆる自重トレーニングをこなせられる
  • ディップスや腕立て伏せも可能で、フロントレバー以外のさまざまな超人トレーニングもこなせる
  • 使わないときは「物干し竿」としても使える
  • 意外と金額も高くなく、多くは1万5千円未満で買える

 

などなど。ディップススタンドと違って完全に体が宙に浮くので、フロントレバーの練習はディップススタンドよりも安定して行えます。

 

製品によっては「バー」が邪魔になってフロントレバーの練習に不向きなものもあるので、チンニングスタンドでフロントレバーの練習をするならバーの有無を確認しましょう。

 

以下のチンニングスタンドは「バー」がないので、フロントレバーの練習にうってつけ。

 

チンニングスタンドのデメリットは、ズバリ「設置場所」ですね。ディップススタンドに比べるとかなり大きいので、置き場所を確保しておく必要があります。

 

ただし、一度うまく設置できれば「フロントレバー」以外のさまざまな超人トレーニングが可能になります。設置場所を作ってやる価値は十分にありますよ。

 

優秀だけど、全てにおいてディップススタンドの「完全上位互換」というわけじゃない。ぶら下がるトレーニングにおいては優勝だけどね

 

自重トレーニング器具ランキング「トップ3」紹介!【全身鍛え抜く】

自重のトレーニング器具はたくさん売ってるけど、全部揃えるのは大変だから「できるだけ少ない器具」で全身を鍛えたい。器具3つくらいで全身鍛えられるかな?←こういった疑問に答えていきます

続きを見る

 

「フロントレバー」ができる器具3:懸垂バー

 

懸垂バーは、以下のような頑丈な「バー」を柱と柱の間に設置するもの。

>>「懸垂バー」おすすめランキングトップ3!【コスパ最強の懸垂器具】

 

懸垂バーの特徴は、以下の通り。

  • 省スペースで設置でき、設置後も邪魔にならない
  • 固定方法も非常に簡単で、ほぼワンタッチで設置できる
  • 見た目以上に頑丈で、フロントレバー以外にも「マッスルアップ」などの反動系のトレーニングもこなせる
  • 評判のいい製品でも五千円未満で買えるので、とてもコスパがいい

 

住んでいる家や、柱の頑丈さによって「設置できない」場合がありますが、チンニングスタンドディップススタンドよりもずっと省スペースでぶら下がることができます。

 

値段も安く、今までに紹介した「トレーニング器具」のかなでも最もコスパがいいですよ。

 

デメリットとしては、懸垂バーは「柱」に固定する必要があるので、そもそもの「柱の頑丈さ」が重要になってくるという点

 

なので家が古いと柱の強度が不安になりますし、賃貸だと柱を傷つける心配も出てきます。

 

本体そのものはコンパクトで安く、コスパの優れた製品ではありますが、いざ設置しようとするとうまくいかない時もあるので、購入前はよくよく調査する必要があります。

 

本記事で紹介している「STEADY 懸垂バー」は最高におすすめ!頑丈で安いし、ついでに評判も最高だよ

 

「フロントレバー」ができる器具4:鉄棒

 

ここで紹介する「鉄棒」は、チンニングスタンド懸垂バーのことではなく、以下のような「鉄棒台」のこと。

 

鉄棒の特徴は、以下の通り。

  • 激しく体を振っても、ぐらつくことがほとんどない
  • 高さは220cmまで伸ばせるので、大柄な男でも窮屈さはない
  • 使わないときは折りたたみ可能
  • チンニングスタンドよりも「やや高い」くらいの値段設定。2万円しない

 

Amazonや楽天ではこの鉄棒台が普通に売っています。

 

しかもこの鉄棒台は、大人が体を振ってもグラグラしない頑丈なもの。室内でフロントレバーの練習をする場合において、この「鉄棒」ほど優れたものはありません。

 

とはいえ、この鉄棒を設置するには相応のスペースが必要になるので、あくまで「余裕がある場合は検討してもいいかも」と言った立ち位置です。

 

そもそも「フロントレバー」の練習をするのであれば、これほど頑丈な鉄棒を使わなくても十分。逆上がりなどを室内で行いたいのなら話は別ですが・・・

 

ちなみに以下のような、より本格的な鉄棒も販売されていますよ。

 

「鉄棒」であればマッスルアップの練習も余裕でできる。問題は設置スペースと、商品自体の値段だね

 

「フロントレバー」の練習を自宅でできる筋トレ器具を「4つ」紹介!:まとめ

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

 

本記事の内容

  • フロントレバーの練習が家出できる「トレーニング器具」を4つ紹介
  • それぞれの器具の特徴・デメリットを解説

 

「フロントレバー」は、超人トレーニングの入り口とも言えるトレーニング。

 

本記事で紹介した器具を使ってフロントレバーを達成し、さらに高難易度のトレーニングに手をつけていきましょう!

>>自重トレーニングの限界である12個の「自重超人トレーニング」紹介

 

本記事で紹介したトレーニング器具たちです。

>>【ディップススタンド】ランキング「トップ3」紹介!【超おすすめ】

 

>>【チンニングスタンド】ランキング「トップ4」紹介!【超おすすめ】

 

>>「懸垂バー」おすすめランキングトップ3!【コスパ最強の懸垂器具】

 

 

ちなみに、管理人は以下のものを摂取して筋肉作りをしています。※プロテインは気分によって味やメーカーを変えている

 

ではでは、実りあるフロントレバーライフを〜

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

senntineru2000

当ブログを通して開業しています。 当ブログのメイン記事1:自宅筋トレ。メイン記事2:お手頃ホームシアター。あまりお金をかけずに「理想の体」と「理想のホームシアター」を作るのを手伝います。

メイン記事

1

ベンチプレス、スクワット、デッドリフトの「筋トレビッグ3」って自宅でできる?もしできるのであれば、どんな「筋トレ器具」が必要になる?最低限必要なものを知りたい!←この疑問に答えます

2

ホームシアターの初心者向けに、普段使っているホームシアタールームの全容と、必要になった機材・金額を公開。また、基本的なホームシアターを構築するための機材と、その理由も徹底解説します

3

Amazonの買い物は定価よりも安い商品が多いし、「プライム会員」でいろんな商品をもっとやすく買えるけど、それよりもさらに安く、お得に買える方法あるかな?←こういった疑問に答えます

-チンニングスタンド, ディップススタンド, 自宅筋トレ器具