" />

自宅筋トレ総合

大胸筋を狙う「トレーニング器具」4つ紹介【自宅で大胸筋を鍛える】

 

世の中にはいろんな「自宅でできるトレーニング器具」があるけど、ありすぎてどの器具を選んだらいいのかわからん!大胸筋に効かすトレーニング器具を教えてくれ!

 

こんにちは、センチネルです。本記事では上記の疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • 大胸筋に効かせる「自宅トレーニング器具」を4つ紹介

 

本記事を書いている管理人は自重筋トレ歴7年ほど。今までにいろんなトレーニング器具・製品を試してきました。

 

現在は筋トレブームもあって、本当にいろんなトレーニング器具・製品があります。

 

しかし、トレーニング器具や製品がありすぎて「どの器具がどんな部位に効かせるものなのかわからない!」と思うことも多いです。

 

本記事では、大胸筋を鍛えるのに特化した「自宅トレーニング器具」を4つ紹介。読めば、大胸筋を鍛えるために「どの器具を導入すればいいのか」が分かりますよ。

 

大胸筋を狙う「トレーニング器具・製品」を4つ紹介

 

本記事で紹介する大胸筋のトレーニング器具は下記の4つです。

 

プッシュアップバーやディップススタンドは、「大胸筋を狙う自重トレーニング」である「腕立て伏せ」の負荷を上げるための器具=大胸筋メインの器具です。

 

ダンベルの大胸筋への効果はお墨付きですし、「アームバー」に至っては、大胸筋のことしか考えていないようなトレーニング器具です。

 

それぞれが大胸筋を満遍なく鍛えることができる。これらがあれば自宅での大胸筋のトレーニングには困らない!

 

大胸筋を狙う自宅トレーニング器具1:プッシュアップバー

 

>>おすすめ「プッシュアップバー」ランキングトップ3を紹介【安い!】

 

プッシュアップバーは下記のような特徴があります。

  • ただ腕立て伏せをするよりも、ずっと多くのバリエーションの「大胸筋トレーニング」ができる
  • 肩・腕・背中など、大胸筋以外のトレーニングもできる
  • 手首を痛めない
  • 1セット2000円程度で、とても安い!
  • ダンベル並みの大きさなので、場所を取らない

 

「腕立て伏せ」の効果をさらに上げることができるのがプッシュアップバー。たった2000円ほどで、メインの大胸筋どころか上半身のほとんどをカバーできる、超優秀な器具。

>>「プッシュアップバー」でできる自重トレーニングを「10種類」紹介

 

以下の動画のような使い方もできますよ。※あくまで「ここまでできるようになる」という参考動画です

 

本体が小さいから使わなくなっても邪魔にならないし、気が向いた時にいつでも引っ張り出せる。気軽に付き合っていけるトレーニング器具でもある

 

プッシュアップバーは手首を痛めない構造にもなっているから、ただ腕立て伏せをするよりもこれを使ってやった方がいい。とことん優秀な器具だよ

 

大胸筋を狙う自宅トレーニング器具2:ディップススタンド

 

>>ディップススタンド「売れ筋」トップ5を紹介【皆これを買ってます】

 

ディップススタンドは、プッシュアップバー以上に「負荷の高い大胸筋トレーニング」ができる器具。これ一つで、大胸筋を中心とした「上半身」のほとんどをカバーできます。

 

そんなディップスバーには下記のような特徴があります。

  • 腕立て伏せよりも遥かに高負荷で、大胸筋への効果抜群な「ディップス」ができる
  • マッスルアップ・フロントレバー・バックレバー・プランシェなど、数多くの超人トレーニングの練習ができる
  • 上半身トレーニングはほぼ全部可能。大胸筋をメインに「全身」を鍛え抜ける!
  • 懸垂もできる
  • 逆上がりもできる

 

ディップススタンドの見た目は「背の高いプッシュアップバー」ですが、できるトレーニングの幅は遥かに広いです。

 

大きさがある(1m四方)ので若干場所はとりますが、カバーできるトレーニングの内容を考えれば省スペース。この安さで、これほどのトレーニングができる器具は他にありません。

>>【ディップスバー】最強上半身トレーニング機器!使い方を紹介!

 

総合的にプッシュアップバー以上に「負荷の高い大胸筋トレーニング」ができる器具ですし、自重トレーニングのプロは「これがあればジム要らない」とまで言い切ってます。

 

家の中で「超高負荷トレーニング」をするなら導入必須レベルの器具。使わない時は「洗濯物」もかけられる懐の広さがあるよ

 

大胸筋を狙う自宅トレーニング器具3:ダンベル

 

 

ジムでもお馴染みの「ダンベル」は、筋トレそのものの代表的存在。

 

自宅でのトレーニングにおいても、汎用性・応用性共に圧倒的で、本記事で紹介する器具の中では「最も早く大胸筋を大きくできる器具」になります。

 

そんなダンベルには、以下のような特徴があります。

  • トレーニングベンチと組み合わせることで、ジムトレーニングと変わらない強度の大胸筋トレをできる
  • 大胸筋だけでなく、上半身全体を猛烈に鍛えられる
  • 頑丈なので、プッシュアップバーと同じトレーニングもできる
  • 「重量可変式」であれば、1つのダンベルでさまざまな重量を扱える

 

プッシュアップバーやディップススタンドは優秀な自重トレーニング器具ですが、筋肉をデカくすることに関しては「ウエイト器具」のダンベルには敵いません。

 

「とにかく家で大胸筋をデカくしたいんだ!」という場合は、ダンベルが最適解。

 

ダンベルを使った大胸筋トレーニングは、以下の動画が参考になります。

 

ちなみに、ダンベルを入手するなら「固定式の重量」のものよりも、重量をワンアクションで変更できる「可変式」のものがコスパが良く、スペースを取らないのでおすすめ。

 

管理人は、以下の最強の可変式ダンベルである「フレックスベル」を使用中。

>>「フレックスベル」はどこで買える?安く買う方法を紹介!【損しません】

最強の可変式ダンベル「フレックスベル」の公式サイトはこちら

 

ダンベルとセットでトレーニングベンチがあれば、「自宅で大胸筋を最強にできる環境」が整います。

>>「FLYBIRDトレーニングベンチ」を徹底レビュー【主な使い方も紹介】

 

大胸筋を狙う自宅トレーニング器具4:アームバー

 

 

アームバーは、徹底して「大胸筋を鍛え抜きたい」場合に大活躍するトレーニング器具。

 

プッシュアップバーディップススタンドと違って「体重をかけずにトレーニングする」器具なので、純粋に「大胸筋のみ」を狙うことができます。

>>アームバーで鍛えられる筋肉を7個紹介!【胸筋以外も十分鍛えれる】

 

アームバーは、「硬いバネがついた棒を大胸筋の力だけでへし折る」という動作で筋肉に負荷をかける

 

アームバーをへし折る動作で、一応腕や背中側にも負荷はかかりますが、ほとんどのパワーは大胸筋に入ります。

 

まるでジムのトレーニング器具のように一つの筋肉(大胸筋)に狙いをすますので、筋肉の発達もかなり早い。

 

バネの硬い・調整可能な製品も売られていて、ジムのトレーニングマシンでいう「ペッグデッキ」のような負荷をかけることもできます。

※器具によっては10キロ〜200キロまで負荷の調整が可能!

 

管理人はバネの負荷が弱い(30キロ)の器具しか持っていないので、まず「ディップス」の後に使用し、大胸筋トレーニングの「仕上げ」に使うスタイルをとっています

 

そんな感じで、アームバーは「徹底して大胸筋のみを鍛え抜きたい」場合に一番おすすめするトレーニング器具ですよ。

 

アームバーはどちらかというと「自重トレーニング」よりも「ジムトレーニング」の仲間。ジムの器具のように大胸筋のみを「分離させて」鍛えられるからね

 

どうしても他の筋肉も一緒に鍛えてしまう「自重トレーニング」と違って、エネルギーを大胸筋のみに狙い済ませられる。その分、成果もわかりやすい!

 

まとめ:自宅で「トレーニング器具」をうまく活用し、大胸筋を鍛えよう!

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

  • 自宅で大胸筋を強化するトレーニング器具を「4つ」紹介

 

本記事を読み返して、自分に合った大胸筋トレーニング器具を導入し、トレーニングに励んでいきましょう!

 

本記事で紹介した「トレーニング器具」たちです。

>>おすすめ「プッシュアップバー」ランキングトップ3を紹介【安い!】

 

>>ディップススタンド「売れ筋」トップ5を紹介【皆これを買ってます】

 

>>「フレックスベル」はどこで買える?安く買う方法を紹介!【損しません】

最強の可変式ダンベル「フレックスベル」の公式サイトはこちら

 

>>「FLYBIRDトレーニングベンチ」を徹底レビュー【主な使い方も紹介】

 

 

筋肉の成長に欠かせない栄養や情報

 

筋肉は、筋トレではなく「栄養」によって成長します。そして栄養は基本的に食事から摂るのが理想。しかし、食事を作るにも時間がかかりますし、食費もかさみます。

※カロリーも高くなるし、食事にこだわるほど冷蔵庫が圧迫される!

 

そういった悩みを解決できる「筋トレ民の理想」を詰め合わせた筋トレ飯が、以下のもの。ヘルシーで大変おすすめ。

美味しいバランス栄養食 PFCリゾット

 

また、多くの書籍で、筋トレ後に摂取するサプリは「プロテインで十分」との結論が出されています。最近は以下のプロテインを愛飲中。

 

間食時などに手軽に栄養補給するなら「プロテインバー」もいいですし、プロテインやバー以外の手軽なタンパク質補給には、サラダチキンナッツ類がおすすめ。

 

筋トレで「成果」を出すには、正しい知識が必須です。管理人は本で知識を取り入れて(ネット情報より信憑性が高いので)、筋肉を成長させています。

おすすめの筋トレ本を「4つ」紹介【有益な筋トレ情報を無料で読む】

当ブログの管理人が、個人的に「とても気に入った・役に立った」筋トレ本を4つ紹介。ネット情報と違って「信頼性」が高いのも書籍のいいところです。正確な情報が欲しければ書籍に頼りましょう

続きを見る

 

ではでは〜

 

-自宅筋トレ総合