" />

トランスフォーマー

映画「トランスフォーマー」シリーズのストーリー・キーアイテム解説

2021年10月20日

 

実写版トランスフォーマーシリーズを1〜6作見てるけど、ストーリーがわけわからん。キューブ?シード?わかりやすく説明してくれ!

 

真面目に考えてはならんストーリーだから、ワケわからなくて当然よ。とはいえ、本記事ではストーリーやキーアイテムを可能な限り簡単にわかりやすく説明しよう!

 

こんにちは、センチネルです。本記事では映画「トランスフォーマー」シリーズ1〜6作のストーリーと、物語の中心となる「キーアイテム」を、できるだけ簡潔に解説します。

 

本記事の内容

  • トランスフォーマーシリーズ1〜6作の「おおそよ」のストーリーを紹介する
  • ストーリーに絡んでくる「キーアイテム」の役割を紹介する

 

トランスフォーマーシリーズは派手な映像と音響、変形する巨大ロボットなどが合わさって「ガチャガチャ」の映画ですが、実はストーリーの方も同じぐらいガチャガチャです^^;

 

それもそのはず。前後の作品の「つながり」をあまり考えないで制作されているから。1作目でバンブルビーが喋ったのに、5作目で「初めて喋った」ことにされるくらいですからね。

 

しかしそのガチャガチャなストーリーは、なぜか所々「無駄に」辻褄が合うことも多いので、本記事では「キーアイテム」と絡めて整理していきます。

※トランスフォーマーにおいて、これらは全て「褒め言葉」です。

 

そもそもなんであんなに毎回ややこしいストーリなんだ?オプティマスの「オートボット」とメガトロンの「ディセプティコン」が戦うだけじゃいかんのか?

 

両陣営が戦う動機の「キーアイテム」をストーリーに持ち込んだ結果、グチャってるんだよ。マイケル・ベイ監督の撮りたい「映像」とやりたい「破壊」を詰め込んだ映画だからしょうがないさ

 

映画に登場する各勢力の大まかな説明はこちら→映画「トランスフォーマー」シリーズの各勢力・キャラクター紹介!

 

映画「トランスフォーマー」シリーズの各作品のキーアイテム紹介

 

まずはストーリーの中核となる「キーアイテム」と、そのアイテムの役割を簡単に説明します。

※各キーアイテムは各章ごとに「記事化」していくので、ここでは触り程度の紹介です

 

「トランスフォーマー(2007)」に登場したアイテム

  • オールスパーク:1作目に登場。膨大なエネルギーを持ち、機械に命を与えることが出来る
  • キューブ:オールスパークのエネルギーを閉じ込めた四角い物体。大きさを変えられる

 

「トランスフォーマー/リベンジ(2009)」に登場したアイテム

  • キューブのかけら:キューブが砕けたかけらで、この状態でもオールスパークのエネルギーを内包している
  • グレートマシン:太陽を爆発させ、トランスフォーマーの命の源である「エネルゴン」を作り出す装置
  • リーダーのマトリクス:グレートマシンを起動させる鍵。膨大なエネルギーを持つ。「キューブのかけら」にはこの鍵のありかも示されていた

 

「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011)」に登場したアイテム

  • スペースブリッジ:テレポーテーション装置。惑星ごと移動させられる

 

「トランスフォーマー/ロストエイジ(2014)」に登場したアイテム

  • トランスフォーミウム:トランスフォーマーたちを構成する物質
  • シード:爆発することで、大量の「トランスフォーミウム」を作り出せる物体

 

「トランスフォーマー/最後の騎士王 (2017)」に登場したアイテム

  • ユニクロン:地球そのもの。つまり星そのものがトランスフォーマー
  • マーリンの杖:星から星へエネルギーを移動(吸い取る)ことが出来る杖
  • 騎士のメダル:タリスマンとも呼ばれる聖剣。13人の騎士たちに認められ、騎士の力を借りることができる

 

「バンブルビー(2019)」に登場したアイテム:なし

※「バンブルビー」は特にキーアイテムなし。おかげで奇跡的なストーリーのわかりやすさ!

 

目眩がしそうなほどいろんな「キーアイテム」がありますね。これらの争奪戦に加えて、さらにそれぞれの細かい「特殊な設定」が加わるので、ストーリーは難解です(^◇^;)

※実際には最初のプライムの1人だとか、創造主たちとかいろいろあります。それらも別記事にて細かく解説。設定ありすぎるので。

 

思ったけど「A」を探すには「B」が必要で、両方とも危険な場所にある。それをめぐった戦い。そんな感じのストーリーだと考えれば簡単かもね

 

その通り。で、ここからはこのアイテムと絡んでどんなストーリーが展開されたのかを簡単に解説していく

 

映画「トランスフォーマー」シリーズのストーリーをキーアイテムと絡めて紹介

 

キーアイテムは紹介したので、ストーリー本編の解説をしていきます。本記事での解説はキーアイテムと「絡んだ部分のみ」で、より詳細な解説は別記事で投下していきます。

 

わかりやすさ重視、キーアイテムとストーリーの絡みに注目して解説するので、必要がなければ「主人公」にもあまり触れない方向での解説になります。

※トランスフォーマーの名前ばっかり出てくるということです

 

トランスフォーマー(2007)のストーリーを簡単に説明

サムが抱えているのが「キューブ」!

 

 

「トランスフォーマー(2007)」に登場したアイテム

  • オールスパーク:1作目に登場。膨大なエネルギーを持ち、機械に命を与えることが出来る
  • キューブ:オールスパークのエネルギーを閉じ込めた四角い物体。大きさを変えられる

 

このキーアイテムと絡んだストーリーは下記のようになります。

1作目のストーリー

  • 大昔、メガトロンがキューブを追って地球に飛来し、南極に墜落。偶然発見した人間「アーチボルト・ウィトウィッキー」の眼鏡に、キューブの在処の座標を刻んでメガトロンは機能停止する。
  • 「キューブの座標」が刻まれた眼鏡の場所を、後を追って地球に来たオートボットとディセプティコンが発見。
  • 眼鏡の座標により、フーバーダムにキューブ=「オールスパーク」が保管されていることが判明。
  • バンブルビーがキューブを小型化し、人間とオートボットvsディセプティコンのキューブ争奪戦になる!
  • 主人公の「サム」は、復活したメガトロンにキューブを押し当て、メガトロンをキューブもろとも破壊する。
  • オプティマスとオートボットは人間の行動を讃え「キューブのかけら」の保管を人間に任せる。

 

流石に1作目だけあって、そこまで複雑なストーリー構造にはなってないね。オールスパーク=キューブだけど、キューブの「争奪戦」だけでストーリーは展開してる

 

オールスパークは膨大なエネルギーで、キューブはそのエネルギーの入れ物。実は、入れ物はキューブでなくても大丈夫だということが続編でわかるよ

 

1作目はコミカルなシーンも多い。名シーンランキング→「トランスフォーマー(2007)」オプティマスの名シーン5選紹介!

 

トランスフォーマー/リベンジ(2009)のストーリーを簡単に説明

「リーダーのマトリクス」を掴んでいる!

 

 

「トランスフォーマー/リベンジ(2009)」に登場したアイテム

  • キューブのかけら:キューブが砕けたかけらで、この状態でもオールスパークのエネルギーを内包している
  • グレートマシン:太陽を爆発させ、トランスフォーマーの命の源である「エネルゴン」を作り出す装置
  • リーダーのマトリクス:グレートマシンを起動させる鍵。膨大なエネルギーを持つ。「キューブのかけら」にはこの鍵のありかも示されていた

 

このキーアイテムと絡んだストーリーは下記のようになります。

2作目のストーリー

  • サムが服についていた「キューブのかけら」に触れてしまい、その知識を「頭の中」に吸収してしまう
  • 軍が保管していた「キューブのかけら」がディセプティコンに盗まれ、かけらのエネルギーでメガトロンが復活
  • メガトロンはサムの「頭の中身」を狙う。その際サムを守ろうとする、邪魔なオプティマスの破壊に成功する
  • サムが頭に吸収した知識は、グレートマシンを起動する「リーダーのマトリクス」のありかを示す地図であり、ジェットファイアの協力もあって、サムたちはマトリクスを発見する
  • 激しい戦いの中、マトリクスのエネルギーでオプティマスが復活するものの、メガトロンの師匠ザ・フォールン」がマトリクスを奪い、グレートマシンを起動する
  • 太陽爆発の直前に「ジェットウィングオプティマス」がグレートマシンを破壊。ザ・フォールンも破壊し「マトリクス」はオプティマスが持つことになる

 

2作目「リベンジ」のキーアイテムの詳細な解説はこちら→「リーダーのマトリクス」とは?実写版トランスフォーマーの設定解説

 

キューブのかけらが「サムの服」と軍の施設の2箇所にあって、今作で両方使い切った。キューブの知識はリーダーのマトリクスの座標も示し、マトリクスはグレートマシンの「起動キー」だった!

 

そしてグレートマシンは太陽を爆発させて「エネルゴン」を作る恐るべきマシン!破壊しなければ地球は太陽を失っていたんだよ

 

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011)のストーリーを簡単に説明

スペースブリッジで「サイバトロン星」を近くに持ってきた!

 

 

「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011)」に登場したアイテム

  • スペースブリッジ:テレポーテーション装置。惑星ごと移動させられる

 

このキーアイテムと絡んだストーリーは下記のようになります。

3作目のストーリー

  • オートボットの前任の司令官「センチネル・プライム」はサイバトロン星を脱出する際、ディセプティコンに寝返るものの、月に墜落。自身も機能停止する
  • センチネルは惑星ごとワープさせられる「スペースブリッジ」を扱うことができるので、メガトロンはオプティマスのもつ「マトリクス」でセンチネルを復活させるよう、部下たちに工作させる
  • メガトロンの策によって「マトリクス」でセンチネルを復活させるオプティマス。すでにディセプティコンと組んでいたセンチネルは、スペースブリッジを地球のあらゆる場所に設置する
  • センチネルとメガトロンの狙いは、スペースブリッジで「サイバトロン星」を地球のそばにワープさせ、人間をサイバトロン星再建の「奴隷」をしてこき使うこと
  • オートボットとディセプティコンの「シカゴ決戦」が勃発し、メガトロンとセンチネルはオプティマスに破壊される
  • 他のディセプティコンも人間とオートボットの部隊に負け、スペースブリッジもバンブルビーとラチェットに破壊される

 

センチネルとスペースブリッジが中心で、2作目よりアイテムが少ない分、だいぶストーリーがわかりやすいね。シカゴ決戦はトランスフォーマー史に残るスペクタクルシーン!

 

メガトロンが終始策士として暗躍して、部下たちにいろんな任務を与えていたのは驚いたね。人間の力をある意味認めている証拠かも。しかし「サム」の必要性がない。。。

 

トランスフォーマー/ロストエイジ(2014)のストーリーを簡単に説明

トランスフォーミウムを生み出す「シード」

 

 

「トランスフォーマー/ロストエイジ(2014)」に登場したアイテム

  • トランスフォーミウム:トランスフォーマーたちを構成する物質
  • シード:爆発することで、大量の「トランスフォーミウム」を作り出せる物体

 

このキーアイテムと絡んだストーリーは下記のようになります。

4作目のストーリー

  • 恐竜の時代に「シード」を爆発させ、恐竜たちを次々と「トランスフォーミウム」に変えていく「創造主」たち
  • トランスフォーミウムは、人造TF(トランスフォーマー)を作る材料になるため、オートボットが次々と特殊部隊「墓場の風」と賞金稼ぎの「ロックダウン」に破壊されていく
  • ロックダウンの持つ「シード」を使って手っ取り早く大量のトランスフォーミウムを入手したい「KSI」と墓場の風は、オプティマスを引き渡すことを条件に、ロックダウンと「シード交換」の取引をする
  • ロックダウンはオプティマスを「創造主」の元に連れて帰る目的があり、シードとオプティマス交換の取引を容認する
  • オプティマスに重傷を負わせ、オプティマスをゲットしたロックダウンは、シードを人間に渡して地球を離れる
  • ところが、KSIが研究していた「破壊されたメガトロン」の意識が人造TF「ガルバトロンを乗っ取り、さらに50体もの人造TFを支配下に置き、シードを探し出す
  • オートボットとダイノボットの攻撃により、ガルバトロン以外の人造TFを沈黙させ、オプティマスはロックダウンも撃破。
  • 騒動の元凶となった「トランスフォーミウム」を生み出す「シード」を安全なところに隠し、自ら「創造主」に会いに、宇宙に飛び立つオプティマス

 

シリーズ最長の上映時間と、屈指の難解なストーリーである「ロストエイジ」。ロックダウンはオプティマスの回収が目的で、ガルバトロンとKSIはシードを爆発させるのが目的

 

シードを爆発させると「人造TF」の元になる「トランスフォーミウム」を大量に入手できる。ガルバトロンはそれを使って「軍団」を作り、地球支配を狙ってた。それぞれの目的がバラバラなんよね

 

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017)のストーリーを簡単に説明

メガトロンに「マーリンの杖」を奪われた!

 

 

「トランスフォーマー/最後の騎士王 (2017)」に登場したアイテム

  • ユニクロン:地球そのもの。つまり星そのものがトランスフォーマー
  • マーリンの杖:星から星へエネルギーの移動(吸い取る)が出来る杖
  • 騎士のメダル:タリスマンとも呼ばれる聖剣。13人の騎士たちに認められ、騎士の力を借りることができる

 

このキーアイテムと絡んだストーリーは下記のようになります。

5作目のストーリー

  • サイバトロン星にいる「創造主・クインテッサ」の元にたどり着いたオプティマスは、「ネメシスプライム」に洗脳され、地球がユニクロンだということを聞かされる
  • ユニクロンを倒すためには、かつてクインが13人の騎士に奪われた「マーリンの杖」が必要。クインはネメシスに「杖」を取り戻すため、地球に行くように指示する
  • 地球では「TRF」に撃墜された騎士の1人が、人間のケイドに騎士のメダル(タリスマン)を渡す
  • 血筋の関係でマーリンの杖を唯一扱えるヴィヴィアンが、ケイドとともに「杖」を探しに海底に沈んだ宇宙船に乗り込むも、ネメシスに杖を奪われる
  • バンブルビーによってネメシスはオプティマスに戻ったが、復活してクインと協力しているメガトロンに杖を奪われ、13人の騎士に殺されかける
  • 騎士たちからオプティマスを庇ったケイドの騎士のメダルが「剣」になり、13人の騎士たちはケイドに従う
  • 杖の力を使ってクインテッサは「地球(ユニクロン)」からエネルギーを吸い取り、サイバトロン星にエネルギーを与えるが、メガトロンともどもオートボットに退けられる

 

13人の騎士を味方にできる「騎士のメダル」と、星のエネルギーをサイバトロン星のエネルギーにする「マーリンの杖」がキーアイテム。13人の騎士は合体して「ドラゴンストーム」になる最強戦力よ

 

ユニクロン=地球を倒す。という口車に乗せられたオプティマスだったね。ユニクロンは別に害はない。今度もクインは地球攻略を画策してきそうな最後だった

 

バンブルビー(2018)のストーリーを簡単に説明

この直後に椅子がぶっ壊れます!

 

 

「バンブルビー(2019)」に登場したアイテム

  • なし

 

バンブルビーでは物語を左右するような「キーアイテム」は特にありません。ですが、大まかなストーリーはのせます。

「バンブルビー」のストーリー

  • サイバトロン星では戦争が続いていて、オートボットの敗北は濃厚。バンブルビーはオプティマスの指示で一足先に地球に行き、拠点を作ることに
  • 地球でバンブルビーは「ブリッツウィング」と戦いになり、声帯を破壊されるも、これを撃破。そして少女のチャーリーに拾われる
  • シャッター・ドロップキックも地球に到着し、バンブルビーを通してオプティマスの狙いを知ると、仲間のディセプティコンを呼ぶために衛生通信を開始する
  • バンブルビーは辛くも両方とも破壊し、チャーリーと別れ際に1作目と同型の「カマロ」にスキャンし、走り去っていく

 

こんなにシンプルで、わかりやすいストーリーの「トランスフォーマー」作品が作れるなんて、従来のシリーズ作品を知る人からしたら驚き。それでいて作品のクオリティも高い!

 

シンプルほど面白くなる、良い例かもね。何気にトランスフォーマーで初の「メガトロン」の単語が出てこなかった作品でもあるよ。戦闘は相変わらず激しくてグッド!

 

映画「トランスフォーマー」シリーズのストーリーとキーアイテム紹介 まとめ

 

最後に、本記事の内容をまとめます。

 

キーアイテムとストーリーを紹介!

  • トランスフォーマーシリーズ1〜6作の「おおそよ」のストーリーを紹介する
  • ストーリーに絡んでくる「キーアイテム」の役割を紹介する

 

キーアイテムの役割と、それがどうストーリーに絡んでくるかを解説しました。比較的簡潔に説明できたと思いますが、足りない部分はまた順次追加していきます。

 

しかしこうして振り返ってみると、常に「メガトロン」があの手この手で軍団の形成や、星の支配を企んでいることがよくわかりますね。

 

彼の存在は、ある意味「オプティマス以上」にこのシリーズに必要と言ってもいいかもしれませんね。シリーズの今後のためにも、彼にはまだまだ暴れ回って欲しいです。ではでは〜

 

オプティマスとバンブルビーは全作品にレギュラー出演しています↓

【オプティマスプライム】実写映画での性格や劇中での設定を紹介!

バンブルビー:実写映画での活躍を紹介!小柄な身体でも超強い!

 

メガトロンこそシリーズに必要な存在と言えますね↓

【メガトロン】実写版トランスフォーマー最大の敵!シリーズでの変化は?

【トランスフォーマー】シリーズ最強ランキングトップ5!【ラスボス編】

 

下記の記事読めば大体トランスフォーマーを理解できます

【オートボット】トランスフォーマー実写映画に登場した25体紹介!

実写映画版のトランスフォーマーシリーズに登場する「オートボット」25体の紹介。オートボットの中にはいろんなタイプのキャラクターがいいますね。本記事を読むと本編の振り返りにもなります

続きを見る

【トランスフォーマー】実写映画のディセプティコン37体紹介・解説

実写映画「トランスフォーマー」シリーズに登場した「ディセプティコン」を37体紹介。もっと細かくカウントすると50対近くになりますが、被っているキャラもいるので「37体」になりました

続きを見る

映画「トランスフォーマー」シリーズの各勢力・キャラクター紹介!

トランスフォーマーシリーズの各勢力やキャラクター紹介。オートボットとディセプティコン以外にも様々な勢力が登場していますね。本記事は「これ誰だっけ?」と思った時にでも利用してください

続きを見る

 

-トランスフォーマー