" />

ホームシアター総合

「5.1chホームシアター」の作り方を紹介【揃える機材の順番も】

2022年7月30日

 

「5.1chホームシアター」を作りたいんだけど、まず何が必要でどんな順番で作っていけばいいんだ?説明書とかもないから何をしたらいいのか全くわからんし・・・

 

こんにちは、センチネルです。本記事では、上記の疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • 5.1chホームシアターを作るために「必要な機材」を紹介
  • 機材を「ゲットするべき順番・優先順位」も解説
  • 実際に5.1chホームシアターを作る流れを紹介

 

本記事を書いている管理人は、ホームシアター歴7年ほど。現在は5.1chホームシアターの上位互換となる「ドルビーアトモス」に対応したシアターで映画を楽しんでいます。

※「ドルビーアトモス」の内容は、イネーブルドスピーカーで体感するドルビーアトモスの実力を紹介!を参照。

 

現在では予算が10万円ほどあれば、かなり本格的なホームシアターを作る事が可能になっています。

>>ホームシアターを「予算10万円」で実現しよう【5.1chは余裕】

 

また、5.1chのホームシアターであれば「セット販売」もされています。

>>「5.1chホームシアターセット」おすすめランキングトップ3紹介

 

ただ、これらのセット内容は「スピーカーセット」である事が多く、ホームシアターの中核となる「AVアンプ」や、映像を映す「テレビやプロジェクター」や、再生機器、各種ケーブルは含まれていません。

 

本格的な5.1chホームシアターを作るには、上記の機材が不可欠!

 

とはいえ、そんなに多くのものが必要と言われても、ごっちゃごちゃになりますし、機材を揃えたところで「組み立て方や繋げ方の手順」はどうすればいいんだ!?となりますよね・・・

 

そこで本記事では、5.1chホームシアターを作るために「必要な機材」を紹介し、機材を「ゲットするべき順番・優先順位」を解説。

 

締めくくりに「実際に5.1chホームシアターを作る流れ」を紹介していきます。

 

本記事を読めば、5.1chのホームシアターを余裕で作れるようになるよ

 

5.1chの「上位互換」である、7.1chやドルビーアトモスもやってることは同じだから、5.1chの知識を応用すれば作れるようになる!

 

分かりにくい「5.1ch」や「7.1ch」などの解説は、以下の記事で解説しています。

>>ホームシアターの「ch(チャンネル)」を解説!【初心者でも理解】

 

5.1chホームシアターを作るために「必要な機材」を紹介

 

5.1chのホームシアターを作る上で、これさえあればok!な機材は以下の通り。

 

各機材のおすすめのものは、機材名をクリックしてもらえばリンク先に飛べます。

※スピーカー系は「おすすめランキング」記事に飛びます

 

お世辞にも「機材が少なくて済む」とは言えませんが、5.1chのホームシアターを作るのであれば、どうしても上記の機材は「全て」必要。

 

各機材の役割は、>>ホームシアター費用を全て公開!必要な機材リスト付き【初心者向け】で解説中です。

※必須ではなくても、「あると便利な機材」も同時に紹介しているので、必要な機材を全部知りたい場合は読んでみましょう!

 

機材が多くなるのは仕方ないね。もっと簡単に揃えられれば、ホームシアターの敷居も下がるんだけどな〜

 

5.1chとなると、自分の周りを「スピーカー」が囲う必要があるから、スピーカーもケーブルも多くなる。でも5.1chでさえ、ホームシアターでは「基本形」なんだよ

 

機材が多すぎる!やっぱり揃えるのは面倒臭い!という場合は、以下のような「サウンドバー」を選ぶ選択肢もあります。

>>サウンドバーおすすめランキングトップ3【ドルビーアトモスに対応】

 

ただし、サウンドバーとホームシアターでは、以下の記事で解説しているように「得られる体験」に大きな差がありますよ。

>>サウンドバーとホームシアターはどちらがおすすめ?【3項目で比較】

 

機材を「ゲットするべき順番・優先順位」を紹介

 

この項目では機材の「ゲットするべき順番・優先順位」を紹介していきます。

 

しかし、ゲットする機材の優先順位と「お金をかける機材の優先順位」は若干異なるので、「最高の環境」にしたい場合は、この項目と併せて以下の記事も読んでください。

>>ホームシアターで「お金をかけるべき機材」ランキングトップ3を紹介

 

そして、ゲットするべき機材の優先順位は以下の通り。

  1. テレビorプロジェクター
  2. 各種ケーブル類
  3. 再生機器(fireTV stickやPS4など)
  4. AVアンプ
  5. フロントスピーカー
  6. サブウーファーorサラウンドスピーカー
  7. センタースピーカー

 

なぜ上記のような順序で入手するべきなのか、それぞれ解説していきます。

 

テレビやfireTV stick・PS4などの、普段からよく使われるものはホームシアターでも「入手優先順位」が高いね

 

テレビなどがない、まっさらな状態から5.1chを作る場合の話だけどね。ほとんどの場合は「4」のAVアンプの入手からになると思うよ

 

ちなみに管理人は、最初は以下の記事で紹介しているホームシアター機材を使っていました。

>>ホームシアター費用を全て公開!必要な機材リスト付き【初心者向け】

 

ゲットする機材の優先順位1:テレビorプロジェクター

 

まずは、テレビやプロジェクターをゲットしましょう。これらがないと映像が映りませんので。

 

ちなみに、ホームシアターで使用すべきテレビの大きさに「決まり」はありません。たとえ画面が小さいテレビでも、自分が満足できていれば、それは立派なホームシアターです

 

一方で、自宅映画館であるホーム「シアター」らしさを求めるならば、画面サイズは大きければ大きいほどよし。

 

テレビの場合、ホームシアターらしい迫力を求めるなら「55インチ以上」の画面サイズは欲しいところ。

 

ただし、大画面を求めるならば「テレビ」よりも圧倒的に「プロジェクター」を選んだほうがいいですよ。

「プロジェクター」が「絶対に”テレビ”よりおすすめ」な理由を解説

 

今のプロジェクターは、低価格の製品でも画質がキレイですし、100インチの画面を作る事だって余裕です。しかも設置も簡単!

 

※プロジェクターを置く「環境」によって、設置の難易度は変化するので、設置環境が不安な場合はプロジェクターのおすすめの設置方法3つ紹介!【リビングで楽しむ】を読んでみてください

 

もちろん大画面テレビもいいですが、プロジェクターの「作れる画面に対して価格が安い」コスパの良さを知ると、、、テレビよりもずっとおすすめします。

 

60インチ級以上の画面サイズを求めるなら、テレビよりもプロジェクターだよ。何より、そのサイズのテレビは価格が非常に高い!

 

今のプロジェクターは、3万円の製品でもテレビ顔負けの画質を実現しているし、120インチ級の画面も余裕で写せる。コスパの良さはテレビの比じゃない

 

>>「プロジェクター」おすすめランキングトップ3を紹介【3万円前後】

 

ゲットする機材の優先順位2:各種ケーブル類

 

次に、各種ケーブル類をゲットしましょう。これがないと映像も音声も流せません。

 

5.1chを作るのであれば、最初から5.1ch分の本数を揃えておくと、スムーズにシアターの構築が進みますよ。

 

5.1chのホームシアターを作るのであれば、用意すべきケーブル類は以下のようになります。

 

プロジェクターで映画を見るのであれば、HDMIケーブルのうちの1本は「5m以上の長いもの」を用意してください。※もう1本は2m前後のものでOK!

 

なぜなら、プロジェクターは「投影距離」が伸びるほど画面を大きくする事ができるので、それに応じてHDMIケーブルも長いものが必要になってくるからです。

 

プロジェクターの「投影距離」と「画面の大きさ」の関係は、製品によってまちまちなのでなんとも言えませんが、たとえば「1.5mの距離で100インチの画面が作れる!」となっている製品でも、HDMIケーブルの長さは5mくらいあった方が安心です

 

サブウーファーケーブルは、以下の長さのもので大丈夫。

 

スピーカーケーブルは以下のような「リール状になった製品」を選べば、好みに合わせてケーブルの長さを決められます。30mもあれば十分。これは超高性能な逸品ですよ。

 

HDMIケーブルは、いろんな機器に「付属」してくるのもあるから、買い足すのは5mオーバーのものだけで良いよ

 

サブウーファーケーブルは、30mのものがあれば5.1chのホームシアター全体を補える。というか結構余るはず

 

ゲットする機材の優先順位3:再生機器(fireTV stickやPS4など)

 

テレビ類やケーブル類が揃ったところで、再生機器(fireTV stickやPS4など)をゲットしましょう。ここまで揃えば、もう普通に映画を見る事ができます。

 

現在は、自宅で映画を見るなら月額制で映画見放題の「ストリーミングサービス(VOD)」が主流。映画を見るだけであればそれらの再生できる「fireTV stick」があれば十分ですよ。

 

ホームシアター向けのVODは、ホームシアター向けの音声で集録されている「Amazonプライムビデオ」が圧倒的におすすめ。詳しい解説は以下参照。

>>Amazonプライムビデオが「ホームシアター」向けの理由を解説!

 

ちなみに「VOD再生機器」は、fireTV stick以外にも以下のものがあります。

 

まあ、価格と性能を踏まえた「コスパ」ではfireTV stickが圧倒的にいいので、本記事ではfireTV stickをおすすめしています。

※性能はAppleTVが最強ですが

 

もっとも、「PS4や5」はVOD(ストリーミングサービス)のアプリを内蔵しているので、それらを持っていれば「fireTV stick」などを買い足さなくてもOKです。さらにゲームもできますしね。

 

また、「PS4や5」は「Blu-ray Disc」を再生できる点が強みです。

 

Blu-ray Discは2022年現在でも、VODよりも画質、音質共に上!その分、VODのように月額で見放題ではなく、作品ごとに購入する必要がありますが。

 

Blu-ray DiscとVOD(ストリーミングサービス)のどちらがいいかは、以下の記事を読んで判断するといいですよ。

>>ブルーレイとストリーミングはどっちがいい?【お得サービスも解説】

 

現代では自宅映画はVODが主流で、中でも「Amazonプライムビデオ」がおすすめ。再生機器は色々あるけど、fireTV stickがコスパ最強

 

最高の映像・音声を求めるなら「Blu-ray Disc」を再生できるものを選ぼう。おすすめはゲームもできる「PS4や5」!

 

ゲットする機材の優先順位4:AVアンプ

 

次に、ホームシアターの「基幹」であるAVアンプをゲットしましょう。

 

テレビやプロジェクターなどの、「映像面での迫力」のみを求めるのであればAVアンプは不要ですが、多くのスピーカーを使った「臨場感あるホームシアター」を作る場合には必須のものになります。

 

AVアンプは、各スピーカーを調整する役割を持った機材。これがないと、ホームシアターで「理想的な音響」を作る事ができない!

 

AVアンプの選び方はホームシアター用「AVアンプ(レシーバー)」の役割と選び方を紹介で解説していますが、「5.1chホームシアター」を作るのであれば、以下の製品さえ選んでおけば問題ありません。

 

また、将来的に「5.1chホームシアター」よりも上の「ドルビーアトモス対応ホームシアター」の構築も視野に入れている場合は、最初からドルビーアトモス対応アンプをゲットしておくと、後からアンプを買い足さなくてすみます。

>>ドルビーアトモス対応おすすめ「AVアンプ」3つ紹介【コスパ重視】

 

まあ、とは言っても日本の住宅では「5.1chホームシアター」が最適解ですし、部屋のサイズ的にも5.1chが限界です。

 

ドルビーアトモス対応のホームシアターを作れるのは、シアタールームを用意できる贅沢な人に限られるので、基本は5.1chに対応している製品で問題ありません。

 

ドルビーアトモスは、5.1chの倍近い数のスピーカーを使うから、設置もメンテナンスも調整も大変

 

そもそも5.1chこそが「完璧なバランスのホームシアター」と言われているし、無理にそれ以上を目指さなくていいよ

 

ドルビーアトモスとなると、どれだけ「各スピーカーの設置」が大変かは、以下の記事で解説しています。

>>ホームシアターは「スピーカーの角度」が超重要【機材変更はその後】

 

ゲットする機材の優先順位5:フロントスピーカー

 

5.1chホームシアターの醍醐味といえば、映画館らしい音響です。そして、その音響を実現できるのは「各種のスピーカー」があってこそ。

 

さらに、その各スピーカーの中でも最も重要となるものが「フロントスピーカー(トールボーイスピーカー)」です。

 

フロントスピーカーが優れていれば、サブウーファーやセンタースピーカーが不要になることもある!

 

フロントスピーカーが、ホームシアターのスピーカーの中でもどれだけ重要かは以下の記事で解説中。

>>【ホームシアター】フロントスピーカーの役割を解説!【初心者向け】

 

以下のものは、管理人がとっても気に入っているもの。品切れ注意。

 

上記の製品以外の、フロントスピーカーの中でもコスパが良く、多くの人に絶賛されている製品を以下でまとめました。

>>「フロントスピーカー」売れ筋ランキングトップ3【コスパ重視】

 

フロントスピーカー次第で、ホームシアター全体の音響や雰囲気が変わる。他のスピーカーはざっくり選んでいいけど、こればかりはいいものを揃えたい

 

スピーカー類で「コスパ」がよく、性能がいいものを求めるなら「POLK AUDIO」社の製品を超おすすめする。日本の製品にもひけを取らないのに安い!

 

オーディオ界隈で絶賛されている「POLK AUDIO」社の製品には、下記記事のような特徴があります。

「Polk Audio」の製品を超絶おすすめする「3つの理由」を紹介!

「Polk Audio」っていうオーディオメーカーが、近年注目を浴びていてホームシアター業界が賑わっている。でもなんでそんなに騒がれているのかな?←3つの理由を用いて疑問に答えます

続きを見る

 

ゲットする機材の優先順位6:サブウーファーorサラウンドスピーカー

 

フロントスピーカーの次は、サブウーファーかサラウンドスピーカーを揃えましょう。

 

どちらから揃えても問題ありませんが、サブウーファーを揃えると重低音が豊かになるので、「映画らしいド迫力の音響」になります。

>>2万円前後「サブウーファー」おすすめトップ3【ホームシアター版】

 

映画において、サブウーファーがもたらす「恩恵」は計り知れません。サブウーファーの重低音があってこそ、ホームシアターと言えるでしょう。

 

サブウーファーの詳しい役割は、以下の記事で解説しています。

>>【ホームシアター】サブウーファーの役割を初心者向けに解説!

 

ただ、フロントスピーカーの性能が優れていれば、サブウーファーがなくても十分な重低音が得られますし、そもそもサブウーファーだけでは通常の音声すら流れません。

 

なので、サブウーファーの優先度はフロントスピーカーよりも下。

 

そして「サラウンドスピーカー」は、自分の後ろに置くスピーカーです。サラウンドスピーカーがあることで、映画館特有の「囲い込む音響」が完成しますよ。

>>「サラウンドスピーカー」おすすめランキングトップ3【コスパ最高】

 

「音の移動」や「空間の演出」などの表現で大活躍するスピーカーでもあり、このスピーカーがあると自分の周りを「音が飛び交う」経験をする事が可能!

 

サラウンドスピーカーの詳しい役割は、以下の記事で解説しています。

>>ホームシアターの「サラウンドスピーカー」とは?初心者向けに解説!

 

ただ、サラウンドスピーカーもサブウーファーと同様で、あれば豊かな映画体験ができるものですが、フロントスピーカーがないと機能しないものなので優先度はフロントスピーカーよりも下です。

 

5.1chホームシアターをする以上、両方ともなくてはならない機材だけど、人によっては、特にサブウーファーは外している場合もあるよ

 

重低音は近所迷惑になるし、フロントスピーカーの性能によっては重低音をカバーできる。その意味ではサラウンドスピーカーの方が優先度が高いかも

 

ちなみにサラウンドスピーカーは、以下のような「スピーカースタンド」を用いて設置することが前提の機材です。

 

ゲットする機材の優先順位7:センタースピーカー

 

最後にゲットする、つまり5.1chホームシアターの中でも最も優先順位が低いものは、センタースピーカーです。

>>センタースピーカーおすすめランキングトップ3【2万円前後モデル】

 

センタースピーカーは、主にセリフを明瞭にしたり、セリフを聞きとり易くする役割があるので、ホームシアターで多人数で映画を見る時に重宝するスピーカー。

※常にホームシアターの「中心」からセリフが聞こえてくるようになるため

 

ただ、センタースピーカーがあることによって、音響がチグハグになることもあるので、必要かどうか意見が分かれることも結構あるのも事実。

 

本記事では5.1chホームシアターに必要なものを全部紹介しているので、このセンタースピーカーも一応紹介しますが、、、現在、管理人は使っていません

 

センタースピーカーの役割については、以下の記事で解説しています。

>>【ホームシアター】センタースピーカーの役割を初心者向けに解説!

 

フロントスピーカーさえ優秀なら、このセンタースピーカーは不要っていう意見が多い

 

フロントスピーカーの大黒柱っぷりが凄いね。このセンタースピーカーとサブウーファーを抜いた「4.0ch」が最強のホームシアターだっていう声も結構ある

 

実際に5.1chホームシアターを作る流れを紹介

 

ここまで、5.1chのホームシアターに必要となる機材と、必要な理由を紹介してきました。

 

ここからは、ゲットした機材を使って、どうやって5.1chホームシアターを作っていくのかを解説します。

 

5.1chホームシアターの構築方法は簡単で、「機材を配線で繋ぐだけ」です。その手順は以下の通り。※この通りにつなげばあっさり完成します

  • 手順1:AVアンプの「HDMIのIN端子」に、fireTV stickなどの「再生機器」を接続する
  • 手順2:AVアンプの「HDMIのOUT端子」に、テレビやプロジェクターなどの「外面を移す機器」を接続する※プロジェクターの場合は5mのHDMIケーブルを使用する
  • 手順3:左右のフロントスピーカーとAVアンプを、スピーカーケーブルで接続する
  • 手順4:左右のサラウンドスピーカーとAVアンプを、スピーカーケーブルで接続する
  • 手順5:センタースピーカーとAVアンプを、スピーカーケーブルで接続する
  • 手順6:サブウーファーとAVアンプを、サブウーファーケーブルで接続する

 

大まかに言えば、たったこれだけです。

 

注意点として、各種スピーカーケーブルは、スピーカーとAVアンプの距離によって長さを変える必要があるので、「長さが足りない」とならないようにしましょう。

 

参考までに、管理人は8畳の部屋を目一杯使って各種スピーカーを設置していて、それぞれのスピーカーケーブルの長さは以下のようにしています。

  • フロントスピーカー:スピーカーケーブルの長さ=3m×2本
  • センタースピーカー:スピーカーケーブルの長さ=2m×1本
  • サラウンドスピーカー:スピーカーケーブルの長さ=7m×2本

 

サラウンドスピーカーは、自分の背後に置くスピーカーとなるので、スピーカーケーブルは長いものを作っておきましょう。

※テレビやAVアンプの後ろで束ねればいいので、長すぎても問題ありません

 

また、各スピーカーの配置、置き場所は以下の記事を参考にしてください。

>>ホームシアターは「スピーカーの角度」が超重要【機材変更はその後】

 

まあ、厄介なのは配線の繋ぎ方よりも、スピーカーやプロジェクターの「設置スペース」を確保できるかどうかってところだね

 

特に、自分の後ろに置く「サラウンドスピーカー」の設置スペースを確保できなくて、ホームシアターを断念するケースが多い。残念だけどそういうこともある

 

映像を映す機器に「プロジェクター」を選んだ場合、いろいろな工夫をしないと映像が綺麗に映らなかったり、設置そのものがうまくいかない可能性もあります。

 

そんな時は、以下の記事を読めば問題解決できますよ。

 

いいホームシアターにするために必要な「微調整方法」を紹介

 

設置手順と、必要となる長さのケーブル、スピーカーの置き場所や角度を紹介しましたが、これだけで「いいホームシアター」になるかというと、まだまだです。

 

ここまでは、ケーブル類を器材に繋いで機材とスピーカーを設置しただけ。

 

映像面はそれでも十分ですが、音響面はまだまだ不十分。音響をよくするには、もう一手間かけてやる必要があります。

 

ホームシアターは、映像よりも音響の方が重要。音響が整うと、得られる体験も段違いに上がる!

 

中でも、サブウーファーは置き場所が悪いと、非常に気持ちの悪い音響になることがあります。

 

以下の記事にて、理想の置き場所を解説中。

>>サブウーファーは「テレビ裏」に置こう【ホームシアターが化けます】

 

また、AVアンプに備わっている「イコライザー機能」を使って、各スピーカーの音質を調整することもできます。必須ではないですが、、、やるとやらないとでは大違いなので、管理人は調整していますよ。

 

管理人が自分のシアターで映画を見るときに聞いている設定を、以下の記事でまとめました。

>>ホームシアターの音質を無料で改善する方法【イコライザーに頼る!】

 

前の項目で紹介した>>ホームシアターは「スピーカーの角度」が超重要【機材変更はその後】と合わせて上記の2つの記事内容を実践すると、機材を繋いだだけでは得られない「完成度の高いシアター」が出来上がります。

 

ホームシアターを組み終わったら、ぜひ試してみてください。

 

ホームシアターを組んだだけでは、意外とチグハグな音がするものだよ

 

微調整をしないと、場合によっては「期待はずれ」と感じると思う。微調整大事

 

「5.1chホームシアター」の作り方を紹介【揃える機材の順番も】:まとめ

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

  • 5.1chホームシアターを作るために「必要な機材」を紹介
  • 機材を「ゲットするべき順番・優先順位」も解説
  • 実際に5.1chホームシアターを作る流れを紹介

 

5.1chのホームシアターを作るために最低限必要な機材は、以下のものでしたね。

 

そして、それらの機材は以下の順番でゲットすれば、ホームシアター構築がスムーズに進むことを紹介しました。

 

後は、「実際に5.1chホームシアターを作る流れを紹介」で解説した順番で、簡単に5.1chのホームシアターを作ることができます。作った後の微調整も忘れずに。

 

非常に長くなってしまいましたが、本格的なホームシアターの入り口となる「5.1chホームシアター」の作り方の解説でした。

 

ホームシアターにはいろんなバリエーションがありますが、やはり5.1chとなると、迫力やリアル感が段違いに上がります。

 

管理人は本格的な5.1chホームシアターを作ってから、以下の記事のようにいろんなことや経験を得ました。

>>ホームシアターを作ることで得られること5つ紹介【生活が変わる!】

 

・・・きっと、ホームシアターを導入すれば、毎日の映画やゲームが「震えるほど楽しく」なるでしょう!

 

ではでは、いいホームシアターライフを〜

 

機材を安く買うなら、以下の記事を読んでおかないと損をするかも!?

Amazonで「最もお得に買い物をする」方法を紹介【ポイ活重要】

Amazonで「最もお得に買い物をする」方法を紹介【知らないと大損】

Amazonの買い物は定価よりも安い商品が多いし、「プライム会員」でいろんな商品をもっとやすく買えるけど、それよりもさらに安く、お得に買える方法あるかな?←こういった疑問に答えます

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

senntineru2000

当ブログを通して開業しています。 当ブログのメイン記事1:自宅筋トレ。メイン記事2:お手頃ホームシアター。あまりお金をかけずに「理想の体」と「理想のホームシアター」を作るのを手伝います。

メイン記事

1

自宅でできる筋トレ器具はたくさんありますが、本当に必要な器具はごくわずかなものです。本記事では「これさえあれば全身を鍛えられる」自宅筋トレ器具を3つの厳選し、その理由と効果を解説!

2

ホームシアターの初心者向けに、普段使っているホームシアタールームの全容と、必要になった機材・金額を公開。また、基本的なホームシアターを構築するための機材と、その理由も徹底解説します

3

Amazonの買い物は定価よりも安い商品が多いし、「プライム会員」でいろんな商品をもっとやすく買えるけど、それよりもさらに安く、お得に買える方法あるかな?←こういった疑問に答えます

-ホームシアター総合