" />

ストリーミングサービス

U-NEXTの「ドルビーアトモス」対応作品を再生!【VODも凄い】

2021年8月31日

 

「超立体音響」で、上方向の音声も出力してくれる「ドルビーアトモス」。このドルビーアトモスなんだけど「U-NEXT」でも対応してるって知ってた?

 

こんにちは、センチネルです。本記事では上記の内容に答えます。

 

本記事で分かること

  • U-NEXTで配信している「ドルビーアトモス」対応作品(バンブルビー)の音質・実力がわかる

 

本記事を書いている管理人はVOD(ストリーミングサービス)歴約5年。近年のVODの進化を実感してきました

 

ドルビーアトモスは「UHD Blu-ray」で主流になっている音声フォーマット。

近年では「VOD」でも、そのドルビーアトモスで配信している作品やサービスが増えています。

 

U-NEXTのドルビーアトモス収録作品の「バンブルビー」を視聴した感じでは、VODでもほとんどBlu-rayに近いレベルの音質・音響だと感じました。

>>【U-NEXT】ドルビーアトモス再生の対応作品の「探し方」を紹介

 

ストリーミングサービス、いや「U-NEXT」恐るべし!この手の配信サービスの弱点だった「重低音や音響」もほとんどクリアできてる

 

Blu-rayで初めてアトモス音声を聞いた衝撃に近かった。サラウンド感も素晴らしいし、当分「U-NEXT」のアトモスで満足だって思ったよ

 

管理人はホームシアターに「fire TV stick」を接続してVOD(U-NEXT)を楽しんでいます↓

 

U-NEXTの「ドルビーアトモス」対応作品音声の特徴

 

ドルビーアトモスは、簡単に言うと「上方向の音響」が体感できるようになり、従来のドルビーデジタルよりも「重い重低音」を吐き出すことができる音声フォーマット。

 

低音の威力が爆発的に増えて、上方向からも音に囲まれるので、従来の音声フォーマットよりも「さらに」没入感を得られるわけですね。

 

「オブジェクトオーディオ」という呼び方もされていて、実際には従来の音声よりもずっと「細かい進化」がある

※音の聞こえ方が違うだけでなく、そもそもの音声収録技術そのものが全く違う

 

基本的には上方向のサウンドが加わり、重低音が従来よりさらに強く、重々しくなったくらいの認識でOK。

 

重低音は「より自然になった」感じで、上方向のサウンドによって「音に囲まれる感」がさらに増したね。とてつもない「臨場感」を得られる

 

従来の音声(ドルビーデジタルなど)は映画の世界に「入った」音声で、ドルビーアトモスは映画の世界の「一部になった」音声。それくらいレベルが違う

 

ドルビーアトモス対応の主なストリーミングサービス

 

2022年現在では、下記のストリーミングサービスが「ドルビーアトモス収録作品」を扱っています。

 

この4社のみです。

VOD界隈全体で考えると、全く普及してませんね。

 

そのうちAmazonプライムビデオは「4k HDR」に対応したテレビディスプレイに接続していないと「ドルビーアトモス」が再生できない仕様。

 

ドルビーアトモスを再生できるようにするには「配信サービス」側もお金がかかるんだろうね。対応している4社も「一部の作品」しか見れないし

 

「ドルビーアトモス」を聴きたい人はマニアックなんだよ。サービスを提供する側としてはアトモス作品増やすより、通常音声の作品増やす方が先決だしね

 

U-NEXTの「ドルビーアトモス」対応作品のアトモス音声の出来栄え

 

実際にU-NEXTで「ドルビーアトモス」に対応している作品「バンブルビー」を視聴してみたのですが、、、これは凄い!

※「ストリーミングサービス」という土俵での”凄い”になります。流石に「そのまんまBlu-rayと同じレベルの音質だ!」とはならない

 

U-NEXTで配信しているドルビーアトモスの音声の特徴は下記の通り。

  • アトモス特有の重低音が響き渡る
  • 音に「包囲されている」感が通常の作品(5.1ch)よりもずっと強い
  • 明らかに「上方向」からの音がはっきり聞こえる

 

おおよそ「ドルビーアトモス」に期待する部分は大満足!これを「ストリーミングサービス」でやってのけるなんて驚き。

 

管理人は「イネーブルドスピーカー」という、天井からの反射を利用した5.1.2chの「アトモス環境」を構築していて、マニア的にはそこまで「上方向の音」は聞こえないと言われている環境。

>>イネーブルドスピーカーのさらなるアトモス体験記事

 

その環境にもかかわらず、しっかり上からも音が聞こえる。。。U-NEXTのアトモスの品質がかなり良いということになります。

 

これはもう「VOD(ストリーミングサービス)」の時代だ!って思ったよ。もっといろんな作品を配信して欲しくなる

 

アトモスならではの音響を感じられたシーンを紹介

画面右上には「DolbyAtmos」の表記がある!

 

そもそも「バンブルビー」には、下記のように高さ方向が表現できる「ドルビーアトモス」に適した映像がたくさん出てきます。

  • 全てのアクションシーンの重低音。例えばパンチですが、カン!っという音ではなく、ゴズン!!という「パンチ食らったら明らかにやばい音響」に変化
  • 爆発音。重低音の質が上がっているせいか、爆発の「スケール」がしっかりと伝わるような音に変化。柔らかさや硬さも変化している
  • オプティマスのホログラム。明らかに「上の方から」オプティマスの声が聞こえる。ホログラムを形成するときの「電子音」も上にまで伸びていくのが分かる

 

繰り返しますが、U-NEXTでこの体験ができるわけです。しかも割と「構築するのが簡単」な視聴環境で。

 

ホームシアター構築に必要なものと、あると便利な周辺機器を下記で紹介。

>>ホームシアター費用を全て公開!必要な機材リスト付き【初心者向け】

 

正直感動。よくストリーミングサービスでここまでやってくれました!

※そもそも「バンブルビー」の音質・音響が神がかったレベルだというのもありますが

 

普通にアトモス音声を求めると「UHD Blu-ray」の購入になるけど、一本3000円前後。。。U-NEXTなら月2000円で「近いレベルの音響」の作品を選べる!

 

こうして「立派な」アトモスを経験すると、入会した甲斐があったって思える。今まではサービスを「配信作品」で選んでいたけど、音質でも選ぶ時代になってきた

 

U-NEXTの「ドルビーアトモス」対応作品を再生!【VODも凄い】 まとめ

 

最後に本記事の内容をまとめますが、U-NEXTのドルビーアトモス音声は本当にいいものです。

 

各社、音声仕様にどんどん力を入れていってもらって、「Wi-Fiをはじめとしたインターネット環境」があれば誰でもドルビーアトモスを体験できる時代が来ればいいですね。

 

ちなみに、音楽ストリーミングサービスにおいては「ドルビーアトモス時代」はもうきています。

>>空間オーディオを無料で試すなら「Amazon music unlimited」で決まり!

 

管理人はホームシアターに「fire TV stick」を接続してVOD(U-NEXT)を楽しんでいます↓

 

ではでは〜

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

senntineru2000

当ブログを通して開業しています。 当ブログのメイン記事1:自宅筋トレ。メイン記事2:お手頃ホームシアター。あまりお金をかけずに「理想の体」と「理想のホームシアター」を作るのを手伝います。

メイン記事

1

モージョンズの「可変式ダンベル」が欲しいんだけど、アレってどこで売ってるんだろう?一般のスポーツショップには置いてないよね?やっぱりネットからが正解かな?←こういった疑問に答えます

2

ホームシアターの初心者向けに、普段使っているホームシアタールームの全容と、必要になった機材・金額を公開。また、基本的なホームシアターを構築するための機材と、その理由も徹底解説します

3

Amazonの買い物は定価よりも安い商品が多いし、「プライム会員」でいろんな商品をもっとやすく買えるけど、それよりもさらに安く、お得に買える方法あるかな?←こういった疑問に答えます

-ストリーミングサービス