" />

ホームシアター総合

自宅のホームシアターは映画館並みにできる?【数千万の費用が必要】

 

近年、ホームシアターが人気。自分も持ってはいるんだけど、ちょっと欲が出て「映画館並みの品質」にしたいと思うようになったんだが、、、やっぱりお金かかるよね?

 

こんにちは、センチネルです。本記事の内容は、以下の通り。

本記事の内容

  • 映画館並みのホームシアターの主な特徴を紹介
  • 100万円でできるホームシアターと映画館並みホームシアターの差
  • 映画館並みホームシアターの費用の目安
  • 映画館並みホームシアターを検討する際のポイント

 

本記事を書いている管理人は、ホームシアター大好きマン。普段から、基本的に映画はホームシアターで視聴します。

 

自宅で映画館のような臨場感を味わえる「ホームシアター」は、近年人気が高まっています。

 

一般的に満足いくクオリティのものであれば「10万円前後で構築することが可能」なので、近年はかなり手が届きやすくなっています。

>>ホームシアターを「予算10万円」で実現しよう【5.1chは余裕】

 

よほど高額でも、一般的な範疇であれば「100万円」を超えることは稀。

 

しかし、「映画館並み」のクオリティを求めると、一般的に想像される「100万円程度」ではなく、数千万円の費用が必要となるケースがほとんどです。

 

本記事では、映画館並みホームシアター実現に必要な機材、設置環境、費用について詳しく解説します。

 

一般的なクオリティから外れた「映画感そのもののような感動」を自宅で味わいたい方は、ぜひ目を通してください。

 

※本記事の内容は、ネット上や実店舗でよく聞く内容に「管理人なりの注釈」をつけたものになります。

 

映画館のような臨場感を自宅で再現するには?

 

映画館のような大画面と迫力ある音響で、自宅で映画を楽しみたい。それほどのレベルのホームシアターは、多くのホームシアター民にとって憧れの存在です。

 

しかし、実際にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?以下で詳しく紹介します。

 

映画館並みホームシアターの特徴

 

多くの「映画館並み」のホームシアターには、以下のような特徴があります。

 

特徴1:大画面

映画館のように視界いっぱいに広がる大画面は、通常のホームシアターよりも遥かに没入感あふれる映像体験を提供します。100インチ以上のスクリーン(これでも小さい方ですが)が理想的。

 

ちなみに、一般的な映画館のスクリーンのサイズは「650~690インチ相当」だと言われている。それを考えると、100インチでも小さいほどだよ

 

特徴2:高画質

4K解像度やHDR対応などの高性能なプロジェクターを使用することで、最新のテレビに匹敵するほどの鮮明で美しい映像を楽しむことができます。

 

近年の家庭用プロジェクターの性能向上っぷりは凄まじいよ。モデルによっては、古い映画館の映像を上回る!

 

特徴3:サラウンド音響

「5.1ch」や「7.1ch」や「ドルビーアトモス」などのサラウンドシステムで、前後左右上下から音が迫ってくるような立体的な音響を再現できる。

>>イネーブルドスピーカーで体感するドルビーアトモスの実力を紹介!

 

最低でも「5.1ch」は欲しい。実際は「4.0ch」でも問題ないけど、部屋が大きければ大きいほど「チャンネル数の多さ」がものをいうからね

 

関連記事

>>ホームシアターの「チャンネル(ch)」を解説!【初心者でも理解】

 

特徴4:防音

映画館のような音響を楽しむためには、音漏れ防止の防音対策が必須です。実現するためには、部屋全体に防音材を施工したり、遮音性の高いドアや窓を設置する必要があります。

 

一般的に、ここが一番のネックとされている。大出力スピーカーを用意して大きな音を出そうにも、防音が微妙だと全然楽しめない・・・

 

特徴5:専用シアタールームを設けることが多い

理想的な音響環境を実現するためには、専用のシアタールームを設けるのがおすすめ。シアタールームには、防音はもちろん音響反射や反響を抑える設計も必要になります。

 

シアタールームなしに、家庭で「映画館並みのホームシアター」を作るのは相当難しい。完全な暗室・音の漏れ・空調や温度管理が必要だからね

 

これらの要素をすべて満たすホームシアターは、まさに映画館を自宅に持ち込んだような贅沢な空間と言えるでしょう。

羨ましい限りです。

 

補足

  • 映画館並みホームシアターは、あくまでも理想形です。予算や環境に合わせて、自分に合ったホームシアターを構築しましょう。
  • ホームシアターは、機材や設置場所だけでなく、視聴するコンテンツも重要です。映画だけでなく、ライブやスポーツ観戦など、さまざまなコンテンツを楽しむことを想定して導入の計画をしましょう。
  • ホームシアターは、家族や友人と共有することで、より一層楽しめます。一緒に楽しめる相手がいるかどうかも考慮しましょう。

 

100万円でできるホームシアターと映画館並みホームシアターの差

 

一般的なホームシアターであれば、プロジェクタースクリーンスピーカーなどの機材を揃えても「10万円〜100万円程度」で構築可能です。

 

多くのブロガーやYouTuberは、このあたりの金額で完成形を作っている。

 

しかし映画館のような臨場感を追求すると、機材選びから設置場所の環境整備に至るまで、相当なこだわりが必要になります。

 

ここからは、一般的な(上限100万円ほどのもの)ホームシアターと、映画館並みのホームシアターに使われる機材の金額の違いを紹介します。

 

10〜100万円ほどで構築できるホームシアター

 

10〜100万円ほどで構築できるホームシアターの機材は、大体以下の金額に収まるものが多いです。

  • プロジェクター:フルHD解像度のモデルが中心。価格は数万円から数十万円程度。
  • スクリーン100インチ以下のスクリーンが一般的。天井吊り下げ式や電動スクリーンも人気。
  • スピーカー5.1chサラウンドシステムが主流。サウンドバータイプも選択肢の一つ。
  • 防音:簡易的な防音対策のみ。ある程度の遮音性は期待できるが、本格的な防音には不十分。
  • 設置場所:リビングなど、既存の部屋を利用。

 

近年は「リビングにプロジェクター+サウンドバー」が主流になってる。この場合、基本的には30万円未満で済むことの方が多い

 

映画館並みホームシアター

 

「映画館並みのホームシアター」で構築する機材は、大体以下のようになるものが多いです。

  • プロジェクター:4K解像度やHDR対応の高性能モデル。価格は数十万円から数百万円まで幅広い。
  • スクリーン:100インチ以上のスクリーンが理想的。設置場所や予算に合わせて選びましょう。
  • スピーカー:7.1ch以上のサラウンドシステムや、高音質なスピーカーを使用。スピーカー数は10個以上になることもザラ。
  • 防音:部屋全体に防音材を施工したり、遮音性の高いドアや窓を設置する。
  • 設置場所:理想的な音響環境を実現するためには、専用の部屋(シアタールーム)を設けることがほとんど。

 

映画館並みホームシアターは、機材・設置環境・費用すべてにおいて、一般的なホームシアターとは大きく異なる

 

機材に関しても、ネットでもなかなかヒットしないものが多い。シアタールーム施工時に、業者おすすめのものを一緒に購入するんだろうね

 

映画館並みホームシアターの費用の目安

 

上で紹介したような設備をすべて揃え、専用シアタールームを設けるとなると「数千万円」の費用がかかります。

 

具体的には、

  • 機材費:100万円~数千万円
  • 設置工事費:数十万円~数百万円
  • 防音工事費:数十万円~数百万円
  • シアタールーム改装費:数百万円~数千万円

 

と言った数字になります。合計すると、トータルで「数千万円級の金額」がかかるのはザラです。

※こだわりによって、金額は大きく変化するため。特にスピーカーの金額の振り幅は凄まじいです。

 

機材にかかる金額の内訳例。

  • 4Kプロジェクター:500万円
  • 120インチスクリーン:100万円
  • 7.1chサラウンドスピーカー:300万円
  • 防音工事:500万円
  • シアタールーム改装:1000万円

 

上記はあくまで一例であり、実際の費用は、使用する機材や業者、施工内容によって大きく異なります。しかし、数千万円という高額な費用が必要となることは間違いありません。

 

スクリーンやプロジェクターなんかは、もっと金額を抑えられる気がする。まあ、そこを抑えても工事や改装でえげつない金額はかかる

 

費用を抑えるポイント

 

映画館並みホームシアターは高額ですが、以下の点に注意することで、ある程度費用を抑えることができます。

  • 中古機材を活用する:新品にこだわる必要はなく、状態の良い中古機材であれば、費用を大幅に節約できる。
  • DIYで施工する:防音工事やシアタールーム改装などを自分で行うことで、人件費を削減できます。ただし、専門知識や技術が必要となるため、難易度が高くなりがち。
  • 段階的にグレードアップする:最初からすべてを完璧に揃えるのではなく、予算に合わせて必要な機材から徐々に揃えていく方法もあります。

 

スピーカー類は中古でも全然問題ない。むしろ「エイジング」が済んでいることを考えると、中古「が」いいとも言える

 

アンプやプロジェクターは新品の方がいいね。特にプロジェクターはレンズの寿命があるし。DIYは、、、頑張って時間作ってこなすしかない

 

 

※一般的なホームシアターの作り方は、以下で紹介しています。

>>「5.1chホームシアター」の作り方を紹介【揃える機材の順番も】

 

映画館並みホームシアターを検討する際のポイント

 

映画館並みホームシアターの実現時に「検討すべき(注意すべき)ポイント」は次のとおりです。

 

  • ポイント1:予算を明確に設定する。

まず、どのくらいの費用をかけられるのか、予算を明確に設定しましょう。予算が決まれば、それに合った機材や設置方法を選ぶことができます。

 

※予算10万円くらいでも、一応以下のようなレベルには到達できます。

>>ホームシアターを「予算10万円」で実現しよう【5.1chは余裕】

 

  • ポイント2:専門業者に相談する。

映画館並みホームシアターの構築は、より専門的な知識や経験が必要となります。そのため、実績のある専門業者に相談することをおすすめします。

>>シアタールームの業者をGoogleで検索しておきました。

 

  • ポイント3:設置場所の環境を考慮する。

設置場所の広さや構造、防音性能などを考慮する必要があります。また、近隣への音漏れ対策も必要です。

 

  • ポイント4:長期的な視点で計画を立てる。

ホームシアターは、一度にすべてを揃えなければいけないわけではありません。予算や状況に合わせて、段階的にグレードアップしていくこともできるので、長期的な視点で計画を立てましょう。

 

映画館のようなホームシアターは夢のような空間ですが、現実的な面もしっかりと検討する必要があります。上記を参考に、自分にとって最適なホームシアターを計画していきましょう。

 

自宅のホームシアターは映画館並みにできる?【数千万の費用が必要】:まとめ

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

本記事の内容

  • 映画館のような臨場感を自宅で再現するには?
  • 100万円でできるホームシアターと映画館並みホームシアターの差
  • 映画館並みホームシアターの費用の目安
  • 映画館並みホームシアターを検討する際のポイント

 

映画館並みホームシアター実現のためのチェックリスト

  • 予算は明確に設定したか?
  • 専門業者に相談したか?
  • 設置場所の環境を考慮したか?
  • 長期的な視点で計画を立てたか?

 

これらの点をしっかりと確認し、計画的に進めることで、映画館のような感動を自宅で味わえるホームシアターを手に入れることができるでしょう。

 

まあ正直いって、暴力的にお金を使うことでしか実現できないことではありますが。。。それでも「費用を抑えるポイント」で紹介したように、幾らか費用をましにはできます。

 

ではでは、夢の「映画館並みホームシアター」の実現に動き出してみましょう!

 

-ホームシアター総合