" />

ホームシアター関係

ホームシアターは「スイートスポット」で視聴するべき理由はこれだ!

2021年12月16日

 

ホームシアター「5.1ch」スピーカーで自分の周りを囲ってるんだけど、理想的な「試聴ポジション」とかあるんかな?

 

こんにちは、センチネルです。本記事では上記の疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • ホームシアターの理想的な試聴ポジションを紹介
  • 理想的なポジション・角度によって発生する「魔法のスピーカー」も紹介

 

本記事を書いている管理人はホームシアター歴6年ほど。今までにいろんなタイプのホームシアター構成を試してきました。

 

ホームシアターは5.1chサラウンドやドルビーアトモスなど、「複数のスピーカー」で視聴者を囲うことで「映画館のようなサウンド」を楽しめるもの。

>ホームシアターの「サラウンド」を初心者向けに分かりやすく解説!

 

近年ではホームシアターシステムの「低価格化」が進んでいて入手しやすくなってきていますね。

 

ただし、ホームシアターを入手したとしても、持っているポテンシャルを引き出すには「スピーカーの角度」がかなり重要になってきます。

>ホームシアターは「スピーカーの角度」が超重要【機材変更はその後】

 

上記の記事で角度の重要性を理解した上で、ホームシアターの「理想的な試聴ポジジョン」で映画を視聴すると、まるで別世界に入ったかのような感覚を覚えます。

 

早速、別世界に入るための方法を解説していきますね。

 

ホームシアターは上の記事で紹介した「スピーカーの角度」だけでは足りないってことか?スピーカーの角度を合わせれば十分かと思ったが。。。

 

「理想的なポジション」で聞けば、より凄い体験ができる。あと、角度と視聴ポジジョンが合わされば「スピーカーのない場所から」も音声が聞こえるようになる!

 

予算10万円で本格的なホームシアターを作れます。

>ホームシアターを「予算10万円」で実現しよう【5.1chは余裕】

ホームシアターを「予算10万円」で実現しよう【5.1chは余裕】

5.1chのホームシアターを「予算10万円」で導入する方法を伝えます。映画の体験そのものが大きく変わるので、映画を楽しむなら「5.1chのホームシアター」を導入するのがお勧めですよ

続きを見る

 

ホームシアターの理想的な試聴ポジション、「スイートスポット」を紹介

 

別世界に入るために必要となる、ホームシアターにおける理想的な視聴ポジションのことを「スイートスポット」と言います。

 

また、視聴者が座る場所を「リスニングポジジョン」ということもあります

 

基本的には5.1chサラウンドだろうと、7.1.4chのドルビーアトモスだろうと「スイートスポット」は存在します。

>ホームシアターの「ch(チャンネル)」を解説!【初心者でも理解】

 

本記事では、以下のホームシアターシステムのバリエーションにおけるスイートスポットを紹介!

 

本記事紹介のバリエーション

  • 5.1ch
  • 5.1.2ch(ドルビーアトモス)
  • 5.1.4ch(ドルビーアトモス)
  • 7.1ch
  • 7.1.2ch(ドルビーアトモス)
  • 7.1.4ch(ドルビーアトモス)

ドルビーアトモスの解説↓

>イネーブルドスピーカーで体感するドルビーアトモスの実力を紹介!

 

それぞれセンタースピーカーを抜きにしても、スイートスポットは同じレイアウト、同じ角度で成立すると考えて大丈夫です。

 

つまりセンタースピーカーのある、無しは別に問題ではありません。その理由は>【ホームシアター】センタースピーカーの役割を初心者向けに解説!を読めば納得できますよ

 

では5.1chサラウンド〜7.1.4chドルビーアトモスまでの、それぞれのスピーカー構成と「スイートスポット」を画像付きで紹介していきます。

 

センタースピーカーはあってもなくてもそこまでサラウンドに影響しない。センタースピーカーがなくても、これから紹介するレイアウトに当てはめれる!

 

5.1chのスイートスポット紹介

 

5.1chのスイートスポットはとても簡単。

 

上の画像の「ソファー」の中央部分に視聴者が座るとして、スピーカーを視聴者の方に向ければいいだけ。

 

視聴者の座る場所=リスニングポジジョンなので、リスニングポジジョン=スイートスポットになります。

※センタースピーカー無しの4.1chでもほとんど効果は同じ。

 

5.1chのスイートスポットでホームシアターを楽しむだけでも、現実世界から切り離された「別世界」に入り込むことができる!

 

完璧なスピーカーの角度、完璧なリスニングポジションであれば、今までと同じスピーカー構成でも「サラウンド効果」は全然違う!

 

5.1.2ch(ドルビーアトモス)のスイートスポット紹介

 

5.1.2chはドルビーアトモスのスピーカー構成ですが、5.1.2chのスイートスポットも5.1chの時と変わりません。

 

上方向を表現するスピーカーが増えたところで、視聴者が違う場所に座ることにはなりませんからね。

 

ちなみに、下の画像は5.1.2chを横から見た時の図になります。

 

見ての通り天井にスピーカーがありますが、だからと言って視聴ポジション=スイートスポットは変わりませんね。

 

この後に紹介する5.1.4ch〜以上の構成でもリスニングポジションは変わらない。つまり、スイートスポットも変わらない。理想的な場所に座ればいいだけ

 

5.1.4ch(ドルビーアトモス)のスイートスポット紹介

 

上の画像は5.1.4chのドルビーアトモスのスピーカー構成。見ての通り5.1chと変わりません。

 

リスニングポジションもスイートスポットも変化なし。

 

下の画像は5.1.4chを横から見た場合の図です。

 

・・・これも変わりませんね。

 

7.1chのスイートスポット紹介

 

7.1chのスイートスポットも5.1chと変わりません。

 

そして、ここから紹介する7.1.2ch〜以上のスピーカー構成も、リスニングポジション・スイートスポット共に変化しないので解説は省きます。

 

7.1.2ch(ドルビーアトモス)のスイートスポット紹介

 

上の画像が「7.1.2chドルビーアトモス」のスピーカー構成と、リスニングポジション・スイートスポットです。

 

下の画像がそれを横から見た図になります。

 

・・・ぱっと見スピーカー構成が「5.1.2ch」と同じに見えますが、ソファーとスピーカーが被る部分があるので、その部分のスピーカーが消されているだけ。

 

7.1.4ch(ドルビーアトモス)のスイートスポット紹介

 

上の画像が7.1.4chのドルビーアトモスのスピーカー構成と、リスニングポジジョン・スイートスポットです。

 

下の画像がそれを横から見た図になります。

 

7.1.4chのドルビーアトモスは、家庭用の映画館である「ホームシアター」の完成形といってもいいスピーカー構成ですね。

 

家のリフォーム抜きでここまでのスピーカー構成ができる人はほとんどいないでしょう。

 

とは言ってもリスニングポジション・スイートスポット共に5.1chの時と変わりません。

 

つまりスピーカの本数が最強の7.1.4chドルビーアトモスのスピーカー構成だろうと、5.1chと基本は変わらないってことね

 

スピーカーが増えるごとに「サラウンド感」は増すけど、サラウンド効果を最大にするにはスピーカーの角度・リスニングポジション・スイートスポット全部大事!

 

ホームシアターは「スイートスポット」の視聴で「魔法のスピーカー」が現れる

 

5.1ch〜7.1.4chドルビーアトモスのスピーカー構成と、リスニングポジジョン・スイートスポットを画像で紹介しました。

 

そして、紹介した画像の通りに「完璧な状態で」スピーカーの配置や、リスニングポジションの配置をして作品を再生すると、奇妙な現象が起こるようになります。

 

その現象とは「スピーカーのない空間から音声が聞こえるようになる」というもの!

 

確かにそこにはスピーカーはない。でも何もない空間からはっきりと音が聞こえる!

 

そんな「魔法のようなスピーカー」のことを、「ファントムスピーカー」と言います。

 

このファントムスピーカーは、各スピーカーの距離・角度と視聴者のリスニングポジションが「完璧な条件で整った時」にのみ現れるもの。

 

5.1chであれ、7.1.4chであれ、ホームシアターを持っているのであれば「ファントムスピーカー」が現れるまでセッティングを試行錯誤するべき!

 

何もない場所から音声が聞こえるという「究極のサラウンド」の象徴であるファントムスピーカーですが、それを達成するためにやるべきことは以下の通り。

※みんな持っている製品が違うので、具体的なスピーカーの角度、距離などは個々で試行錯誤してもらう必要があります

 

ファントムを目指せ!

  • 各スピーカーの角度を理想的なものにする
  • 各スピーカーの距離を左右対称にする
  • 各スピーカーの音量を徹底的に調整する
  • リスニングポジションを本記事の画像の通りに場所にする(自動的にスイートスポットもぴったり合う)

 

少なくとも管理人はファントムスピーカーを登場させるために、上記の項目はかなり試しました。

 

今まででも素晴らしかったホームシアターが、さらに素晴らしくなる「ファントムスピーカー」という奇跡!それを自分の手で手に入れてしまいましょう!

 

ファントムスピーカーは本当にすごいよ。ホームシアターの細かいセッティングは、このスピーカーを生み出すためにあると言っても過言じゃない

 

スイートスポットで作品を見ることによって、ファントムスピーカーに出会う確率も上がる。一度経験したら本気で「中毒」になるぞ

 

ホームシアターは「スイートスポット」で視聴するべき理由はこれだ!:まとめ

 

最後に、本記事の内容「ホームシアターは「スイートスポット」で視聴するべき理由」をまとめます。

 

スイートスポットでホームシアターを楽しむ理由は「ファントムスピーカー」を堪能するため

 

もう、それだけです。

 

残念ながら見た目こそ立派なホームシアターシステムであっても、ファントムを実現できていないシステムは「価値」が大幅に下がります。

 

見た目だけではないか!と。

 

逆に小規模でメーカーがバラバラなホームシアターシステムでも、ファントムが実現できていれば「高額なシステム」とも余裕で戦える!

 

本記事や当ブログを読み込んで「ファントムスピーカー」を実現させて現実からおさらばしましょう。

 

本格的なホームシアターを格安に作る方法紹介

予算10万円で本格的なホームシアターを作れます。

>ホームシアターを「予算10万円」で実現しよう【5.1chは余裕】

ホームシアターを「予算10万円」で実現しよう【5.1chは余裕】

5.1chのホームシアターを「予算10万円」で導入する方法を伝えます。映画の体験そのものが大きく変わるので、映画を楽しむなら「5.1chのホームシアター」を導入するのがお勧めですよ

続きを見る

 

ではでは〜

 

スポンサーリンク

-ホームシアター関係