" />

トランスフォーマー

【スタースクリーム】トランスフォーマー実写映画での強さ・活躍解説

2021年6月25日

 

映画「トランスフォーマー」に登場するスタースクリームといえば、メガトロンに媚び売りまくってるヤラシイ敵キャラってイメージがあるけど、合ってる?

 

合ってるよ。ただ、破壊集団のディセプティコンにおいて「No.2」の実力があるってことを忘れちゃいけない。今回はそんなスタースクリームを徹底解説していく

 

こんにちは、センチネルです。今回は映画「トランスフォーマー」シリーズに登場するキャラクター「スタースクリーム」の解説を行なっていきます。

 

本記事の内容

  • スタースクリームは、ディセプティコンのNo.2ということを解説
  • スタースクリームの攻撃力・性格を解説

 

スタースクリームは映画「トランスフォーマー」シリーズの1〜3作に登場する、強力な戦闘力を持った恐ろしいディセプティコン。

 

ディセプティコンは悪のトランスフォーマー軍団で、破壊や残虐行為が大好きな集団です。彼らの目的は「独裁」を行うこと。

 

その中でスタースクリームはディセプティコン「No.2」の地位にいる実力者で、敵の「オートボット」や人間はともかく、同じディセプティコンのメンバーからも一目置かれています。

>【トランスフォーマー】実写映画のディセプティコン37体紹介・解説

 

ディセプティコンの「リーダー」であるメガトロンも、スタースクリームの実力はかなりあてにしている。自分がピンチになったらスタースクリームを呼びつけるくらいだしね

 

バンブルビーの足を吹き飛ばす攻撃力があり、千切れた腕を即座に修復してしまう応用力の高さもある。メガトロンどころか、彼の師匠の「ザ・フォールン」からもあてにされてる
【トランスフォーマー】実写映画のディセプティコン37体紹介・解説

実写映画「トランスフォーマー」シリーズに登場した「ディセプティコン」を37体紹介。もっと細かくカウントすると50対近くになりますが、被っているキャラもいるので「37体」になりました

続きを見る

 

 

【スタースクリーム】トランスフォーマー実写映画では圧倒的な実力を持つ!

実は足を伸ばしきるとメガトロンより背が高い!

 

スタースクリームのディセプティコン内での地位は、堂々のNo.2!ディセプティコンは「メガトロン」がリーダーですが、メガトロンが不在の間は彼に変わってディセプティコンを指揮することも多い。

 >【メガトロン】トランスフォーマー映画実写版での強さ・変化を解説!

 

メガトロンの師匠「ザ・フォールン」に命じられて指揮を取ったのに、復活したメガトロンにそのことを咎められて暴力を振るわれていました。哀れスタースクリーム。。。

 >【ザ・フォールン】トランスフォーマー実写映画での目的・強さ解説!

 

そんなスタースクリームは戦闘力が非常に高く、地球上で最強の戦闘機「F-22タプター」をスキャン、変形。映画ではその圧倒的な火力を存分に振るいます。

 

地球上で最強の戦闘機の力を借りているため、戦闘力はディセプティコンの中でも極めて高く、戦い方ではメガトロンを超えることも

 

一撃でバンブルビーの足を吹き飛ばした火力は、伊達ではないということです。

 

F-22ラプターといえば、F-15との趣味レーションで勝率ほぼ100%を誇る怪物戦闘機!そいつに目をつけるとは恐れ入った。

 

1作目で同じF-22の小隊に紛れ、一瞬で一門打尽にしてしまったのは凄かったよね。「何だこの金属の塊は!」とか悪態を突かれていたけど

 

【スタースクリーム】トランスフォーマー実写映画では危険な暴れん坊!

F-22の「キャノピー」の部分が溝落ちのあたりにありますね

 

リーダーに忠実。しかも戦闘力も非常に高い。スタースクリームはNo.2として完璧ではないか?

 

ただ、彼は敵対者に対して一才の容赦がなさすぎるのがたまに傷。自分より上位のものにはゴマを擦り、部下や敵対者には暴力全開なんだよ(^◇^;)

 

スタースクリームは高い戦闘能力にモノを言わせることが多く、一歩間違えれば人間の重要人物を「始末」してしまったシーンが多いです。

 

「トランスフォーマー」シリーズでは、人間の主人公がストーリー上「重要な鍵」を握っていることが多く、敵を見境なく倒してしまおうとする彼の「暴力的な性格」はNo.2としては考えものです。

※重要な鍵は、だいたいトランスフォーマーにとっては「なくてはならないもの」だったりする

 

目立った暴力シーン一覧

  • 主人公が車内のどこにいるかもわからないのに「丸鋸チェーンソー」で車ごとぶった斬る(しかも2作目と3作目で同じことする!)
  • いくらオートボット「バンビルビー」の車内に標的がいるとはいえ、遥か高空から「ミサイル」を乱射して、主人公もろともバンブルビーごと吹き飛ばそうとする
  • 楽しそうに笑いながら「オイル」を唾のようにわざと吐き散らしつつ「ただの人間」を煽り・挑発し・いたぶり・抵抗を愉しみながらチェーンソーを振り回す

 

。。。弱いものや、標的・敵対者には一切の容赦がない性格です。それでいて劣勢を見極める頭の回転が早く、部下には最も効果的な攻撃を「命令」します。

 

しかも主人公・サムの両親を「人質」にするよう、命令を下すこともありました。

※とはいえメガトロンも5作目で誘拐した「CIA捜査官」を取引の材料に使っていたので、彼らにとっては常識なのかもしれませんが

 

なんかよくいるパワハラ上司に見えてきたぞ!?

 

【スタースクリーム】トランスフォーマー実写映画では「察し」が悪い!

サムに「つば」を吐きかけるスタースクリーム

 

上司に対する「ゴマ擦り」や「言い訳」はかなり多い。ある意味人間の登場人物以上に「人間的」なキャラとも言えるよ

 

スタースクリームは、これまでに何度もメガトロンの「癇に障って」叱責されてきました。

 

メガトロンの逆鱗に触れた発言集

  • プライド高く、無駄な心配などされたくないメガトロンに対して「こんな傷だらけのお姿は、見るに忍びません」と発言し、癪に触れて怒鳴られる
  • メガ「キューブはどこだ!?」 スタスク「人間にとられましたよ(°▽°)」 メガ「しくじりやがったな。追え!!( *`ω´)」
  • 守備良くことが運んで上機嫌のメガトロンに、最悪のタイミングで標的を見失ったことを報告する
  • 怒ったメガトロンに「70億人の中の1人だから見つからない」と言い訳を言ってしまい、火に油を注ぐ
  • 最終的にゴマ擦り過ぎて、メガトロンに「薄っぺらいおべっか使いめ!!( *`ω´)」と罵倒されていた

 

あえて地雷踏んでるのかと言いたくなるレベルの「察し下手」っぷり。ある意味「不機嫌なメガトロン」と「ゴマ擦り下手なスタースクリーム」はディセプティコン名物ともいえますね(^◇^;)

※他のディセプティコン兵士たちはその様子を「素知らぬ顔」でスルーしています。

 

「暴力大好き集団」でしかないだと思っていたディセプティコンにも、こんな微笑ましい光景がある。。。本人たちは至って真面目なやりとりをしてるだけなんですが(^◇^;)

 

【スタースクリーム】トランスフォーマー実写映画での強さ・活躍解説 まとめ

TF vehicles

 

※奥の戦闘機が「スタースクリーム」の”ビークルモード”!デカい!!

 

ディセプティコンのNo.2、スタースクリームの紹介でした。最後に、本記事の内容をまとめます。

 

見出し(全角15文字)

  • スタースクリームは、ディセプティコンのNo.2
  • スタースクリームの攻撃力・性格を解説

 

性格に難ありとはいえ、ディセプティコンの中でも最強クラスの戦闘力を誇るスタースクリーム。

 

メガトロン復活のために軍をしっかりと軍を纏め上げ、復活した際には指揮権を返上する。。。難ありの「暴力性」を差し置いても、まさにNo.2に相応しいと言えるでしょう

 

このキャラが気に入った方は、映画「トランスフォーマー」の1〜3作を見てみてください。ではでは〜

 

 

スタースクリームはディセプティコン最強ランキングに参加中↓

【ディセプティコン】強さトップ5決定:映画実写トランスフォーマー

映画「トランスフォーマー」シリーズに登場するディセプティコンの最強ランキング「トップ5」を発表。「スタースクリーム/ショックウェーブ/ザ・フォールン/ガルバトロン/メガトロン」です

続きを見る

 

下記の記事を読めば「映画実写版トランスフォーマー」シリーズを理解できます↓

【トランスフォーマー】映画実写シリーズの全て【全ての設定を解説】

トランスフォーマーの映画実写版シリーズって、いろんな要素がぎっちり詰め込まれているので初見だとわかりにくい。本記事では、実写映画版シリーズの全ての要素を解説。目次として活用できます

続きを見る

 

-トランスフォーマー