" />

ホームシアター関係

ホームシアターの「サラウンド」を初心者向けに分かりやすく解説!

2021年8月15日

 

ホームシアターが気になってるんだけど「サラウンド」っていう単語がよくわからない。聞いたことある単語ではあるんだけど「サウンド」とは違うの?

 

こんにちは、センチネルです。本記事では「ホームシアター」における”わけわからん単語の一つ”である「サラウンド」の意味を解説していきます。

 

めちゃくちゃ噛み砕いていうと、ホームシアターの「サラウンド」とは「音響空間そのもの」のこと。

 

基本的にホームシアターは「4.0ch」で完璧な「サラウンド」になります。4.0chというのは「4本のスピーカーで視聴者を囲んだレイアウト」。そしてスピーカーの本数が増えるほど、サラウンド(音響空間)の「質感」が変わってきます。

 

つまりサラウンドとは「スピーカーの数」を表したものではなく、複数のスピーカーが視聴者を囲った状態での「音響空間」そのものを表しているのです。

※本記事を読み進んでもらえればわかります

 

「ステレオ」や「2.1ch(チャンネル)」はこちらで解説しています↓

>ホームシアターの「ch(チャンネル)」を解説!【初心者でも理解】

 

「スピーカーの角度」によっていいサラウンドが決まります。要チェック!↓

>ホームシアターは「スピーカーの角度」が超重要【機材変更はその後】

 

視聴者を囲んだ時の「音響空間そのもの」なので、いいスピーカー=「優れたサラウンド」とはならない。さらに、視聴者を囲む「スピーカーの配置やレイアウト」によってサラウンドは良くも悪くも変化するんだ

 

ホームシアターは3.1chだと「サラウンド」が構築できない

 

視聴者を囲んだ音響空間が「サラウンド」と言うのなら、スピーカーは何チャンネル(ch)必要なんだ?3つでも成立するんじゃ。。。?

 

サラウンドを体感するためには「視聴者を複数のスピーカーで囲む」ことが必要ですが、かといってスピーカー「3つ(三角形に囲む)」ではサラウンドにはなりません。

 

技術的にはできなくも無いんですが、そもそもAVアンプが「スピーカー3つ(3.0ch)」でサラウンド環境を作ることを想定していない。。。そのため、3.0chでサラウンドを作る「メニュー自体がない」んです。

 

視聴者を中心に「3角形にスピーカーを配置」しても、三角形配置の「3.0ch」だとサラウンドになりません。

 

3.0chのスピーカー構成は以下の通り。

 

3.0chのスピーカー構成

  • 左右のフロントスピーカー(音響のメイン)
  • センタースピーカー(セリフ担当)

ここでの説明は「3.0ch」ですが、基本はそこに重低音担当の「サブウーファー」を追加した3.1chの構成であることが望ましいです。

 

セリフ担当のセンタースピーカーの役割はここで解説!↓

>センタースピーカーは必要?主な役割3つを解説!【初心者向け】

 

ホームシアターは4.0chから「サラウンド」が構築できる

 

以降の説明は、サブウーファー(0.1ch)を追加した状態で行っていきますね。3.1chでは「サラウンド環境」は整わないのですが4.1ch」になると、サラウンド環境が整います。

 

4.1chと3.1chでの大きな違い「視聴者をスピーカーで完全に囲んでいるか」という点。4.1chのスピーカー構成を見てみましょう。

 

4.1chのスピーカー構成

  • 左右のフロントスピーカー
  • 左右の「サラウンド」スピーカー(視聴者の後方に置くスピーカー)
  • サブウーファー

 

こんな構成になります。3.1chにあった「セリフ専用」のセンタースピーカーを取り払い(サラウンド的にはあってもなくてもどっちでもいいので)、代わりに後方に「サラウンドスピーカー」を設置。

※センタースピーカーを取っ払うと2.1chになりますが、サラウンドスピーカーを1つずつ左右後方に配置するので、4.1chになります

 

こうすると、4.1chになり、無事サラウンド環境が構築できます。

 

センタースピーカーは「サラウンドに必須ではない」ので外していますが、同じく必須ではない「サブウーファー」を外してもサラウンドとしては成立します。その場合は、4.0chになる。

 

視聴者を囲んだ「音響空間」そのものが「サラウンド」だから、視聴者を完璧に囲んでいる「4.0ch」以上であればサラウンド空間になるってことだね〜

 

ホームシアターの5.1chは「完璧な」サラウンド!

 

4.0chでサラウンドとして完成できるなら、4.0ch以上の「5.1ch」とかはどういう立ち位置だ?オーバースペック?

 

5.1chは、いわばホームシアターとしての完成系。実際は4.0chの時点で完璧なサラウンドシステムですが。その4.0chに下記のスピーカーを足すと、5.1chになります。

 

ポイント

  • セリフを聞き取りやすくするセンタースピーカー分のch(チャンネル)を追加して「5.0ch」になる。
  • 低音担当の「サブウーファー」を追加することで5.1chになる。

 

完璧なサラウンド環境であった「4.0ch」に上記のスピーカーを加えて「5.1ch」になれば、基本的には何一つ不足のない「最強のサラウンド環境」が完成します。

 

 

とはいえ、基本は4.0chまでできれば十分。なぜならスピーカーを増やせば増やすほど、サラウンド環境が「デリケート(面倒くさい)」になるからです。

 

スピーカーの距離、角度、音質、音量調整など、ch(チャンネル)が多くなるほどに「スピーカー調整沼」に陥るので、設置自体に大変苦労する

 

管理人としては、基本的かつ完璧なサラウンドシステムである「4.0ch」のスピーカーを良いもので整えた上で、物足りなくなったら5.1ch以上にするのをお勧めします。

 

4.0chでサラウンドが完成するなら、ホームシアター自体の敷居が低く感じるね。後方に「サラウンドスピーカー」を置かなきゃいけないのは変わらないけど。。。

 

やっぱりセリフをはっきり聴きたい場合はセンタースピーカーの導入を↓

>センタースピーカーは必要?主な役割3つを解説!【初心者向け】

 

もっと低音が欲しい場合はサブウーファーの導入を↓

>ホームシアターにサブウーファーは必要?役割を解説!【初心者向け】

 

結局シアタールームで映画を見るのが最強。メンテナンスフリーで、好きな場所で好きなように見れる。正直映画館よりもおすすめ。

登録無料でシアタールームの施工相談に応えてくれます>シアタールーム施工の相談はこちら

 

サウンドバー(シアターバー)の「バーチャルサラウンド」は、疑似的なサラウンド

 

スピーカーで視聴者を囲んだ時の「音響空間」自体をサラウンドっていう。。。だから4.0chでサラウンド完成か。でも「シアターバー」みたいな製品は視聴者を囲んでないけど、サラウンドを売りにしてないか?

 

シアターバー(サウンドバー)などの製品は「バーチャル(疑似的に)でサラウンド空間を表現しています。

 

疑似的に「複数のスピーカーを再現」しているので「複数のスピーカーに囲まれる=疑似的なサラウンド環境が構成できている」と言えるわけですね。

 

なるほどね〜疑似スピーカーに囲まれる=「バーチャル」サラウンドだから、サラウンドとして成立しているわけか!

 

近年のサウンドバーの性能向上は凄い!↓

 

シアターバーはこちらでも触れています。お手軽にシアターを設置したい人は合わせてどうぞ↓

>ホームシアターをリビングのコーナーに設置する方法「3つ」紹介!

 

ホームシアターの「サラウンド」を初心者向けに分かりやすく解説! まとめ

 

最後に本記事の内容をまとめます。

 

サラウンドまとめ

  • 3.1chでは「サラウンド」が構築できない
  • 4.0chからはサラウンドが構築できる
  • 5.1chは「完璧な」サラウンド!
  • サウンドバーの「バーチャルサラウンド」等は、疑似的にサラウンドを作っている

 

複数のスピーカーに囲まれた「音響空間」自体を”サラウンド”という。。。比較的「雰囲気」でスルーされてしまいがちなホームシアター用語でした。

 

実際には「マルチチャンネル・サラウンド(複数のchチャンネルのサラウンド)」とも言われるのですが、意味はサラウンドと「全く同じ」なので、どこかでその表記に出くわしても安心してください。ではでは〜

 

結局シアタールームで映画を見るのが最強。メンテナンスフリーで、好きな場所で好きなように見れる。正直映画館よりもおすすめ。

登録無料でシアタールームの施工相談に応えてくれます>シアタールーム施工の相談はこちら

 

ヲカライダー氏の「ホームシアター」は凄かった!

ヲカライダー氏のガレージハウスに登場した「ホームシアター」紹介

モトブロガーの「ヲカライダー氏」のガレージハウスで紹介された「ホームシアター」の環境を語ります。「ドルビーアトモス」レイアウトの参考にもなるホームシアターでした。その詳細を解説!

続きを見る

 

サラウンドを理解した上で、こちらを読むと楽しいですよ↓

ホームシアターは「スピーカーの角度」が超重要【機材変更はその後】

ホームシアターにおいて「スピーカーの角度」はとても重要。まずスピーカーの角度をしっかり見直して、音響空間を整え、それからいい機材を入手しましょう。本記事では理想の角度・高さを紹介!

続きを見る

ホームシアター費用を全て公開!必要な機材リスト付き【初心者向け】

ホームシアターの初心者向けに、普段使っているホームシアタールームの全容と、必要になった機材・金額を公開。また、基本的なホームシアターを構築するための機材と、その理由も徹底解説します

続きを見る

 

-ホームシアター関係