" />

製品レビュー

「TheFitLife トレーニングチューブ」徹底レビュー【万能筋トレ器具】

2022年9月2日

 

こんにちは、センチネルです。

 

本記事では「TheFitLife トレーニングチューブ」を実際に使ってみての特徴や、メリット・デメリットを徹底レビューしていきます。

 

本記事の内容

  • 「TheFitLife トレーニングチューブ」の特徴を紹介
  • 「TheFitLife トレーニングチューブ」のメリットを紹介
  • 「TheFitLife トレーニングチューブ」のデメリットを紹介

 

本記事を書いている管理人は、トレーニングチューブを使って様々な「応用トレーニング」を行っていて、チューブの万能性はよく知っています

 

トレーニングチューブは、使い方によっては「最強の汎用性を持った革命的な筋トレ器具」。

 

チューブの硬さをうまく利用することで「チンニングスタンド」や「ディップススタンド」にも負けない、超万能なトレーニング器具として大活躍しますよ。

 

本記事では、そのトレーニングチューブでも売れまくっている「TheFitLife トレーニングチューブ」を様々な面から徹底レビュー!

 

読めば「もっと早くにゲットしてればよかった」と思うでしょう!

※本記事では、上記の「セット品」の内容をレビューしていきます。

 

ちなみに、管理人は以下のものを摂取して筋肉作りをしています。※プロテインは気分によって味やメーカーを変えている

 

「TheFitLife トレーニングチューブ」の特徴を紹介

 

「TheFitLife トレーニングチューブ(4色セット)」の特徴は以下の通り。

  • 軽い負荷のチューブから超重い負荷のチューブまで、4種類のチューブが同梱されている
  • 自宅で「負荷を軽くする筋トレ〜負荷を重くする筋トレ」をこなせる
  • 滑りにくくて耐久性の高い素材を使用
  • 携帯する時の「収納袋」が付属

 

それぞれ解説します。

 

軽い負荷のチューブから超重い負荷のチューブまで、4種類のチューブが同梱されている

 

「TheFitLife トレーニングチューブ(4色セット)」には、重さが異なる4種類のチューブが同梱されています。

 

最も軽い負荷のチューブは「負荷レベル」が7〜11キロほどですが、最も重いチューブとなると「負荷レベル」は54〜79キロにもなります。

 

この負荷レベルというのは、「ダンベル5キロ=チューブの負荷レベル5キロ」という意味

 

つまり最も重い「79キロになるチューブ」であれば、「79キロの重量物」を使ったトレーニングと同じ負荷を得られるということ!

 

まさに「ウエイトトレーニング器具泣かせ」と言えますね。

 

家にダンベルやバーベルを置けない人でも、トレーニングチューブを使えば「高重量トレーニング」ができる

 

自宅で「負荷を軽くする筋トレ〜負荷を重くする筋トレ」をこなせる

 

「TheFitLife トレーニングチューブ(4色セット)」で、ウエイトトレーニング泣かせの「高重量トレーニング」ができますが、逆に負荷を軽くするトレーニングもできます。

 

まあ要するに、「ほとんどどんなトレーニング」でもできる

 

うまく使いこなせるかどうかは「発想力次第」といったところになりますよ。

 

具体的に、どんな「負荷を軽くする筋トレ」や「負荷を重くする筋トレ」ができるかは、後ほど解説します。

 

チューブを使えば、応用次第で「ほぼ」どんなトレーニングもできる。こんなに汎用性に優れた筋トレ器具はないよ

 

滑りにくくて耐久性の高い素材を使用

 

「TheFitLife トレーニングチューブ(4色セット)」に使われている素材は、とても滑りにくい上に耐久性も高いです。

 

いやほんとに、汗だくで握っても全く滑りません!

 

以前もこのメーカーのトレーニングチューブを使用していましたが、結構な頻度で伸ばしていたのも関わらず、ダメになってしまうまで「3年」ほどかかりました。

※パワーではなく「経年劣化」でちぎれてしまった

 

3年も使えれば、購入料金の元は十分に取れていると言えますよね。素晴らしい耐久力です。

 

負荷が軽めのチューブでも3年もった。もっと頑丈で負荷が思いチューブなら、もっと長い時間もつかも

 

携帯する時の「収納袋」が付属

 

「TheFitLife トレーニングチューブ(4色セット)」には、携帯する時の収納袋が付属してきます。

 

なので、実質どこででも「質の高いトレーニング」が可能。

 

しかも、本体が非常にコンパクトに収まる上、軽い!他のトレーニング器具だったらこうはいきません。

 

トレーニングチューブは、いつでもどこでも持っていける。つまり、どこででも「質のいいトレーニング」ができるってこと

 

「TheFitLife トレーニングチューブ」を使うメリットを紹介

 

「TheFitLife トレーニングチューブ(4色セット)」を使うメリットは以下の通り

  • 様々な負荷のトレーニングを行える
  • 「懸垂」や「高負荷トレーニングの補助器具」として大活躍する
  • 「ウエイト」や「加重トレーニング器具」として大活躍する
  • 値段が安い

 

それぞれ解説します。

 

メリット1:様々な負荷のトレーニングを行える

 

「TheFitLife トレーニングチューブ(4色セット)」には、重さの違う4種類のチューブが入っているので、欲しい負荷に合わせた様々なトレーニングを行えます。

 

このチューブだと負荷が軽いけど、違うチューブにすると負荷がちょうど良くなる・・・

 

といった具合に、臨機応変に「欲しい負荷」や「トレーニング内容」を変えられます。

 

それこそ、応用次第で以下の動画のような「多様なトレーニング」をこなせますよ。

 

ちなみに、上の動画の人物は軽くやっていますが、実際にやってみると「かなりキツい」トレーニングばかりです。お試しあれ。

 

また、負荷の弱いチューブを使うことで「リハビリ」にも使うことができる!負荷調整が自由自在だと、さまざまなメリットもあるんです。

 

硬いゴムを引っ張るだけなのに、こんなにいろんな応用ができる!これができるのも、重さの違うチューブがセットになっているからこそ

 

メリット2:「懸垂」や「高負荷トレーニングの補助器具」として大活躍する

 

「特徴」の項目で、トレーニングチューブは「負荷を軽くする」こともできると言いましたが、具体的には「自重トレーニング」の負荷軽減に使うことが多いです。

 

特に役に立つのは、「懸垂」などの「ぶら下がる系の自重トレーニング」の負荷を下げるとき。

 

これも、動画を見てもらえればわかりやすいと思うので、解説動画をつけておきます。

 

見ての通り、トレーニングチューブ1つで「ディップス」や「懸垂」といった自重トレーニングだけでなく、「フロントレバー」などの超高難易度超人トレーニングの負荷軽減をこなしていますね。

 

※動画内では、ぶら下がる器具に「ディップススタンド」と「チンニングスタンド」を使用していますよ

 

トレーニングチューブを使えば、懸垂やディップスが簡単にできるようになるだけでなく、「超人トレーニング」を体験することだってできる!素晴らしい!

 

チューブといえば「負荷を与える」ものと思われがち。でも実際は「負荷を減らす」ものとしても大活躍する!

 

管理人も「チューブ」のおかげで、超人トレーニング諦めずにトライできている。チューブがなければ諦めてるよ

 

メリット3:「ウエイト」や「加重トレーニング器具」として大活躍する

 

「TheFitLife トレーニングチューブ(4色セット)」を使えば、懸垂などの負荷を軽くすることができますが、それとは逆に「負荷を大きくする」ことも可能。

 

以下の動画のように、ダンベルバーベルを使って行うような「加重・高負荷トレーニング」を、チューブでもできるわけですね。

 

上記の動画内でも、「スクワット・デッドリフト・ローイング」などができているのがわかると思います。

 

管理人も、実際に動画を真似て、チューブを使った「加重・高負荷トレーニング」を行っていますが、、、ま〜物凄い負荷ですよ。これは。

※最も重いチューブの場合、「79キロの荷重」になる!

 

ただし、実際のバーベルを使った「デッドリフト」と同じく、腰を痛める可能性もあるので負荷調整は注意しましょう。

 

普段ジムに行く知り合いのトレーニーも、ジムに行けない日は「チューブでのデッドリフト」をするって言ってた。それくらい負荷を強くできる!

 

メリット4:値段が安い

 

「TheFitLife トレーニングチューブ(4色セット)」は、これだけ多くのトレーニングできるにも関わらず、値段が大変安い。

 

Amazonの定価で3,890円。

 

値引き、クーポン、ギフト券などをうまく使えば、無料で買えることもあるでしょうね。

Amazonで「最もお得に買い物をする」方法を紹介【ポイ活重要】

Amazonで「最もお得に買い物をする」方法を紹介【知らないと大損】

Amazonの買い物は定価よりも安い商品が多いし、「プライム会員」でいろんな商品をもっとやすく買えるけど、それよりもさらに安く、お得に買える方法あるかな?←こういった疑問に答えます

続きを見る

 

正直、自宅での高負荷トレーニングは、「TheFitLife トレーニングチューブ(4色セット)」があれば十分なくらい。

 

事実、7年ほど自宅トレーニングを行なっている管理人でも、トレーニングチューブで高負荷トレーニングをまかなえています。その負荷に不足はありません。

 

それだけの万能トレーニング器具が「3,980円」で買えるって、、、凄まじいコスパとしか言いようがありませんよ。

 

トレーニングチューブは、完全なる「コスパ」お化け。正直、3,980円って「試しに買うか」で買っていい値段だよね

 

「コスパお化け」の自宅トレーニング器具トップ3を、以下の記事で紹介中。

>>自重トレーニング器具ランキング「トップ3」紹介!【全身鍛え抜く】

 

「TheFitLife トレーニングチューブ」のデメリットを紹介

 

「TheFitLife トレーニングチューブ(4色セット)」のデメリットは以下の通り。

  • できるトレーニングを「やり尽くす」には、引っ掛けるものが必要
  • 長時間トレーニングを行うと、指の付け根が痛くなる
  • ウエイトトレーニングの代わりになるものの、それらとは負荷のかかり方が違う
  • 経年劣化に注意

 

それぞれ解説します。

 

デメリット1:できるトレーニングを「やり尽くす」には、引っ掛けるものが必要

 

「TheFitLife トレーニングチューブ(4色セット)」は、4種類の重さのチューブが同梱されているため、工夫次第ではそんなトレーニングもこなすことができます。

 

ただ、中には「工夫しないと実現できないトレーニング」があるのも事実。

 

先に紹介した動画の中で、ベランダで「手すり」にチューブを引っ掛けてトレーニングを行うシーンがありましたが、それと同じく「引っ掛けられる何か」がないとできないトレーニングはある

 

管理人は、以下のようなフックを「柱」に固定して、なんとか代用しています。※賃貸暮らしの場合は、なかなか厳しい話。

 

フックだけだと「体重をかけたとき」が不安なので、長いネジで強度を増しておきましょう。

 

この組み合わせで、管理人は「家の中で」トレーニングチューブをメチャクチャに引っ張るトレーニングができています。

 

見た目よりも遥かに頑丈になっていて、それこそ腕のトレーニングなどは「満足するまで」やってもびくともしませんよ。

 

チューブの優秀さを引き出すには、個人で「工夫できるか」も重要。工夫できれば、最強のトレーニング器具になれる

 

デメリット2:長時間トレーニングを行うと、指の付け根が痛くなる

 

「TheFitLife トレーニングチューブ(4色セット)」は、特徴でも紹介したように「滑りにくい上に耐久性が高い」のですが、長時間トレーニング行うと「指の付け根」が痛くなりがち。

 

というのも、本製品は「角張っている」ので、そうなると必然的に皮膚とチューブの角張った部分が「擦れ合う」ことが多くなります。

 

擦れ合った部分は地味に痛い!強い負荷を求めて「1時間前後」もチューブを握ってトレーニングをしていると、指の付け根が真っ赤になることも!

 

慣れてしまえば痛みも無くなりますが、、、最初から飛ばして「高負荷トレーニング」を行うのはやめておきましょう。

 

管理人は、メイントレーニング(ウエイトなど)の「最後」にチューブトレーニングをするようにした

 

長時間、チューブが「皮膚と擦れあう」のを防ぐようにしたってことだね

 

ちなみに、上記のような経緯もあってか、最近は以下のような「グリップ付きチューブ」も売れています。

 

ただ、上記の製品は「トレーニングの汎用性」では、シンプルな「TheFitLife トレーニングチューブ(4色セット)」には劣ります。

※できることが少し限定される。懸垂の補助や超人トレーニングの補助には使えない。負荷も物足りない

 

デメリット3:ウエイトトレーニングの代わりになるものの、負荷のかかり方が違う

 

ダンベルなどは、持っている間「ずっと重い」ですが、チューブの場合は「伸びきったとき」が猛烈に重いだけであって、伸ばしている間の重さは「そこそこ」です。

 

負荷のかかり方が「純粋なウエイト器具」とは若干違うので、そこは注意が必要!

 

また、「TheFitLife トレーニングチューブ(4色セット)」では、純粋なウエイト器具のような「バケモン級の負荷」はかけられません。

※100キロオーバーの負荷など

 

まあ、このデメリットを補ってあまりある「汎用性」が魅力の器具。チューブと純粋な器具とじゃ、かかる負荷の「性質」が違うのはしょうがない

 

化け物級の負荷を求めるのなら、以下のようなものもありますよ。正直めっちゃ欲しい・・・というか、いずれ買います。

 

デメリット4:経年劣化に注意

 

「TheFitLife トレーニングチューブ(4色セット)」は、特徴でも書いたように「普通に」経年劣化します。

 

その汎用性や頑丈さを最大限に発揮できる期間は、購入後2〜3年と言ったところ

 

実際、管理人が以前にゲットしたものは「3年目」に経年劣化で引きちぎれてしまいましたし。

 

できるかぎり「日光に当てない」ことで、ある程度劣化のスピードを遅らすことはできますが、、、まあ、定価3,890円ですからね。

 

2年以上も使うことができるので、それで十分に購入料金の元は取れるってものですよ。

 

チューブの使用環境によって「劣化速度」はまちまち。でも基本は「もって3年」だと思っておこう

 

「TheFitLife トレーニングチューブ」はこんな人におすすめ

 

「特徴・メリット・デメリット」をまとめると、「TheFitLife トレーニングチューブ(4色セット)」は以下の条件に当てはまる人におすすめと言えます。

  • さまざまな負荷を織り交ぜて、全身を鍛え抜きたい
  • 最高に万能で「汎用性の高い」トレーニング器具が欲しい
  • 懸垂などの「ぶら下がる系」のトレーニングの補助が欲しい
  • 高負荷・超人トレーニングの補助が欲しい
  • 自宅でもウエイトトレーニングがしたい
  • 場所を取らず、持ち運びも簡単な器具が欲しい
  • それら全部ができて「安い」器具が欲しい

 

以上の1つでも当てはまる場合、「TheFitLife トレーニングチューブ(4色セット)」はゲットして損のないトレーニング器具。

 

管理人はいろんな自宅トレーニング器具を持っていますが、、、チューブの使用率は「ディップススタンド」に次いで多く、正直言って毎日使ってます。

 

最も使用回数の多い「ディップススタンド」の実力はこちら。

>>ディップススタンドでできる筋トレを「9つ」紹介【万能筋トレ器具】

 

チューブ単体で「ぶら下がる系のトレーニング」はできないけど、それ以外の全てのトレーニングは「工夫次第」でこなせる

 

よくまあ、こんなシンプルな見た目で、これほど万能なトレーニング器具を発明したよね。弱いチューブを使えばリハビリにも使えるし

 

「TheFitLife トレーニングチューブ」徹底レビュー【万能筋トレ器具】:まとめ

 

世の中に「筋トレ器具」は数多くありますが、トレーニングチューブほど汎用性に優れたものは滅多にありません。

 

中でも、本記事で紹介した「TheFitLife トレーニングチューブ(4色セット)」は、工夫次第で最も万能になるチューブです。

 

さあ、TheFitLife トレーニングチューブ(4色セット)をゲットして、筋トレ沼にどっぷりハマってしまいましょう!

 

管理人は、チューブを引っ掛けるフックを、以下のものを組み合わせて作っています。

 

グリップ(握り手)が欲しい場合は、最大負荷は下がりますが以下のをおすすめ。

 

リアルなウエイトトレーニングに匹敵する負荷を求めるなら、以下のがおすすめ。管理人も欲しい!

 

管理人は以下のものを摂取して筋肉作りをしています。※プロテインは気分によって変えている

 

ではでは〜

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

senntineru2000

当ブログを通して開業しています。 当ブログのメイン記事1:自宅筋トレ。メイン記事2:お手頃ホームシアター。あまりお金をかけずに「理想の体」と「理想のホームシアター」を作るのを手伝います。

メイン記事

1

モージョンズの「可変式ダンベル」が欲しいんだけど、アレってどこで売ってるんだろう?一般のスポーツショップには置いてないよね?やっぱりネットからが正解かな?←こういった疑問に答えます

2

ホームシアターの初心者向けに、普段使っているホームシアタールームの全容と、必要になった機材・金額を公開。また、基本的なホームシアターを構築するための機材と、その理由も徹底解説します

3

Amazonの買い物は定価よりも安い商品が多いし、「プライム会員」でいろんな商品をもっとやすく買えるけど、それよりもさらに安く、お得に買える方法あるかな?←こういった疑問に答えます

-製品レビュー