" />

ダンベル トレーニングチューブ 自宅筋トレ・有酸素運動 自宅筋トレ器具

トレーニングチューブはダンベルの代用品になる?【使用用途による】

2022年10月4日

 

「トレーニングチューブ」は自宅で全身を鍛えられる筋トレ器具だけど、なんか、ダンベルと動きが似ている気がする。もしかしてチューブはダンベルの代わりになる?

 

こんにちは、センチネルです。本記事では、上記の疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • 「トレーニングチューブはダンベルの代わりになるか」を、さまざまな視点から解説

 

本記事を書いている管理人は、自宅筋トレ歴7年ほど。トレーニングチューブ、ダンベル共によく使っています

 

本記事で解説する「トレーニングチューブ」は、以下の製品を用います。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング

 

本記事で解説に使用する可変式ダンベルは、最強の可変式ダンベルである「motions:NÜOBell(フレックスベル)を用います。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング

>>motionsのダンベルは高い?実はお得な理由を紹介【最強です】

 

なぜこの可変式ダンベルを用いて比較するかというと、販売されている中で「最強の可変式ダンベル」だからです

>>【可変式ダンベル】おすすめランキングトップ3紹介【30キロ前後】

 

結論から言うと、トレーニングチューブは工夫次第で「ある程度の重さのダンベル」の代用品になり得ますし、ダンベルではできない自重トレーニングの補助などもこなせます。

※最大でも15キロ前後の重さのダンベル

 

が、上記の可変式ダンベルのような「巨大な負荷」をかけることはトレーニングチューブにはできません。

 

本記事では、自由に負荷調整ができると言う点でよく似ている「トレーニングチューブ」と「可変式ダンベル(フレックスベル)」を比較し、なぜ上記の結論になったかを解説。

 

読めば、どちらが自分に合ったトレーニング器具なのかがわかります。

 

 

トレーニングチューブの特徴・メリット

 

トレーニングチューブには、以下の特徴やメリットがあります。

  • チューブが細いほど負荷が軽くなり、太いほど負荷が大きくなる
  • チューブの張力を利用して、ダンベルトレーニングと似たことができる
  • ダンベルでできるトレーニングは、ほとんどチューブでもできる
  • 張力を利用して、自重トレーニングの「補助」ができる
  • どこででもトレーニングができる
  • 場所を取らない
  • 価格が安い

 

こんな感じです。トレーニングチューブを使ってきて思うのは、チューブは「ディップススタンド」と肩を並べるほど優秀なトレーニング器具ということ。

 

当ブログでもさまざまな記事で、トレーニングチューブの優秀さを紹介しています。

 

手軽さ・安さ・汎用性の高さを踏まえた「コスパ」を加味すると、トレーニングチューブは最強レベルのトレーニング器具。

 

気軽に「緩めの」トレーニングをするもよし、高難易度の自重トレーニングをするも良し。工夫次第で、ほぼ全身どんな筋肉でも鍛えられます。

※「高難易度の自重トレーニング」の内容は、後ほど解説

 

そしてダンベルには及ばないものの、「そこそこ強力な負荷」もかけられるので、筋トレ初心者にもとてもおすすめできます。安全なのもグッド。

 

ちなみに、トレーニングチューブと肩を並べる・・・というか、あらゆるトレーニング器具の中でも特に汎用性に優れている「ディップススタンド」とは以下のもの。

>>ディップススタンドでできる筋トレを「9つ」紹介【万能筋トレ器具】

 

このディップススタンドとトレーニングチューブを組み合わせることで、以下の画像の「フロントレバー」といった超高負荷自重トレーニングを行うことができますよ。

 

可変式ダンベルの特徴・メリット

 

motions:NÜOBell(フレックスベル)には、以下のような特徴やメリットがあります。

  • 2キロ〜32キロまで、16段階で自在に負荷を調整できる
  • ベンチプレス・デッドリフト・スクワットの「ビッグ3」ができる
  • 力ある猛者でも、満足いくレベルの負荷を与えられる
  • 一般的な男性であれば、1セットあれば「ジムが不要」になる
  • 全身を満遍なく鍛え抜くことが可能
  • 筋トレ器具としては小さく、邪魔にならない

 

こんな感じです。ダンベルはまさしく「トレーニング器具の王」。

 

汎用性は先ほども挙げた「ディップススタンド」に引けを取りませんし、「ぶら下がるための器具」がどうしても必要になる自重トレーニングと比べて、スペースを取らないというのもメリット。

※「固定重量のダンベル」であれば、重量を揃える必要があるのでスペースをやたらにとる

 

しかも、本記事でチューブとの比較対象としている「可変式ダンベル(フレックスベル)」であれば、1秒あれば自在に重量を変化させてトレーニングが可能。

 

なので、負荷を調整しつつ次々と重量を変えていくスタイルのトレーニングも、余裕で行うことができる

 

トレーニングチューブのように「自重高難易度トレーニングの補助」はできませんが、チューブにできない「圧倒的な重量による高負荷トレーニング」を、1秒で重さを変更しつつできるのです。

 

自宅でジム並みの負荷を求めるのであれば、可変式ダンベルはまさに最強!高負荷を与えて筋肉を大きくしたいのであれば、可変式ダンベルしかありません。

 

※ダンベルでベンチプレスができますが、その場合は別途で「トレーニングベンチ」などが必要になります。

>>「FLYBIRDトレーニングベンチ」を徹底レビュー【主な使い方も紹介】

 

トレーニングチューブでできるトレーニング

 

トレーニングチューブを使うと、主に以下のトレーニングを行えます。

  • そこそこの負荷の全身トレーニング
  • スクワット
  • デッドリフト
  • チューブの張力を利用した「加重トレーニング」
  • チューブの張力を利用した「自重トレーニング」の補助

 

などですね。負荷こそmotions:NÜOBell(フレックスベル)には敵わないものの、チューブの張力を利用することで、器用で汎用性高くトレーニングできます。

 

以下の動画を見てもらえれば、トレーニングチューブは「完璧に全身をカバーできる器具」ことがわかりますよ。

 

上記の動画では、トレーニングチューブが高負荷自重トレーニングの「補助・支え」として機能しているのがわかりますし、チューブの張力を利用して「加重トレーニング」も行えています。

 

ちなみに、動画内でチューブを使った「デッドリフト」をおこなっていますが、これが意外と馬鹿にならない負荷をかけられます

 

少なくとも、管理人の持っている「TheFitLife トレーニングチューブ」付属の一番太いチューブでデッドリフトを行うと、普通に歯を食いしばるほどの負荷になりますよ。

 

自宅で「自重トレーニング」をメインでやっているのであれば、トレーニングチューブは「なくてはならないもの」と言えるでしょう。

 

可変式ダンベルでできるトレーニング

 

可変式ダンベル(フレックスベル)を使うと、主に以下のトレーニングができます。

  • 軽い重量にもできるので、全身の筋肉の隅々まで鍛えられる
  • 即座に重量を変更し、鍛えたい筋肉に合う「最適な重量」で鍛え込める
  • ベンチプレス・デッドリフト・スクワットの「ビッグ3」を行える
  • ジム通いしている人間でも、満足いく重量での筋トレが行える

 

などですね。可変式ダンベルは、トレーニングチューブのような「高負荷自重トレーニングの補助」はできませんが、そんな小細工を「鼻で笑う高負荷」をかけることが可能。

 

以下の動画を見て貰えば、ダンベルが「全身を鍛え抜けるトレーニング器具」ということがわかります。

※動画内ではダンベルを色々変えていますが、可変式であれば「1台」で重量変更可能

 

上記の動画の中で、ダンベルでベンチプレスを行うときは別途で「トレーニングベンチ」を使ってますが、ダンベルで全身を鍛えるのに必要になる器具は、ベンチくらいなもの。

 

トレーニングチューブで全身を鍛えるために「高負荷自重トレーニングの補助」を行うには、ディップススタンドチンニングスタンド懸垂バーなどが必要になる

 

また、ダンベルというと「ベンチプレス・デッドリフト・スクワット」の「ビッグ3」を行える印象が強いですが、上記の動画のように工夫次第で「腹筋のみ」を鍛えることも十分に可能。

 

この豊富なトレーニングを、可変式ダンベルは「1秒」で最適な重量を作ってどんどん挑める!

 

「ビッグ3」から各部位別のトレーニングまで即座にこなせる。。。可変式ダンベルは恐ろしいまでの汎用性も持っているのです。

>>筋トレビッグ3は自宅でできる!「必要な器具」と鍛えれる筋肉を紹介

 

トレーニングチューブのデメリット

 

トレーニングチューブは、先に紹介したように汎用性抜群のトレーニング器具ですが、以下のようなデメリットもあります。

  • motions:NÜOBell(フレックスベル)ほどの「超高負荷トレーニング」はできない
  • 短期間で「大きな筋肉」を作るには適さない
  • ゴムなので、経年劣化が発生する
  • 体の作りを理解してないと、狙った筋肉を鍛えられない

 

こんな感じです。

 

やはりトレーニングチューブは、「自重+α」かつ「そこそこ負荷の高い筋トレ器具」といったポジジョンの器具なので、ダンベルほどの「筋肉が大きくなる高負荷」はかけられません。

 

汎用性そのものは抜群で「高難易度トレーニングの補助」ができ、工夫次第で狙った筋肉を鍛えることはできます。

 

が、各種のトレーニングや体の作りを理解してないと、思ったようにトレーニングできないもの事実。体の勉強重要ですよ。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング

 

トレーニングチューブは経年劣化するのも欠点だね。おおよそ3年でダメになる。まあ、価格が安いから許される欠点ではあるけど

 

ただ、突然チューブがちぎれることもあるから、チューブの状態はトレーニング前によく確認しておいた方がいいね

 

可変式ダンベルのデメリット

 

motions:NÜOBell(フレックスベル)は、先に紹介したように「ビッグ3」〜各部位別のトレーニングをこなす汎用性を持っていますが、当然デメリットもあります。

  • とにかく重い。重すぎる
  • 落下した時が大変
  • ぱっと見、価格が高い
  • チューブのように「高負荷自重トレーニングの補助」には使えない

 

このデメリットは、本記事で紹介している「フレックスベル」だけでなく、多くの可変式ダンベルに共通しているもの。

>>【可変式ダンベル】おすすめランキングトップ3紹介【30キロ前後】

 

そして可変式ダンベルは「重すぎることの弊害」が多いです。

 

例えば筋肉が発達していない場合、30キロオーバーの重量物を2つ(左右1つずつ)トレーニング部屋に運び込むのは、かなり骨が折れるはず。

 

また、安全に設計されていて「製品の欠陥で錘が落下する」ことは万が一にもありませんが、トレーニング中に力が抜けて、ダンベル自体が落下する可能性は十分にあり得ます。危険!

 

なので、高重量にした状態の可変式ダンベルを扱うときは、「トレーニングマット」などを敷いて、安全に十分配慮しましょう。

 

「フレックスベル」は製品の不具合で「落下」した事例は聞いたことがない。でも、疲労による落下防止に「マット」などで防ぐなどの対策が必要

 

トレーニングチューブは可変式ダンベルの代用品になるか:まとめ

 

結論をもう一度言うと、トレーニングチューブは工夫次第で「ある程度の重さのダンベル」の代用品になり得ますし、ダンベルではできない自重トレーニングの補助もこなせます。

※最大でも15キロ前後の重さのダンベル

 

が、motions:NÜOBell(フレックスベル)のような「巨大な負荷」をかけることはトレーニングチューブにはできません。

 

自宅でジム並みの「充実した高負荷トレーニング」を求める場合や、より筋肉を大きくしたい場合は、間違いなく可変式ダンベルの方がおすすめ。

 

自分の望むトレーニング内容にあった器具を選択し、日々のトレーニングを実りあるものにして行きましょう!

 

 

本記事で解説した「トレーニングチューブ」は、以下の製品です。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング

 

本記事で比較したダンベルは、最強の可変式ダンベル「motions:NÜOBell(フレックスベル)です。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング

>>motionsのダンベルは高い?実はお得な理由を紹介【最強です】

 

その他、本記事内で紹介したトレーニング器具たち。

>>ディップススタンドでできる筋トレを「9つ」紹介【万能筋トレ器具】

 

>>「FLYBIRDトレーニングベンチ」を徹底レビュー【主な使い方も紹介】

 

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\PayPayポイント10%還元!/
Yahooショッピング

 

ちなみに、管理人は以下のものを摂取して筋肉作りをしています。※プロテインは気分によって味やメーカーを変えている

 

ではでは、自分にあったトレーニング器具ライフを〜

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

senntineru2000

当ブログを通して開業しています。 当ブログのメイン記事1:自宅筋トレ。メイン記事2:お手頃ホームシアター。あまりお金をかけずに「理想の体」と「理想のホームシアター」を作るのを手伝います。

メイン記事

1

ベンチプレス、スクワット、デッドリフトの「筋トレビッグ3」って自宅でできる?もしできるのであれば、どんな「筋トレ器具」が必要になる?最低限必要なものを知りたい!←この疑問に答えます

2

ホームシアターの初心者向けに、普段使っているホームシアタールームの全容と、必要になった機材・金額を公開。また、基本的なホームシアターを構築するための機材と、その理由も徹底解説します

3

Amazonの買い物は定価よりも安い商品が多いし、「プライム会員」でいろんな商品をもっとやすく買えるけど、それよりもさらに安く、お得に買える方法あるかな?←こういった疑問に答えます

-ダンベル, トレーニングチューブ, 自宅筋トレ・有酸素運動, 自宅筋トレ器具