" />

ホームシアター関係

【ホームシアター】サブウーファーの役割を初心者向けに解説!

2021年8月14日

 

よくあるホームシアターセットの中で「サブウーファー」っていうのがあるじゃん?そのサブウーファーの「ホームシアターにおける役割」を教えて欲しいんだが・・・あと、無いと困るものなの?

 

こんにちは、センチネルです。本記事ではホームシアターに欠かせない「サブウーファー」の役割を解説します。役割なので、具体的な設置や設定などは本記事では扱いません。(部屋の隅から離して設置しましょう。理由は音が籠るから。。。くらいです)

 

本記事でわかること

  • ホームシアターにおける「サブウーファー」の役割・必要性がわかる

 

管理人は「サブウーファーは必要と考えていますが、サブウーファーも「センタースピーカー」と同じく、ホームシアター界隈では「必要か・不要か」の議論になることが多いです。

 

サブウーファーもセンタースピーカーと同じく「他のスピーカーと分離」させることによって「単体での様々な調整」ができるようになり、映画音響を豊かにすることができるようになる優れたスピーカー。

 

単純にサブウーファーがあると、ホームシアターの「迫力」がめちゃくちゃ上がる!これだけでも十分必要だと言いきれる

 

サブウーファーには「推奨されている設置場所」があります>【ホームシアター】サブウーファーの「おすすめの設置場所」を紹介!もあわせてCheck!

 

【ホームシアター】サブウーファーは「2.1chや5.1ch」のうち「.1ch」を担当

 

サブウーファーはホームシアターシステム全体の中でも特殊で、他のスピーカーとは「切り離されて」扱われています。

 

「2.1chや5.1ch」の中の「.1ch」と表記されているのがありますが、その「.1ch」がサブウーファー。まさに他のスピーカーの「サブ」として扱われていることがよく分かりますね。

 

2.1chや5.1chをもっと詳しく解説した記事はこちら↓

>ホームシアターの「ch(チャンネル)」を解説!【初心者でも理解】

 

【ホームシアター】サブウーファーは「超低音域」を補完する

 

サブウーファーは、ホークシアターにおいて極めて重要「重低音」の再生を担当するスピーカー。重低音の気持ちよさはお墨付き。一度経験したら病みつきになるものです( ´∀`)

 

通常の「フロントスピーカー」などでもある程度の「低音域」を再生できるのですが、サブウーファーが担当するのはそれよりもっと低音の「重低音」と呼ばれる部分です。(100Hz以下の超低音域)

 

ポイント

重低音の大部分を「サブウーファー」に任せることで、その他のスピーカーたちは「自分の得意な音域」を伸ばすことができます。(苦手な部分をサブウーファーに任せて、得意分野を頑張る)

 

それぞれのスピーカーが得意な部分を伸ばせるので、結果として「全体が良い音」を鳴らしてくれるようになります。適材適所。切り分け大事!

 

 

ただし、通常のスピーカーなどでも目ん玉飛び出るほどの高価格(数十万円)のものであれば、サブウーファー抜きでも十分に「超低音域」を再生してくれる。

※基本的にこのような「高額スピーカー」は、フロントスピーカーであることが多いです。

 

しかし、一般的にはそんな高価格のスピーカーなんて買えませんよね。そうなると当然「平均価格帯」のスピーカーを狙うんですが、その価格帯のスピーカーだと低音域が弱い。。。

 

そこで、足りない低音域を補うために「サブウーファー」を導入する必要性が出てくるのです。

 

サブウーファーは絶対に必要なものではなく低音がもっと欲しい場合の「補助(サブ)」として機能するわけか。十分に低音域を再生できるスピーカーであれば、サブウーファーはなくてもいいわけよ

 

とはいえ普通のフロントスピーカーでは低音域が足りないのが多いから、サブウーファーに頼ったほうが絶対にいいよ。なくても平気なのは「高価格」のフロントスピーカーを持ってる人だけさ

 

サブウーファーありきの場合、このフロントスピーカーが本当にオススメ!初めてでこれならば一切不足なし↓

 

で、その場合はセットでサブウーファーがあれば最高!これが超オススメ!↓

 

【ホームシアター】サブウーファーの役割:映画の迫力を底上げし、表現を豊かにする

 

サブウーファーは超低音域を再生し、映画の迫力をぶち上げてくれる。ではどんなシーンでサブウーファーが活用されるのか紹介します。

 

サブウーファーが活躍する主なシーン

  1. 巨大な物体が動く・空気の振動を表現するシーン
  2. 銃撃シーンや爆発シーン
  3. 音楽・BGM
  4. 人の心境を表すシーン

 

主にこんなシーンで活躍します。

 

1に関してはめちゃくちゃ分かりやすいですよね。映画の重低音といったらこれ!のイメージ。

 

1の代表格である「重低音お化けの映画」記事はこちら>ミュータント・タートルズ(2014)を音響レビュー【怪物音響映画】あわせてCheck!

 

2も同様。ただ、これは映画よりも「最近のアクションゲーム」のほうが派手なことが多い。特にFPS!

 

2の代表格である「ジョン・ウィック」に関する記事はこちら。>ジョン・ウィック:名シーン5選!本編が見たくなる解説&レビュー!あわせてCheck!

 

3と4は「一つのシーンの中に混ぜ合わさって表現されている」ことが多いです。特に「心理面」を表現していて、そこにも重低音が使われています。

 

迫力といってもいろいろある。アクションは勿論、音楽や「人間の感情を表現」するときにも「サブウーファー」を使って迫力を出してることが多いんだ

 

迫力を表現しているのはわかっていたけど、心理面の表現は見逃してた。よく考えれば「不穏な雰囲気」の時にもかなり使われているな〜

 

【ホームシアター】サブウーファーの役割を初心者向けに解説! まとめ

 

最後にサブウーファーの必要性と役割をまとめます。

 

サブウーファーまとめ

  • サブウーファーの必要性:他のスピーカーで再現できない「超低音域」を補完する
  • サブウーファーの役割:映画の迫力を底上げし、表現を豊かにする

 

基本的にサブウーファーの用途は「重低音を再生する」だけなのに、担当する分野の活躍の幅が広い。特に「心理面の演出」に一役買っているというのは、意外に知られていないんじゃないかと思います。

 

管理人はサブウーファーを導入し、機材や音響をどんどん強化していったら、気がついたらここまでハマってしまっていました。ある意味、ホームシアターにハマるきっかけにもなった機材

 

結果、こうしてブログで記事を書くほどハマるようになった趣味であるホームシアター。その入り口になったサブウーファーには感謝しています。ではでは〜。

 

管理人一押しのサブウーファーを紹介!安いのに超パワフル!(本人も使用中)↓

 

結局シアタールームで映画を見るのが最強。メンテナンスフリーで、好きな場所で好きなように見れる。正直映画館よりもおすすめ。

登録無料でシアタールームの施工相談に応えてくれます>シアタールーム施工の相談はこちら

 

サブウーファーには設置に適した場所があります

【ホームシアター】サブウーファーの「おすすめの設置場所」を紹介!

ホームシアターにおいて、サブウーファーは「迫力」を得るために必要なもの。とはいえ、意外とその置き場所には悩みます。本記事ではサブウーファーの置き場所と、その理由を徹底解説しています

続きを見る

 

ヲカライダー氏の「ホームシアター」は凄かった!

ヲカライダー氏のガレージハウスに登場した「ホームシアター」紹介

モトブロガーの「ヲカライダー氏」のガレージハウスで紹介された「ホームシアター」の環境を語ります。「ドルビーアトモス」レイアウトの参考にもなるホームシアターでした。その詳細を解説!

続きを見る

ホームシアター費用を全て公開!必要な機材リスト付き【初心者向け】

ホームシアターの初心者向けに、普段使っているホームシアタールームの全容と、必要になった機材・金額を公開。また、基本的なホームシアターを構築するための機材と、その理由も徹底解説します

続きを見る

 

-ホームシアター関係