" />

プロジェクター

「BenQ TH671ST」プロジェクターをレビュー【デメリットも紹介】

2022年6月7日

 

こんにちは、センチネル(@senntineru20001)です。

本記事では、プロジェクターの「BenQ TH671ST」をレビューしていきます。

 

本記事の内容

  • プロジェクター「BenQ TH671ST」をレビュー

 

本記事を書いている管理人は、「BenQ TH671ST」をホームシター用に使って3年が経過。このプロジェクターの良い面も悪い面もほぼすべて理解しています

 

この「センチネルのブログ」のいろんな記事で、「ホームシアターらしい大画面をゲットするなら、テレビよりもプロジェクターがおすすめ」と言ってきました。

>>プロジェクター関係のまとめ記事はこちら

 

その考えの「基準」となっているプロジェクターが、本記事で扱う「BenQ TH671ST」です。

 

そんなわけで、使用歴の長い管理人の視点で、そのプロジェクターの「特徴・メリット・デメリット」などを今更ながらレビューしていきます。

 

「BenQ TH671ST」は購入後3年経ってるけど、まだまだ現役。というか今でもメインプロジェクターとして使ってるよ

 

本記事でレビューするものはこちらのプロジェクター。

 

プロジェクターはこうやって選びましょう!

>>ホームシアターで使う「プロジェクター」の選び方を初心者向けに紹介

 

プロジェクター「BenQ TH671ST」の特徴・スペック

 

「BenQ TH671ST」の各スペックは以下の通り。

出典:「BenQ TH671ST」公式サイト

 

スペックだけ書かれても参考にならないと思うので、この手のプロジェクターで最も「重要視される」以下のポイントを細かく解説していきます。

  • 解像度
  • 明るさ
  • スピーカーの音質
  • 接続可能な端子
  • 動作音
  • 暑さ

 

これらは、どれもプロジェクター選びで重要になるものです。

 

逆にいうと、普通にプロジェクターを選ぶ分には、これら以外は特に気にしなくてもいいですよ。

 

解像度

 

「BenQ TH671ST」の解像度は「1080p(1980×1080)」のフルHDです。

 

このプロジェクターはテレビ顔負けに「キレイに」映像を映してくれますが、「4k画質」には対応していません。

 

4k画質に対応していないとは言っても、適正距離からプロジェクタースクリーンなどに投影すれば十分キレイ

 

プロジェクタースクリーンは、以下の製品がおすすめ。

 

プロジェクタースクリーンを使う「メリット」や「選び方」は、以下の記事で紹介中。

>>プロジェクターの画質向上には「スクリーン」を導入すべし【効果大】

 

上記のようなスクリーンに投影すれば、「フルHD」のテレビと見劣りしません。

※流石に4k画質のテレビには若干負けます

 

そもそも「100インチの画面」の前では、4kでもフルHDでも「些細な差」にしか写りませんし、圧倒的大画面による没入感はどっちであろうと大差ありません。

 

管理人の感覚では、プロジェクターなら100〜120インチくらいなら、本製品と同じく「フルHD」のスペックがあれば十分です。

 

テレビなら4kとフルHDは結構差があるけど、プロジェクターだとそこまで差を感じない。超大画面は、そういった些細な差を吹き飛ばしてしまう

 

明るさ

 

「BenQ TH671ST」の輝度は、3000ANSI(アンシ)ルーメンです。

 

多くの家庭用プロジェクターが200〜2000ANSIルーメンなので、3000にもなる「BenQ TH671ST」の輝度は、相当明るいということがわかります。

 

ちなみに、近年のプロジェクターの明るさは「ANSIルーメン」が基準。

※安物中華プロジェクターで「10000ルーメン」などで記載されているものが大量にありますが、「ANSIルーメン」でないので、数字が大きくても全く当てにならない

 

3000「ANSIルーメン」もあると、以下の画像のように光がダダ漏れしている部屋でも、かなり映像が見えます。

 

この画像は「真っ昼間」に撮りました。

これが3000ANSIルーメンの実力です。

 

明るさの参考にしてください。

 

この部屋では、以下のような「遮光カーテン」を使っていませんが、遮光カーテンを使えばこの章の「ゴジラの画像」レベルの画質になります!

 

遮光カーテンを使うことの「圧倒的メリット」は以下で解説中。

>>【プロジェクター】明るい部屋で快適に見る方法【遮光カーテン最強】

 

昼間からこれだけの画像で見れるから、実質いつでもこれくらいの明るさで見れる。昼間からプロジェクターで映画やゲーム画面が見れる!

 

スピーカーの音質

 

「BenQ TH671ST」は、本体にスピーカーを備えています。

 

そして、このスピーカーは「イコライザー設定」も可能で、最初からいくつかのイコライザーも登録されていて、これがなかなか便利!

 

とはいえ、このスピーカーの音質は「過剰な期待をしなければ聴ける」と言ったレベルのもの。

 

音質的には、質の良いノートパソコンといい勝負

 

なので、映画的な迫力は期待できませんが、人の声は相当聞きやすいです。

 

ただ、映画などの「重低音」は全く再生できないので、迫力を求めるのであれば別途の「スピーカー」を用意しましょう。

 

プロジェクターの「外部スピーカー」には、ホームシアターやサウンドバーと言った選択肢があります。

>>サウンドバーとホームシアターはどちらがおすすめ?【3項目で比較】

 

※管理人は以下の「ホームシアター」で映画を見ているので、本製品の内部スピーカーはあまり使っていません。

>>ホームシアター費用を全て公開!必要な機材リスト付き【初心者向け】

ホームシアター費用を全て公開!必要な機材リスト付き【初心者向け】

ホームシアターの初心者向けに、普段使っているホームシアタールームの全容と、必要になった機材・金額を公開。また、基本的なホームシアターを構築するための機材と、その理由も徹底解説します

続きを見る

 

プロジェクターを持つと、いずれは音響面にも目を向けた「本格的なホームシアター」に興味が湧くと思う。上の記事は読んで損無し!

 

接続可能な端子

 

「BenQ TH671ST」は、以下の端子との接続が可能。

出典:公式サイト

 

普通に使う分には、なんの不足もない端子が揃っていますね。

 

管理人はほとんどHDMI端子しか使わないから、これらを扱えることによる恩恵はちょっとよくわからない。ただ、必要にして十分な端子が揃ってるのは分かる

 

稼働時の動作音

 

「BenQ TH671ST」は、稼働時に若干「ファンの音」がします。

 

「アクション映画」などを再生していれば気になる音ではありませんが、静かなシーンでは若干「耳障り」と感じることも。

 

体感的には、本気のファンの音は家庭用ゲーム機の「ダウンロード中の音」よりも小さいといったところ

 

静かなシーンの時は「あ、動いてるな」と感じる。アクション映画ばっかり見ている管理人には、特にうるさいとは思わなかったけどね

 

稼働時の本体の暑さ

 

「BenQ TH671ST」は、稼働時に発熱します。

 

そのため、本機を稼働させると「2〜3度」ほど、室温が上昇します。

 

なので夏場はクーラーが必須。

逆に冬場では、暖房の温度を下げても結構なんとかなります。

 

2〜3度ほど室温が上昇するから、冬場は結構有難い。なんちゃって暖房器具としても活躍する

 

「BenQ TH671ST」の1番の売りとなるポイントを紹介

 

「BenQ TH671ST」が最も売りとしているポイントは、「1.5mの距離で100インチの画面を投影できる」というものですね。

※そのため、短焦点プロジェクターとも呼ばれている

 

その短焦点機能のおかげで、管理人は8畳の部屋の中で「160インチ」の投影をおこなっていた事もあります

 

一部を除く従来のプロジェクターでは、1.5mの距離で100インチの投影はできませんでしたが、本製品はそれを可能にしています。

 

狭い部屋でも圧倒的大画面を作れるのは、この製品の大きな魅力ですよ。

 

本記事で「スペックや使い勝手」を紹介してきましたが、結局は「狭い部屋でも大画面を作れる!」と言うのが1番の売りになっています。

 

細かいスペックは色々あるけど、結局は「使い勝手がいいかどうか」が決め手になるよね。本製品は使い勝手最高だよ

 

「BenQ TH671ST」のデメリットを紹介

 

「BenQ TH671ST」は、左右からの「ナナメ補正」ができないのが最大のデメリットと言えるでしょう。

 

そのため、必ずスクリーンと「真正面」に配置する必要がある

 

投影する「延長線上・直線上」にプロジェクターを置く必要がある=途中にある「物」などで遮ってしまいがち。

 

遮らないようにプロジェクターの置き場所を工夫すると、、、大体「机の上に直置き」か、「天井吊り下げ」の設置方法しかなくなります。

 

おすすめの設置方法は以下の記事で紹介。

>>プロジェクターのおすすめの設置方法3つ紹介!【リビングで楽しむ】

 

また、うまく机の上に直置きできても、「投影角度」という問題も出てきます。

 

本製品には「角度調整機能」がありますが、その機能だけだとカバーしきれない事も結構ある

 

プロジェクターの「角度調整方法」は、以下の記事でまとめました。

>>【安い】プロジェクターの角度調整が簡単にできるアイテムを3つ紹介

 

 

また、「BenQ TH671ST」は1.5mの距離で100インチを投影できる「短焦点プロジェクター」ですが、それゆえ設置時に「簡単に100インチ以上」になってしまうのもデメリットと言えます。

 

100インチを想定してスクリーンを買ったのに、100インチ超えの画面にしかならないと言った事も起こり得る。大きくできるがゆえのデメリット

 

なので、「設置場所・設置角度・設置距離」が結構シビアなプロジェクターと言えます。

 

このデメリットはプロジェクターならほとんど全部が抱えている問題。特に短焦点ゆえに、画面がデカくなりすぎるのはよくあること

 

「BenQ TH671ST」プロジェクターをレビュー【デメリットも紹介】:まとめ

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

  • プロジェクター「BenQ TH671ST」の特徴・スペックを紹介
  • 「BenQ TH671ST」の1番の売りとなるポイントを紹介
  • 「BenQ TH671ST」のデメリットを紹介

 

総じて、「BenQ TH671ST」は映像も綺麗でおすすめできるプロジェクターです。

 

とりわけ画質においては、安物中華プロジェクターよりもはるかに上で、画面が見やすい。

そして映像の安定性も素晴らしい!

 

デメリットで挙げた「設置のしにくさ」は、プロジェクターであればほとんどどの機種でも当てはまるもの。「BenQ TH671ST」だけが抱えている問題ではないです。

 

中華プロジェクターでは不安、でも高いものは手が出ない。そんな悩みを持った人にはピッタリのプロジェクターですよ。

 

ではでは、いいプロジェクターライフを〜

 

使わなくなった「ホームシアター・オーディオ製品」は、高額で買い取ってもらおう!

【処分の前に】ホームシアターやオーディオは「高額買取」依頼しよう

ホームシアターやオーディオをやってると「使わない機材」が増えていく。結構かさばるから早めに何とかしたいけど、いい処分の方法ないかな?←買取サービスを使って高額で買い取ってもらおう!

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

senntineru2000

当ブログを通して「開業」しています。 当ブログのメイン記事1:自宅筋トレ。メイン記事2:お手頃ホームシアター。あまりお金をかけずに「理想の体」と「理想のホームシアター」を作るのを手伝います。

メイン記事

1

自宅でできる筋トレ器具はたくさんありますが、本当に必要な器具はごくわずかなものです。本記事では「これさえあれば全身を鍛えられる」自宅筋トレ器具を3つの厳選し、その理由と効果を解説!

2

ホームシアターの初心者向けに、普段使っているホームシアタールームの全容と、必要になった機材・金額を公開。また、基本的なホームシアターを構築するための機材と、その理由も徹底解説します

3

U-NEXTの登録方法と解約方法を解説していきます。U-NEXTには31日間の「無料トライアル」がありますが、解約方法が不明だと気軽に登録しづらいですよね。なので解約も含めて解説!

-プロジェクター